犬のお散歩コースはいつも同じにするべき?どっちがいいの?

犬のお散歩コースはいつも同じにするべき?どっちがいいの?

皆さんは愛犬の散歩コースをいつも同じにしていますか?それとも日によって違うコースを散歩していますか?今回は犬のお散歩コースはいつも同じにするべきなのか、違うコースにするべきなのかをご説明いたします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬のお散歩コースは同じにするべき?

リードをくわえておねだりする犬

今回は犬のお散歩コースはいつも同じにするべきか否かというテーマでご紹介していきますが、結論から言ってしまうと「お散歩コースはできるだけ変えるべき」が正解です。

お散歩コースを変えるべき理由は後ほどご紹介しますが、大まかな理由としては、犬に良い刺激を与えることができるからです。特にお散歩が大好きな犬であれば、毎日同じ道では飽きてしまい、欲求を満たしてあげることができません。

そのため、様々な理由から犬のお散歩コースは毎日とは言いませんが、余裕のある日はコースを変え、新しい刺激を与えてあげたり、コース距離を長めにして運動不足解消に努めたりするべきです。

犬のお散歩コースを変えるメリット

散歩をする女性と犬

では、早速犬のお散歩コースを変えるメリットを見ていきましょう。犬のお散歩コースを変えるメリットは、全年齢の犬にも当てはまります。成犬はもちろん、老犬の老化予防にも効果的なメリットがありますので、ぜひ新しいコースを開拓してみてくださいね!

新しい刺激を与え欲求を満たす

散歩中に匂いを嗅ぐ犬

まずは犬の好奇心を刺激し、犬の本能的欲求を満たすことができるというメリットです。いつもとは違うコースをお散歩することで、前日は知らなかった道、匂い、音を楽しむことができます。

特にお散歩の中でも匂いを嗅ぐという行動は、犬にとってとても重要であり、本能的欲求を満たすことができる行動でもあります。

「この道はこの匂いを持つ犬が通っているのか」「ここはこんな匂いを出す物が通過するのかもしれない」など、その新しいコース上のあらゆる情報を得ることができ、好奇心を刺激することができるのです。

認知症予防にも効果的

シニア期に入った犬の場合、認知症予防にも効果的です。これは上記でも紹介したように、好奇心を刺激されることが大きく関係しています。

好奇心を刺激されることにより、犬自身が色々考え、行動しようとするので、脳が自然と活性化されます。その結果、認知症になるリスクを軽減し、認知症予防にも効果があるとされているのです。

認知症になってしまうと、夜の遠吠えや徘徊、警戒心が強くなるなどの問題行動も多くなってしまいます。そんな愛犬の姿を見ているのは、飼い主としてもつらいですから、早めに予防をすることが大切となります。

縄張り意識を弱め社交性を高める

散歩中に他の犬に挨拶する犬

毎日同じコースをお散歩していると、どうしても「ここは自分のテリトリーだ」と縄張り意識を持ってしまう犬が多いです。特にオスの場合、縄張り意識がメスよりも強いため、いつものコースに他の犬がやって来ると唸り声を上げたりし、攻撃的な態度を見せることもあります。

お散歩コースを日によって変えることで、1つのコース上への執着心をなくし、縄張り意識を弱める効果もあります。縄張り意識を弱めることで、他の犬へ攻撃的な態度をとらなくなるというメリットも生まれるので、飼い主としても安心ですよね。

他の犬と仲良く触れ合うことができれば、社交性も高まりますので、お散歩が始まる子犬期から、無理のない程度にいろいろなコースを歩かせてみることをおすすめします。

お散歩コースを変えるには注意点も

遊歩道に佇む犬

今回はお散歩コースを変えるメリットをご紹介して参りましたが、単にお散歩コースを変えることでメリットだけが生まれるというわけではありません。お散歩コースを変える際は、あることに注意しなければいけません。

それは愛犬の性格です。犬によっては臆病な性格や警戒心が強い性格の犬がいます。このような犬の場合、毎日違うコースに変えてしまうと、大きなストレスになってしまい、お散歩が嫌いになってしまう可能性すら出てきます。

しかし、だからといってお散歩コースを変えなくていいというわけではありません。前述したような犬の場合は、いきなりコースを大幅に変えるのではなく、いつもの散歩コースに+αしたり、いつもの散歩コースの途中から、違うコースへと行ってみるなど、少しずつ違うコースへ慣らすことが大切です。

お散歩コースを変える際は、その犬の性格や体力を考慮した上で、新しいコースを散歩するようにしましょう。

まとめ

散歩を楽しむ犬とカップル

いかがでしたでしょうか。犬の散歩コースは毎日同じにしてしまうと、質の良いお散歩ができなくなってしまいます。そのため、なるべく定期的にコースを変えてあげることが大切です。

しかし、犬によっては新しいコースに不安を感じる犬もいますので、様子を見ながら少しずつ違うコースに慣らしていくことも大切ですよ。ぜひ、皆さんもいろんな場所で愛犬とのお散歩を楽しんでくださいね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。