苦しくないの?犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理5つ

苦しくないの?犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理5つ

『犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理』をまとめました。どうやら、本能的に狭い場所に入ってしまうようです。本能以外の心理についても解説しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理①「本能的に安心できるから」

隙間から顔を出す犬

犬が狭い場所に入りたがるのは、「安心できるから」です。犬の先祖であるとされているオオカミは、狭くて暗い場所を好み、そこへ身を隠すようにして生活をしています。犬が野生で暮らしていた頃、狭くて暗い場所に群れの仲間みんなで入り、身の回りを固めるように暮らしていました。そういった名残りが今現在にも残り、本能的に安心できる場所として、狭い場所を選ぶのです。愛犬が、ちょっとした隙間にカラダを挟むようにして、くつろいでいたり、眠っていることはありませんか?きっと、心を落ち着かせることができるのだと思います。

犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理②「不安だから」

ベッドの下に入ろうとしている犬

犬は不安なとき、狭い場所に入りたがることがあります。本能的に安心できる場所だからです。狭い場所に身を隠すことで、心を落ち着かせようとしており、自分の身を守ろうとしています。雷や花火の音に怯えているときなどによく見られる行動です。「ママが抱っこしていてあげるから」と、無理に引き出したりせず、自分から出てくるまで、そっとしておいてあげましょう。犬は、飼い主さんに抱っこされているよりも、狭い場所に身を隠している方が、不安な気持ちを和らげることができることがあります。

犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理③「体調が悪いから」

ベッドに潜っている犬

犬が狭い場所に入ったまま、何時間も出てこないことがあります。もしかすると、体調が悪いのかもしれません。カラダのどこかにケガを負っているのかもしれません。痛みや不調を和らげるため、痛みや不調に耐えるため、狭い場所に身を潜めているんです。お腹の調子はどうでしょうか。犬もお腹を壊してしまったとき、キュルキュルとお腹の音が鳴っていることがあります。フローリングで滑ってしまい、骨や関節を痛めてしまったのかもしれません。そのままの状態で様子を確認し、様子がおかしいなと感じたときは、無理にでも引き出し、見てあげる必要があるかもしれません。

犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理④「妊娠や偽妊娠の可能性」

紙袋の中から見ている犬

犬は妊娠すると、狭い場所に身を隠そうとすることがあります。体調に変化があり、本能的に狭い場所に入りたいのかもしれません。お腹の中の子供や自分の身を守ろうとしているからかもしれません。出産に備えているのかもしれません。もし、妊娠の可能性があるのであれば、病院で診察を受けましょう。また、犬は偽妊娠によっても、同じような心理で、狭い場所に入りたがることがあります。

犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理⑤「認知症の可能性」

バッグの中の犬

犬は認知症を発症すると、狭い場所へ、狭い場所へと徘徊してしまうことがあります。私の愛犬も認知症を発症してしまいましたが、お留守番の間、ソファーの壁の間に挟まったまま、鳴き続けていたことがありました。隙間や狭い場所に入りたくて入るわけではないのですが、徘徊しているうちに、どうしてもたどり着いてしまうんです。そして、その隙間から出られなくなってしまうことがほとんどです。自分では抜け出すことができず、鳴き続けることで助けを呼んでいるのです。認知症を発症すると、必ずと言っても良いほど起こります。そのため、ケージの中でお留守番をさせたり、囲いをするなどし、隙間に入ってしまわないよう、対策をする必要があります。

まとめ

箱に隠れている犬

犬が隙間などの狭い場所に入りたがる心理には、

  • 本能的に安心できるから
  • 不安だから
  • 体調が悪いから
  • 妊娠や偽妊娠の可能性
  • 妊娠の可能性

などがあります。犬は、本能的に狭い場所を好む、ということがわかりましたね。犬が狭い場所に入っているときには、「安心してくつろいでいるのか」「体調が悪くて耐えているのか」、このどちらなのかを見極める必要がありそうです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。