犬が『添い寝』してくる時の気持ち4つ

犬が『添い寝』してくる時の気持ち4つ

『犬が添い寝してくる時の気持ち』をまとめました。愛犬はどのように添い寝してくれますか?飼い主さんに自分のおしりをくっつけて眠るのは、とても強い信頼の気持ちがあるからです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が添い寝してくる時の気持ち①「寝心地が良い」

寝転んでいるキャバリアの子犬

犬も寝心地の良い場所で眠りたいと考えるため、添い寝をしてくることがあります。ふかふかのお布団、とても気持ちが良いですよね。自分のベッドや寝床もお気に入りだけど、飼い主さんのお布団は、もっとふかふかであたたかくて大好きなんです。

とくに、寒い季節には、ふかふかであたたかいお布団が恋しくなりますよね。カラダが冷えて体調を崩してしまわないよう、犬も自分自身で調整をします。そのため、本能的に、ふかふかであたたかく、寝心地の良い飼い主さんのお布団を求め、添い寝してくるのだと思います。添い寝はするけれど、カラダをくっつけて眠るのは嫌、という犬がいます。飼い主さんの足元で眠るのが好き、という犬がいます。飼い主さんと一緒に眠りたいというよりは、自分もふかふかのお布団で眠りたい、という気持ちのあらわれなのではないでしょうか。

犬が添い寝してくる時の気持ち②「飼い主さんのニオイを感じていたい」

仰向けであくびをするジャックラッセルテリア

飼い主さんのニオイを感じながら眠りたい、という気持ちから、添い寝してくることがあります。大好きな飼い主さんと一緒に眠りたいという気持ちはもちろんなのですが、その大好きな飼い主さんのニオイを感じながら眠ることで、心が落ち着き、安心して眠ることができるんです。お留守番の間は、警戒心から、よく眠ることができません。飼い主さんに添い寝しているときは、イビキをかいていたり、声をかけてもピクリともしなかったり、ぐっすりと眠っていることがありますよね。よほど安心しきっているのだと思います。大好きな飼い主さんのニオイに包まれて眠ることが、犬にとっての幸せな時間なのです。

犬が添い寝してくる時の気持ち③「誰かと一緒に眠りたい」

仰向けで両手をクロスしている犬

子犬の頃は、母犬や兄弟たちと一緒に眠っていました。犬が野生で暮らしていた頃は、群れの仲間たちと一緒に眠っていました。そのため、人と暮らすようになった今も、誰かと一緒に眠りという気持ちがあります。犬の習性であり、本能です。犬にとって、飼い主さんは母犬のような存在でもあり、群れのリーダーでもあります。とくに、甘えん坊な犬や寂しがり屋な犬は、ひとりで眠ることをとても寂しく思います。そのため、飼い主さんに添い寝することで、甘えているのだと思います。子犬の頃から誰かと一緒に眠っていたため、添い寝することが当たり前のようになっている犬もいるのではないでしょうか。

犬が添い寝してくる時の気持ち④「暖をとりたい」

ぬいぐるみと眠る犬

犬が飼い主さんに添い寝をし、カラダをぴったりとくっつけて眠ることがあります。カラダをくっつけることで、暖をとろうとしているからです。とくに、冬の寒い季節には、添い寝することが多くなりますよね。夏の暑い季節にも、冷房をつけて眠るときは、カラダが冷えてしまうことがあるかもしれません。そんなときも、飼い主さんに添い寝をすることで、冷えたカラダをあたためようとすることがあります。

まとめ

ブランケットに包まれたコーギーの子犬

犬が添い寝してくる時の気持ちには、

  • 寝心地が良い
  • 飼い主さんのニオイを感じていたい
  • 誰かと一緒に眠りたい
  • 暖をとりたい

などがあります。リスクがあるとされている添い寝ですが、そう簡単に愛犬との信頼関係が崩れてしまうことはありません。安心して添い寝してあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。