犬の『やめてよ!』サイン6つ

犬の『やめてよ!』サイン6つ

今回は犬の「やめて!」のサインについてご紹介いたします。意外なあの仕草も、実はやめてのサインでした…犬は「噛む」や「唸る」の前に、ちゃんと「やめて」と意思表示しているのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.目をショボショボさせる&そらす

ウインクする犬

犬は何か嫌なことや怖いことがあると、まばたきが多くなって目をショボショボさせたり、目を合わせなくなったりします。これは相手に「自分は戦うつもりはないです」と伝えたい時に見せる仕草です。愛犬を叱った時に見られた場合は「もう怒らないで…」と言っているのかも。

2.耳を後ろに倒す

フレンチブルの耳

目をショボショボさせたりそらしたりするのと同じく、犬は恐怖を感じている時や、敵意がないことを伝える時に耳を後ろに倒します。
(信頼や好きだよのサインでも耳を倒すので、シチュエーションによって見極めましょう。)
愛犬が耳を倒していたら「やだなぁ…」「やめてほしいなぁ」と思っているのかもしれません。

3.全身をこわばらせてフリーズ

怖がっているチワワ

我が家の愛犬は、私のおやつであるおまんじゅうを盗んでしまった時などによく見せていました。唸ったり逃げたりはしないものの全身を硬直させてフリーズし、おまんじゅうをくわえた口を絶対に開こうとはしないのです。

犬が体をこわばらせてフリーズしている時は高いストレスを受けている最中です。我が家の愛犬の場合は「ひどく怒られるかもしれない」「おまんじゅうを取られたくない」というような緊張状態と葛藤の中にいたと考えられます。

気が強いわんこであれば、この状態の時に歯をむいて唸ったり吠えたりして威嚇することもありますので注意が必要です。

4.くじら目

くじら目の犬

通常、犬の目は白目部分は見えていません。「くじら目」とは、犬の白目の部分が見えている状態の呼び名です。どこか不安げで上目遣いに見えたり、まさに「目を白黒させる」といったような状態です。

犬がこのくじら目をする時は「やめてよ…」「嫌だなぁ…」と思っている時です。

5.舌をペロッと出す

舌をペロッとするチワワ

犬が舌をペロッと出してヘビのように自分の口や鼻を舐める仕草をした時は、自分の気持ちを落ち着かせるとともに相手の気持ちを落ち着かせたいと思っている時です。飼い主さんに怒られている時によく見られる仕草の1つで「そんなに怒らないで…」と思っている可能性が高いです。

6.あくび

あくびするトイプ

犬があくびをするのは眠たい時だけではありません。犬はあくびをすることで相手を落ち着かせようとする習性があります。自分が叱られている最中にあくびをすることもしばしばあり、そんなときは決して真面目に聞いていないわけではなく「もう怒らないで」「もうやめて」と思っている可能性が非常に高いです。

まとめ

ブランケットの下に隠れる犬

今回は、犬が「やめてよ」と思っている時のサインについてご紹介いたしました。
人間の「やめてよ」のサインとは少し違った仕草もたくさんありますので、犬のボディランゲージとして覚えておきたいものばかりです。犬は「噛む」や「唸る」といった攻撃性の高い行動をとる前に、私たちにさまざまなボディランゲージで感情表現しているのです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。