甘えん坊じゃなくてワガママ?!実はNGな犬の行動4つ

甘えん坊じゃなくてワガママ?!実はNGな犬の行動4つ

かわいい愛犬に甘えられると、ある程度のことは許せてしまうものですよね。ですが、愛犬のその行動、「甘えん坊」の一言で済ませられるものではないかもしれません。見過ごしていると、問題行動に発展してしまうかもしれませんよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.おやつやおもちゃをねだって鳴く

吠えている犬

愛犬がこちらをジッと見つめて、甘えた声で「ワン」と鳴く。まるで言葉で何かをねだろうとしているようで、とても可愛く思えますよね。ですが、これ、要求行動と呼ばれる問題行動の一種です。可愛いあまりに要求に応え続けていると、犬は「吠えればワガママを叶えてもらえる!」と勘違いし、要求吠えや無駄吠えがエスカレートしてしまいます。可愛くおねだりされても、無視が基本ですよ。

2.ごはんを素直に食べない

ごはんを見つめている犬

ごはんの時間にフードを出しても食べ始めない…なんてことありませんか?かと思えば、飼い主さんが手ですくって差し出してあげると素直に食べたり、トッピングを乗せてあげると食べ始めたり、「甘えん坊だなぁ」「グルメねえ」なんて軽く考えていると、ワガママ街道一直線です。これが癖になってしまうと、飼い主さんがいないと食べない、トッピングがないと食べない、という状態になってしまい、入院時や災害時など不慮の場合に困るのは愛犬自身です。ある程度時間を置いて食べない場合には片付けてしまうなどして、そのままの状態でもすぐに食べるよう慣らしていきましょう。

3.散歩で歩きたがらない

散歩を拒否する犬

愛犬の運動のために行っているお散歩なのに、途中で歩かなくなってしまったり、抱っこをせがんできたりすることはありませんか?これも犬のワガママ行動の1つです。本来であれば、お散歩コースを決めたり、帰るタイミングを決めたりするのは、リーダーである飼い主さんの役目ですが、こういった行動をとる犬は「散歩の主導権を握っているのは自分!」と勘違いしてしまっています。飼い主さんが愛犬より前を歩く「リーダーウォーク」ができることが一番の理想型ですが、完璧に身につけるまで時間がかかります。愛犬の言いなりになるのではなく、愛犬が自己主張してきたときには逆の方向に転換するなど、少しずつ慣らしていく必要があります。

4.飼い主さんが近くにいないと鳴く

寂しそうに窓の外を見る犬

家の中でも飼い主さんが移動すると必ず後ろをついてくる、トイレやお風呂で飼い主さんの姿が見えなくなると寂しそうに鳴き声を上げる。「この子は私がいないと本当にダメなんだから!」と母性本能をくすぐられてしまう反応ではありますが、これもただの甘えん坊では済まされない問題です。飼い主さんと愛犬の距離感はとても大切。距離感があまりに近すぎてしまうと、愛犬は飼い主さんがいないとストレスを抱えるようになり、いわゆる分離不安症の症状を引き起こしてしまいます。分離不安症は、無駄吠えや破壊行動、粗相といった問題行動だけではなく、嘔吐や下痢など、犬の身体面にも大きな影響を及ぼします。場合によっては、動物病院での治療が必要になるケースもあります。

まとめ

ベッドの上の犬と女性

いかがでしたでしょうか?1つ注意していただきたいのは、これらの「甘え」「ワガママ」に見える問題行動の裏に、実は病気が隠されているケースもあることです。病気が発端となった体調不良の結果、ワガママに見える行動が引き起こされている可能性もゼロではありません。「今までは何でもなかったのに、急にワガママな行動をとるようになった」など、不安な要素がある場合には、迷わずに動物病院を受診することをオススメします。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    全て飼い主の行動で防げるものです。要求は可愛いのは解りますが主導権は全て飼い主が握ってると思わせた方が犬にはストレスが無いのです。
    餌食わなければ1日一食でも断食でも構いません、1日断食したぐらいじゃ死にません。どうしても食べさせたいならぬるま湯でふやかしてやると食べることが多いです、たまにトッピングは良いが毎日はよろしくありません。
    分離不安は適度な距離感で過ごすと良いです。構うとき構わないときは全て自分が決める、メリハリつける、この二つがあれば防げます、可愛いから片時も離れたくない気持ちは解りますが自分の都合もあるので適度な距離感で過ごしましょう、構いすぎで病気になっても困るので
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。