なぜ?犬がお尻をぶつけてくる時の心理3選

なぜ?犬がお尻をぶつけてくる時の心理3選

この記事では「なぜ?犬がお尻をぶつけてくる時の心理3選」をテーマに、犬がお尻をぶつけてくる時の心理について一体どのようなものなのかいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬がお尻をぶつけてくるときの心理1:信頼している

床でパソコンを広げている飼い主の隣でお尻を向けて伏せている犬

犬がお尻をぶつけてくるときの心理として「信頼しているから」ということがあります。犬は野生のころ、群れをなして集団で生活していました。そのときにお互いが警戒して周りを監視する際に自然にお尻がくっつくような姿勢になりました。実はその頃の名残が今も残っていると言われています。

わざわざ飼い主さんの近くに来てお尻をぶつけてきて座り、周りを見渡していたら、飼い主さんのことを群れの仲間やリーダーといった信頼できる仲間だと思っているのです。以上からお尻をぶつけてくるときの犬の心理として、飼い主さんのことを信頼している上での行動であると考えられます。

犬がお尻をぶつけてくるときの心理2:甘えている

飼い主さんの足の上に頭を乗せて撫でられている犬

犬がお尻をぶつけてくるときの心理として甘えているということもあります。飼い主さんに甘えたいと思ったときは、普通は顔の方から飼い主さんのそばに甘えに行きますが、甘えたいと言う気持ちが強すぎて、全身を使って近くに来た際にお尻をぶつけてくることがあります。そのときにクルクル回ってきた場合は、甘えたいと言う気持ちが強いそうです。

また、「甘えたい」と言う気持ちの他に「遊んでほしい」と思っていたり、「もっと構ってほしい」と思ったりしたときにも、近くに来てお尻をぶつけてくることがあります。

犬がお尻をぶつけてくるときの心理3:飼い主さんの反応を見たい

お尻をこちらに向けて振り返る犬

以前に愛犬がお尻をぶつけてきたときに撫でるなど、犬が喜ぶようなことをしたことがないでしょうか?

もしそのときにお尻をぶつけてくる仕草から可愛いと思い、抱きついたり撫でたり優しく話しかけたり構っていたりしていたら、犬はまたそのときのように飼い主さんから愛情をもらったり構ってもらいたかったりする気持ちから、気を引くためにお尻をぶつけてきたのかもしれません。

また、お尻をぶつけた際に飼い主さんが笑っていたりしていたら、またそのときの楽しい雰囲気や時間を過ごしたいと思ってぶつかると言う行為をしている可能性もあります。

まとめ

飼い主さんの手のひらに置かれた犬の手

犬がお尻をぶつけてくるときの心理は上記を含めていろいろあり、まだ他にもたくさんあるのかもしれません。しかし、お尻をぶつけてくると言う行為は人間で言う喧嘩をするためとかではなく、良い意味での方が多い気がします。
犬の性格や環境、犬種などによりぶつかる理由は異なると思うので、犬と生活していてそのような状況に出くわしたら、なぜしてきたのか考えてみると、また新しい発見に繋がって楽しさが増えると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。