身近にある!犬のお散歩で気を付けたい意外な危険4つ

身近にある!犬のお散歩で気を付けたい意外な危険4つ

犬と暮らすのに欠かせないのが、毎日のお散歩ですよね。ですが、お散歩中にも実はいろいろな危険が潜んでいるのをご存知でしょうか?今回は、お散歩で気をつけたい危険についてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ノミやマダニの被害

マダニ

犬は自然のあふれる場所が大好き。そのため、お散歩では、飼い主さんとしても土や草の上を歩かせてあげたかったり、犬自身がアスファルトではトイレをしなかったりするため、公園や植え込みなどの緑の近くを歩くことが多いのではないでしょうか。そこで考えられる危険が、草むらなどに潜んでいるノミやマダニによる被害です。ノミやマダニに刺されると、強いかゆみを感じるだけでなく、さまざまな感染症にかかる恐れがあります。

ノミやマダニの被害を防ぐには、しっかりと予防策をとることが重要です。ノミ・マダニ被害の予防薬には、皮膚に直接滴下する液体タイプのものや、経口で摂取する錠剤タイプのもの、また、錠剤タイプがより食べやすくなったお肉タイプのものまでさまざまです。ノミ・マダニの活動期にあたる春から秋にかけて、一般的には月一度のペースで定期的にケアします。また、ノミ・マダニ予防の首輪などを併用するのも効果的です。

肉球のケガ

肉球

最近では犬用の靴も市販されていたりしますが、まだまだ多くの犬が裸足でお散歩していますよね。意外と多いトラブルが、肉球のケガです。まず考えられる1つ目のパターンは、道端に落ちていた石やガラス片などでケガをしてしまう場合。特に、雨の日に長時間お散歩をしていると肉球がふやけてやわらかくなっており、ケガをしやすくなってしまうので注意が必要です。

また、2つ目は、夏場の焼けたアスファルトによる肉球のヤケドです。陽射しの強い真夏には、アスファルトが熱くなっている日中時間帯のお散歩は避けるようにしましょう。3つ目は、冬に積雪の中を長時間歩いたことにより、肉球が霜焼けになってしまうパターンです。犬は雪が好きな子が多いので、ついつい夢中で遊びすぎてしまう傾向がありますから、飼い主さんがコントロールしてあげないといけません。

誤飲・誤食

ポイ捨てされた吸い殻

誤飲や誤食も、お散歩中に注意しなければいけない危険の1つです。悲しいことではありますが、道端にはさまざまなゴミが落ちています。

その中には、タバコの吸い殻であったり、犬にとっては毒になる食材を使っている食べもののカケラだったり、時には他の犬のうんちなど、犬が口にしてしまうと健康に害をもたらすものが多くあります。飼い主さんは常にお散歩コースと愛犬の仕草に注意し、前方に何か落ちているのを見つけたら避けて歩く、愛犬が食いつきそうな仕草をしたらリードを引き寄せるなど、誤飲・誤食を防がなくてはなりません。

有害な植物

草を食べている犬

お散歩中に足を止めて「道草を食う」。その文字通り、草を食べるのが好きな犬も多いのではないでしょうか。犬が草を食べる理由には諸説あり、胸やけを抑えるためや、吐き戻すためとも言われています。ですが、やたらと食べさせてしまうと、危険な場合もあるのをご存知でしょうか。植物の中には、毒性をはらんでいて、犬が食べると有害になるものも多くあります。また、植物自体には害がなくても、他の犬のおしっこがかかっていたり、除草剤や農薬がかかっている可能性も考えられます。それらのことを考えると、道草は食わせないのがベストです。

まとめ

犬の散歩をする男女

いかがでしたでしょうか?楽しいお散歩で嫌な思いをしないためにも、危険についての知識は持っておきたいものです。できる限りの対策をして、これからも愛犬と楽しいお散歩時間を過ごしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。