犬が飼い主に対して唸る時の心理3つ

犬が飼い主に対して唸る時の心理3つ

いつも一緒に過ごしている愛犬に突然唸られたら驚いてしまうと同時に心配になってしまいますよね。なぜ犬は飼い主に唸ることがあるのでしょうか。今回は犬が飼い主に対して唸る時の心理をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が飼い主に対して唸る時の心理

変な顔をする犬

愛犬に唸られてしまうと、なんで?と一瞬怯んでしまいますよね。「どうして今、唸るの?」と疑問に思ってしまいますが、唸るから、必ずしも負の感情を抱いているというわけではないようです。ここでは犬が飼い主に対して唸るときの具体的な心理をご紹介します。

1.楽しくて興奮してしまっている

おもちゃで遊ぶ3匹の犬

一緒におもちゃで遊んでいるとき、「ヴ~」と唸ってくることはありませんか?今の今まで楽しく遊んでいたのに、なんで唸るの?と思ってしまいますよね。しかし、これは負の感情を唸り声で表しているのではありません。

おもちゃで遊んでいるときに唸る場合、多くは楽しさのあまり興奮してしまい、つい唸り声を出してしまっています。

そのため、おもちゃで遊んでいるときに突然唸り声を出されたからと言って、「こら!」と怒ったりしてはいけません。単に飼い主との遊びを楽しんでいるだけだからです。

2.「自分の物が盗られるかも」と抵抗

愛犬が1匹でおもちゃを使って遊んでいる際、近付いたら唸り声を出されたという経験を持つ飼い主さんもいるかもしれません。「どうしたの?」と思わず声をかけてしまうような状況ですが、これにも犬なりの心理が作用しています。

飼い主が近付いてきたことで、「もしかしたらこのおもちゃを盗られるかも」と勘違いしてしまい、つい抵抗の意味を込めて唸り声をあげてしまっているのです。

過去にからかい半分で愛犬のおもちゃを取上げてしまったことはありませんか?愛犬はそれをしっかり記憶していて、おもちゃで遊んでいるときは警戒心を高めているのかもしれません。

3.どうしても要求を通したい

愛犬からの要求を拒否した際、唸り声を出されてしまった場合は、愛犬がどうしてもその要求を通したいという強い意思を持っている証拠です。

例えば、「ごはんをもっと食べたい」「おやつをもっと食べたい」などが挙げられます。他にも散歩中に「こっちの道に行きたい」など、自分の要求を強く押し通そうとする状況で唸ることがあるのです。

しかし、ここで要求に応えてしまうと、次からも唸り声をあげて要求を通そうとします。また、唸り声をあげているということは、飼い主を甘く見ており、わがままが通る存在として認識していない可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

タッチする犬と女性

いかがでしたでしょうか。犬が唸るのは、必ずしも負の感情が作用しているとは限りません。しかし、飼い主に対してわがままになっているのは問題です。正しい関係をもう一度築けるよう、早急に対処しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。