犬が飼い主の足の上に乗ってくる心理4つ

犬が飼い主の足の上に乗ってくる心理4つ

この記事では「犬が飼い主の足の上に乗ってくる心理」をテーマに、犬が飼い主さんの足の上に乗って来る時の気持ちなど心理状態についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

飼い主の足の上に乗ってくる心理1:甘えたいから

飼い主の足の上に乗っている犬

飼い主さんのことが大好きで甘えたいと思っている犬の場合、飼い主さんの足の上に乗って甘えたいアピールをします。足の上に乗るというのは飼い主さんが座っているときに1番安定した場所で、飼い主さんの様子も間近に見れることから甘える場所として1番好まれるのではないのかと思います。そのため飼い主そんの上に乗ってきてチラチラ見てくるようでしたら甘えたい合図の可能性があるため撫でたりしてあげると犬も喜ぶはずです。

飼い主の足の上に乗ってくる心理2:遊びたいから

飼い主の足の上に乗ろうとしている犬

足の上に乗ってきて大人しくしているようでしたら上で書いた甘えたいからだと思われますが、乗ってきて更に飼い主さんの顔元に犬が近づいてきたり顔や腕などを舐めてくる場合は飼い主さんと遊びたいのかもしれません。飼い主さんの気をひくためにただ足の上に座るのではなく、顔や腕や足を舐めて遊びたいアピールをしているのだと思います。飼い主としてそんな健気な犬の仕草を見てしまったらそれに応えてしまいますね。時間があるならばたくさん遊んでくださいね。

飼い主の足の上に乗ってくる心理3:退屈だから

退屈そうにして飼い主の足の上に乗っている犬

ただ飼い主さんの足の上に乗ってくるだけで他に何もしないのは、退屈だけど誰かのそばにいたいと思う心理状態の時の犬の行動なのかもしれません。本来群れで生活していて、犬というのは警戒心の強い動物であるため、信頼しているという気持ちがないと足の上などの身体の近くには寄ってきませんし、座ることなどあり得ない行動です。そのためただ座ってきただけであっても信頼しているからの行動であるため、出来るだけそのまま座られせてあげると、落ち着いて退屈しのぎが出来ると思います。

飼い主の足の上に乗ってくる心理4:眠いから

飼い主の足のそばで眠っている犬

犬は警戒心の強い動物であるため、安心出来るところでないと寝ることが中々出来ない動物です。これは退屈だから来たのと少し似ていて、どこか安心出来る所を探していた際に、信頼出来る飼い主さんの足の上を選んで乗ってきて寝ようとしているのかもしれません。犬が足の上で寝てしまったら飼い主さんは色々と行動が出来なくなってしまいますが、時間が許す限り出来るだけ寝かせてあげると、喜んで落ち着いて寝られると思います。

まとめ

パソコンをしている飼い主のことを横で見つめている犬

犬が飼い主さんの足の上に乗ってくるのにはいくつか理由があります。しかし、全てのことに共通して言えるのが飼い主さんのことを信頼していて、懐いているからこその行動であるとも言えます。また、足の上に限らず、犬が近くに来るということ自体飼い主さんに懐いているからです。そのため犬が寄ってきたときは甘えさせたり、優しく撫でるなどのコミュニケーションをすると犬も喜ぶと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。