注目してみよう!犬の『耳』から読み取れる今の気持ち

注目してみよう!犬の『耳』から読み取れる今の気持ち

犬は言葉が話せない代わりに様々な仕草や行動で自分の気持ちを知らせてくれます。耳の動きもその1つとなり、耳の向きや動き方によってその時の犬の気持ちを読み取ることができるといえますよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の耳から気持ちを知ろう

ビックリした表情の犬

耳の動きで犬の気持ちを知る

犬は言葉を使って人間と会話をすることはできませんが、代わりに全身を使ってその時の気持ちを表現し私たち人間に自分の想いを伝えてくれます。耳の動きや仕草もその表現方法の1つとなり、耳の動きの意味を知るだけでも犬の気持ちを大まかに理解することができるようになります。さらに、他の仕草や行動と合わせて見ることで、より詳しく犬の感情を知ることができるようになるといえるでしょう。

犬は犬種によって『立ち耳』と『垂れ耳』に分かれます。立ち耳の場合は耳の動きの変化に気づきやすいですが、垂れ耳の場合は耳を動かす時でも垂れた状態なので変化に気づきにくいといえます。しかし、垂れ耳の犬でも慣れは必要ですが耳の根元や耳全体の方向をよく観察することで、耳の動きに気づくことができるといえるでしょう。ちなみに、基本的には立ち耳と垂れ耳の犬どちらも同じ気持ちになっている時、同じ耳の動かし方をします。

愛犬の気持ちを知るためにも、ぜひ犬の耳の動きの意味を知ってみてはいかがでしょうか。

様々な耳の向き・動きから気持ちを読み取ろう

興味深そうな表情の犬

耳を立てている

愛犬がいつもより耳をピンと立てている感じがする……。そんな時は何かに興味をもっているといえますよ。例えば、飼い主が大好きなオヤツの袋を手にした時に「おっ!オヤツをくれるのかな?」と、興味深そうに見る時などによく見かけることができます。誰かがチャイムを鳴らした時に愛犬が「ん?誰かきた!」と感じた時にも耳をピンと立てることがよくあるといえますね。

垂れ耳の犬の場合は、垂れた耳がいつもよりクイッ!と少し上に持ち上がった感じになります。いつもより耳を高くさせながら、同時に興味の対象となるものをジッと見つめるという仕草をするので、すぐ何かに気が向いていると分かることでしょう。

耳を前にグッと倒している

耳をグッと前に向けて倒している。そんな姿を見た時は犬が威嚇している。または怒っている状態になっている可能性が高いです。耳を前に倒している時に『鼻筋にシワを寄せる』『歯をむき出しにする』『唸る』といった仕草をしていたら、ご想像の通り完全に怒っている。攻撃的になっているといえるでしょう。

垂れ耳の犬は耳を前に倒していても分かりにくいので、先に『歯をむき出しにして唸る』といった別の仕草によって犬が怒っている、警戒している。ということを知るケースが多いといえるかもしれませんね。

耳をやや後ろ向きに横へピン!とさせている

あまり見かけない耳の動きといえそうですが、犬が耳をやや後ろ向きに下げつつ横にピンとさせている時は、不満な気持ちになっていることが多いです。「飼い主が自分の意見を聞いてくれない」「もっと散歩に行きたかったのにぃ~」そういった、犬が不満を感じやすい時にみかける耳の動きとなります。

不満を思うことで少なからず犬はストレスを感じているといえますので、もし愛犬が頻繁に耳を横にしている場合は、不満の原因を解決してあげる必要があるといえそうですね。

耳を色々な方向にピクピク動かしている

愛犬が耳を忙しなく色々な方向に動かしている。そういった姿を見たことがある飼い主はたくさんいると思います。犬が耳をピクピク色々な向きに向けている時は、気になるものの正体を調べているといえます。

例えば、幽霊を見ているかのように、何もない空間をジッと見つめながら耳をピクピクさせている時は、集中して気になる音の正体を見つけようとしているのでしょう。立ち耳、垂れ耳の犬ともに分かりやすい耳の動きといえますね。

犬が耳を後ろに倒している時は2つの意味がある

不安そうな犬

不安や恐怖を感じている

犬が耳を後ろ向きにペタンと倒している時は2の意味が考えられます。1つは、不安や恐怖を感じているというものです。例えば、雷などの苦手な音を聞いて怯えている。病院やトリミングのお店に連れて行った時に不安を感じている。そういった場合に犬は耳を後ろ向きに倒すことが多いといえます。

また、『尻尾を下げる・お腹の方向に巻く』『頭を低くしている』『後ずさるような姿勢』『困った表情をしている』といった不安や恐怖を感じている時に見せる仕草を同時に行うことがほとんどですので、すぐに怯えている。恐がっていると分かることでしょう。

服従・甘えている

もう1つは『服従・甘えている』というものです。不安を感じている時とは全く正反対の気持ちの時にも『耳を後ろ向きに倒す』という仕草をするので、ややこしいと感じる人はいると思いますが、周りの環境や他の動作を見ることで簡単に区別することができるので安心してください。

甘えている時に犬が耳を後ろ向きにペタンと倒す時は、周りの環境に犬が不安に感じる要素が何もなく、柔らかくて優しい表情をしています。また、同時に尻尾を緩やかに揺らしていたり体を寄せて甘えてくることが多いので、すぐに「甘えているんだな」と気づくことができると思います。

このように、他の仕草や周りの環境と合わせて見ることで、愛犬の気持ちを理解してあげることができるといえます。

まとめ

耳が大きい犬

犬の耳の動きを見るだけでも実に様々な感情を知ることができます。加えて、全身を使った犬の仕草や行動、しっぽの動きなど……犬の様々な動きの意味を知ることで、その時の犬の気持ちをより詳しく知ることができるといえます。

ですので、ぜひ耳の動きだけでなく犬の様々な仕草や行動の意味も知っていただければなと思います。犬のことを詳しく知って、今よりも愛犬と仲良く”会話”ができるようになれると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。