犬が飼い主に助けを求めている時の仕草や行動4つ

犬が飼い主に助けを求めている時の仕草や行動4つ

この記事では「犬が飼い主に助けを求めている時の仕草や行動4つ」をテーマに、何か起きたときに犬が飼い主さんに助けを求める時の仕草や行動についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

助けを求めている時の仕草や行動1:近くに寄って来る

こちらを見つめている犬

普段から信頼関係を築いていなかったり、愛犬から頼りにされていない場合や好かれていないならば話は異なりますが、一般的に犬の身に何かが起きて恐怖を感じた際に助けを求めに行く相手は、まずは飼い主さんのところです。

犬としても色々と自分で対処しようと威嚇したり、相手の様子を確認したりなどするはずですが、どうしようもなくなってしまい1番頼りになる飼い主さんの近くに来て助けを求めているのだと思います。

助けを求めている時の仕草や行動2:高い声を出す

口を開けている犬

恐怖を感じた際に、始め頃の段階ではとりあえず威嚇のつもりでワンワンと吠える犬は多いかと思います。

しかし、その威嚇も効かずにどうすることも出来ないと判断したらワンワンと吠えるのを止めてどこかに逃げたり甲高い声でくうーんくうーんと鳴くことがあります。

その際の犬の気持ちとして、くうーんくうーんと甲高い声で鳴いている時は、慌てていたり自分の気持ちを落ち着かせようとしていて、
ワンワンと威勢よく吠えている時は、攻撃的な姿勢を示すことにより相手を負かせようと思っていたり、弱い姿を相手に見せないようにしようとしているのだと思います。

助けを求めている時の仕草や行動3:どこかに隠れる

隠れていて隙間からこちらを見ている犬

犬が恐怖を感じたら飼い主さんの元に寄ったり、吠えたり高い声を出すと書きましたが、それ以外にもすることがあります。
それが「どこかに隠れる」という行動です。

誰かに助けを求める行動は犬自身が勇気を振り絞って行ったものですが、それらをする余裕が全くないほどの状況の時はとりあえず一目散にどこかに隠れたりします。

この行動は人間のそれと似ていて、隠れることによって対象から逃げることができ、上手くやり過ごす事が出来れば恐怖から解放され平穏な時間を取り戻す事ができます。

助けを求めている時の仕草や行動4:動き回る

走っている犬

助けを求めている時の仕草や行動として、犬自身が解決するために何か行動をしますが、何も考えられないほどパニックになってしまったり、飼い主さんや隠れる場所がないときは、とにかく動き回って逃げたり、その場をやり過ごそうとするかもしれません。

恐怖を目の前にその場にじっとしていることが出来ないからそのような行動をするのですが、この行動も人間と似ていると思います。

まとめ

目を見開いている犬

どんな犬でも何か怖いことがあれば1度は立ち向かうかもしれませんが、どうしようもなくなってしまったら最も頼りになる飼い主さんに助けを求めに来ます。その際あまり大したことでないのに愛犬が驚いていたり怖がっていたら人間側からするとその姿勢や仕草に愛くるしさを感じてしまいますね(笑)

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。