犬が何かを伝えようとしている時に見せる仕草や鳴き声5つ

犬が何かを伝えようとしている時に見せる仕草や鳴き声5つ

犬は私達と同じ言語を話すことはできませんが、その分、行動や仕草、さらに声で気持ちを伝えてくれています。今回は犬が何かを伝えようとしている時に見せる仕草や鳴き声をご紹介します。この仕草を見せたら、皆さんも愛犬の気持ちを汲み取ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が何かを伝えようとしているときに見せる仕草

こちらをジッと見るダックス

犬は私たちに気持ちを伝える際、行動や仕草で示すことが多いです。よく言われる仕草の1つに、尻尾を振っている時は喜んでいるという話があります。しかし、もちろんそれ以外にも犬が何かを伝えようとしている時に見せる仕草は多くあります。ここでは具体的にどのような仕草や鳴き声があるかをご紹介します。

1.顎を飼い主の膝の上に乗せる

飼い主の膝に頭を乗せる柴犬

ソファーに座りながらくつろいでる時、ふと愛犬が隣や目の前にやってきて、膝の上に顎を乗せてくることはありませんか。これは「甘えたい」という意思表示の1つです。

飼い主の膝やその他の体の一部に自分の顎を乗せることで、自分がここにいるということをアピールしているのです。

自分が近くにいることを認識してもらうことで、構ってくれるのではないかという心理から、このような行動をとっていると考えられます。

2.こちらをじっと見つめてくる

上を見つめる柴犬

何かを訴えるように、こちらをじっと見つめてくる愛犬…。見つめてきているということは、その時、何かを考えているはずです。

主に、犬がじっと見つめてくる時は、何かしてほしい事がある時です。例えば、散歩に連れて行ってほしい、おやつが欲しい、遊んでほしいなどの要求が考えられます。

もう1つ考えられる心理として、愛情表現があります。これは至近距離からじっと見つめてくる時に多く、尚且つ、目尻が下がっているなど、表情が柔らかいという特徴がありますよ。

3.前足でちょんちょんと突いてくる

隣にやってきて、前足でちょんちょんと突いてくる時も、要求を訴えています。「構って」「遊んで」「お腹空いたよ」など、単純な要求であることが多いです。

しかし、他の仕草に比べて強制力が強いです。前足で直接訴えてきているので、早く早くという意思が感じられます。

要求にはなるべく応えてあげたいのが飼い主としての気持ちですが、腕を引っ張る仕草を見せるなど、強引さがエスカレートするようであれば、注意が必要です。

犬が何かを伝えようとしているときに出す鳴き声

吠えるポメラニアンの子犬

犬が何かを伝えようとしている時には、仕草や行動以外にも鳴き声で伝えてくることもあります。元々、犬は鳴くことでコミュニケーションをとる動物なので、自然な行為です。では、どのような鳴き声に、どのような気持ちが隠されているのでしょうか。

4.連続して出す甲高い声「キャンキャンキャン」

何度もキャンキャンキャンと甲高い声で鳴き声を上がる場合は、おねだりの意味があります。もっと言うと、強めの要求です。

例えば、「ごはんがないから、いれて!」や「もっとおやつが欲しいよ!」などがあげられます。

可愛らしい要求ではありますが、鳴き声を上げている時点で強い要求になっていますので、このままエスカレートしてしまうと飼い主との上下関係が逆転する恐れがあります。

既にごはんをあげたなど、その要求が明らかにわがままである場合は、なるべく無視をしましょう。そこで要求に応えてしまうと、今後も鳴き続ける恐れがあります。

5.「クンクン」と弱々しく鳴く

クンクンと弱々しく鳴いている場合は、不安を感じていて、その気持ちを飼い主に伝えています。不安を伝えることで、飼い主に守ってもらいたい、どうにかしてほしいという気持ちを込めているのです。

不安の原因は様々ですので、周囲の状況や愛犬の様子から考察しましょう。よく聞く話に雷や工事の音に不安や恐怖を感じるという話があります。

また、可愛らしい勘違いに、お腹が空き、お腹の音が鳴ってしまい、その音に不安や恐怖を感じているという事例もあります。

まとめ

飼い主に構って貰う犬

いかがでしたでしょうか。犬の気持ちを伝える方法は様々ですが、これらを事前に知っておくことで、愛犬からのサインを受け取りやすくなります。ぜひ愛犬の仕草や鳴き方を注視し、愛犬の気持ちを汲み取ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。