犬が見せる『ごめんなさいサイン』4選

犬が見せる『ごめんなさいサイン』4選

この記事では「犬が見せる『ごめんなさいサイン』」をテーマに、犬がごめんなさいと謝っているときに見せるサインについていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ごめんなさいサイン1:お腹を見せる

お腹を見せている犬

犬にとってお腹は急所です。そのため普段はお腹を見せることはなかなかありません。しかし、しつけや犬に芸を覚えさせている場合はコマンドを指示するとそれに従いお腹を見せることがあります。

ところが、それ以外でも犬がお腹を見せることがあります。それは「降参している」という気持ちを伝えたいときです。犬は急所であるお腹を見せることによって、「これ以上何もしません、許してね」ということを言いたいのかもしれません。また飼い主さんに怒られたときに、以前飼い主さんにお腹を見せたときに喜んでもらった経験がある場合は、再度お腹を見せることによって喜んでくれるかもしれないと思ってお腹を見せていることもあるかもしれません。

ごめんなさいサイン2:様子を伺うように見てくる

チラ見している犬

普段は目を合わせて来るのに、怒られた後は様子を伺うように目をあまり合わせずに見てくる場合はごめんなさいと思っていて、目を合わせるとまた怒られると警戒しているからかもしれません。本来犬同士の場合、目を合わせる行為は戦う合図とも言われています。そのため、降参しているということを飼い主さんに伝えるために目を合わせずに様子を伺うようにこちらを見ているのだと思います。

ごめんなさいサイン3:あくびをする

あくびをしている犬

犬があくびをするのは眠いときだけでなく、緊張している場合もあると言われています。緊張しているというのは、怒られてその場の雰囲気に緊張をしてしまっているのかもしれませんが、悪いことをしてしまったからごめんなさいと伝えたくて気持ちが高まり緊張してしまってあくびをしているのかもしれません。人間でいう眠かったり退屈だからあくびをしているということではないので、叱った後にあくびをしたからと言って怒ってはいけません。

ごめんなさいサイン4:覚えた芸を披露する

ボールを頭に乗せている犬

叱られて少し経ってたから飼い主さんのそばに来て覚えた芸を見てもらうために披露してくる場合も反省しているということを伝えたいのかもしれません。バツが悪い雰囲気が嫌であったり、怒っている飼い主さんにまた笑ってもらいたいから披露していることもありますが、飼い主さんにごめんなさいと伝えるきっかけに芸を披露してそばに近づきたいという意味合いもあると思います。

まとめ

謝っているような犬

どうしても注意しなくてはいけないことをした時は怒ることは仕方のないことですが、このように謝ってきた場合は飼い主さんの気持ちをしっかりと伝えた上で許してあげてください。むしろ謝っているサインをしてきた場合、つい可愛くって許してしまいそうです。犬の性格や環境によってサインも様々だと思いますので愛犬がどのようなサインをするのか、機会があった際は確認してみて下さい。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    うちのホルダーさんのごめんなさい?
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    30代 女性 あやみ。

    うちの子、キャバリアの男の子♪もうすぐ2才になります(o≧▽゜)o
    そして謎の「ごめんなさい」???
    ・・・(´-ω-`)
    あやみ。の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。