犬が『お手』をしてくれない時の心理4つ

犬が『お手』をしてくれない時の心理4つ

犬が「お手」をすることには意味があります。しかし、「お手」をしてくれない時がありますね。一体なぜなのでしょうか。「犬が『お手』をしてくれない時の心理」を解説しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が『お手』をしてくれない時の心理①「自分よりも位の低い者だと思っている」

首をかしげる白い子犬

実は、犬がお手をする理由は、“飼い主さんから教えられた芸だから”ということだけではありません。しつけや芸として行う以前から、犬はお手をしていました。お手には起源があるんです。犬には、自分よりも位の高い者に対して、“手を触れる”という習性がありました。

この、犬の習性を利用して行われたのが、「お手」というしつけであり芸です。今もその習性を持ったまま生きている犬が多くいます。飼い主さんの手や膝などに、チョンと手を乗せてくることはありませんか?それは、飼い主さんのことを、自分よりも位の高い者だ、と認めている証拠です。つまり、犬がお手をしてくれないとき、あなたのことを少し面倒に感じているのかもしれません。位の高い者だと認めている相手なのであれば、どんなに面倒でもお手をするはずです。犬にとって、あなたは、まだまだ信頼できる真のリーダーになれていないのかもしれません。

犬が『お手』をしてくれない時の心理②「“あなたを信頼できません”」

真顔で見上げる柴犬

お手をするとき、人の手に自分の肉球が触れます。犬にとって、肉球は急所です。触れられることを嫌がる犬も多いですよね。お手をする、手に触れる、肉球に触れるということは、相手に急所を差し出すということでもあります。

そのため、心から信頼できる相手でなければ、そう簡単にお手はしません。もし、飼い主さんや家族に対して、お手をしてくれない時があるのであれば、“あなたを信頼できません”というメッセージです。それまでお手をしていたのに、急にお手をしてくれなくなってしまったのであれば、それ以前に何か変化はありませんでしたか?犬に対してイタズラをしかけて脅かしてしまった、など。今、あなたのことを少し不審に思い、不安な気持ちでいるのかもしれません。信頼まで失ってしまわないよう、犬をからかって遊んだりしないようにしましょう。

犬が『お手』をしてくれない時の心理③「要求することがない」

顔を逸らすシーズー

犬がお手をするときは、何かを要求するときが多いですよね。おやつがほしくてお手をする。お散歩に連れて行ってほしくてお手をする。飼い主さんに構ってほしくて、遊んでほしくてお手をする、などです。お手をしてくれないときは、あなたに対して、何も要求することがないのかもしれません。おやつを出してきて、お手と言っても、お手をしてくれないときがあります。そんなときは、「今はおやつは食べたくないよ」と思っているのかもしれません。お手をすれば要求が通る、と学習する犬もいます。お手をする姿が可愛いからといって、不要におやつを与えたり、わがままを聞いてばかりいてはなりません。信頼関係が崩れてしまったり、主従関係が逆転してしまうことがありますので、注意しましょう。

犬が『お手』をしてくれない時の心理④「お手は重要なものではない」

見上げる白いチワワ

犬は、お手という行為に対して、あまり重要なものだとは感じていません。飼い主さんから教えてもらった、芸や遊びやスポーツのようなものです。飼い主さんとのスキンシップやコミュニケーションのひとつ、と考えている犬もいます。お手をすることで、おやつがもらえたり、褒めてもらえたりなど、嬉しいことは確かに起きます。しかし、“お手をしなければ身に危険が及ぶかもしれない!”というほど、とても重要なものではありません。たとえば、食事のとき、お手をしてくれないことがあります。そんなときは、「お手」をすることよりも「栄養を摂ること」の方が重要なので、重要ではないお手をする必要はなく、“早くごはん食べたいよ…”と感じているかもしれません。

まとめ

取り合う犬と人の手

犬が『お手』をしてくれない時の心理には、

  • 自分よりも位の低い者だと思っている
  • “あなたを信頼できません”
  • 要求することがない
  • お手は重要なものではない

など、犬の真の気持ちが込められています。愛犬がお手をしてくれないとき、愛犬の真の気持ちを、ぜひ読み取ってあげてくださいね

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    この記事に関してはお手だけでなく全ての仕付けのおいて重要です、上位者であり信頼されていなければ全ての躾がうまくいきません。
    躾方を少し変えるだけで犬も変わっていきます。このサイトではたくさんの躾方があるので色々たてしてみてベストな躾を行えば上手くいきます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。