犬に「おいで」というと逃げられる理由3つ

犬に「おいで」というと逃げられる理由3つ

愛犬を呼び戻したい時「おいで」と呼んでも来てくれないことがありませんか?こちらへ来ないどころか、逃げられてしまうこともあると思います。犬に「おいで」と声をかけ、逃げられてしまうのには理由があります。犬に「おいで」というと逃げられる理由をご紹介していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

「おいで」は愛犬の安全を守るために大切なしつけ

走ってくる犬

「おいで」は、愛犬へのしつけのひとつになります。飼い主さんが、声をかけて呼ぶことで上手に飼い主さんのもとに駆けつけてくれたら成功です。皆さんの愛犬は「おいで」が上手に出来ますか?なかには声をかけても無視する子、飼い主さんを直視して動かなくなる子、そして逃げてしまう子など様々なのではないでしょうか?

この「おいで」のしつけは、ご自宅内ではちょっとしたイタズラ防止に役立ちますし、お散歩中は外の世界の危険から愛犬を守るために重要なしつけになるので、ぜひ覚えてほしいしつけのひとつです。

例えば、お散歩中に不意にリードの金具が外れてしまい、道路に飛び出しそうになる犬を呼び戻すことが出来ます。またノーリードで過ごすドッグランで、他の犬とのトラブルを防止するためにも必ず必要になるしつけです。「おいで」は愛犬の身の安全を守るため大切なしつけになっています。「おいで」と声をかけると逃げてしまう理由を探り「おいで」の練習をあらためて頑張ってみましょう。

犬に「おいで」というと逃げられる理由3つ

草原で走って逃げる犬の後ろ姿

1. 愛犬にとって嫌な経験があった

飼い主さんが笑顔で「おいで」と呼んでいるのを見て、ワクワクしながら駆け寄っていくと、急に捕まえられて叱られてた…。そんな経験がある犬は「おいで」=「嫌なことが起こる」と学習している可能性があります。犬にとっての嫌なことは個体によって様々ですが、愛犬の嫌がることは何なのか把握できてますか?

  • 爪を切られた
  • ハウスに入れられた
  • シャンプーのために捕まえられた
  • 遊んでいたオモチャなどを取り上げられた
  • 叱られた

上記は犬の嫌がることのごく一部で、もちろん個体により、これらを嫌がらない子もいます。「おいで」のコマンドで、愛犬自身が苦手なことや嫌いなことを経験させてしまった過去がある場合「おいで」の一言で逃げてしまう犬もいます。

2. 他に興味を持っているものがある時

犬は何かに対して強い興味を持っている時にも「おいで」の指示で逃げることがあります。ご自宅内であれば、お気に入りのオモチャで興奮気味に遊んでいる時に「取られたくない!」と感じ逃げることがあるかも。また、イタズラしたい対象の物が目の前にある時なども逃げやすいと思います。

我が家の愛犬は、私が不意に落してしまったティッシュなど、飼い主としては口にしてほしくないものを口にした時に「おいで」と呼ぶと逃げ回ります。ティッシュの何がそんなに魅力的なのか分かりませんが、飲み込まれると困るのでオヤツと交換で引き渡してもらっています。

3. 追いかけてくれるのを待っている

「おいで」のしつけの最中、なかなか来てくれない愛犬を、追いかけたことはありませんか?こちらも過去からの学習で「おいで」=「追いかけてくれる」と間違って学んでしまったのかもしれません。愛犬にとって「おいで」の指示は楽しい追いかけっこが始まる遊びのサインになっている可能性も。悪気なくルンルンしながら楽しい気持ちで逃げているのかもしれませんね。

「おいで」の教え方

飼い主さんのもとへ駆け寄るパグ

「おいで」を間違って学んでしまった子は、今一度、根気よくトレーニングしましょう。「おいで」と呼ばれ飼い主さんのもとに行くと「良いことが起こる」と学習してもらいます。

最初は室内で

まずは落ち着ける室内からトレーニングを開始します。少し離れた場所から「おいで」と呼び、少しでも近くに来たらしっかり褒めてあげてください。そもそも逃げてしまうタイプの子は、飼い主さんにあまり注目していない可能性があるので、最初のうちはコマンドで指示を出す時、オヤツを使用するのも有効です。愛犬が大好きなオヤツを見せながら声をかけてください。この際も少しでも近寄ってきたらオヤツを与えながらしっかりと褒めましょう。

オヤツの回数を減らしていく

「おいで」の声がけと「オヤツがもらえる」をセットで覚えてもらうのですが、ドッグランなど広い場所や、距離が離れている時は愛犬からオヤツが確認できません。最終的には「おいで」のコマンドだけで呼び戻せるようになるが目標です。何度か成功するうちの数回はオヤツを与えず、大げさなくらい気持ちを込めて、豊かな表情で褒めてあげる事で愛犬も喜んでくれるはずです。

少しずつ難易度を上げる

室内のトレーニングする時も愛犬が落ち着いている時、オモチャで遊んでいる時、興奮している時など様々な状態の時に試して見ましょう。落ち着いている時はもちろんトレーニングしやすいですが、興味の対象がある時や興奮している時は難易度が上がるので焦らずに少しずつ練習してください。

外でもトレーニングしてみましょう

室内で「おいで」が上手に出来るようになったら次は外でもトレーニングしてみましょう。室内よりも刺激や誘惑が多いので難易度はグッと上がります。トレーニングの内容は室内の時と同じですが、まずはリードをしっかりつけて、リードで繋がっている範囲内で行います。最初は人気の少ない場所から初めて、徐々に賑やかな公園などに場所を移していきます。

人の多い公園でも上手に「おいで」が出来るようになったらドッグランで練習してみましょう。初めてドッグランで練習する時は、愛犬が集中しやすいように混雑時は避けたほうが無難です。可能であれば平日が良いかもしれません。最終的に賑やかなドッグランで、上手に「おいで」が出来るようになると大成功です。

まとめ

おいでと呼ばれる犬

しつけに関しては、愛犬の安全を守るために覚えてもらう事もとても多く「おいで」もそのひとつになります。特にドッグランでたくさん遊ばせたいと考えている飼い主さんとワンちゃんには、必須のしつけで周囲に迷惑をかけないためにも重要になってきます。信頼関係が築けている飼い主さんとワンちゃんであれば、楽しみながらトレーニングできると思うのでぜひ頑張ってください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。