犬を勢いで飼ってしまうのは超危険!起こりうるリスク3つ

犬を勢いで飼ってしまうのは超危険!起こりうるリスク3つ

まずはじめに言っておきますが犬の衝動買いは超危険です!ペットショップでかわいい子犬を見かけてつい勢いで飼ってしまう…などということがないように、衝動買いのリスクを知っておいてください。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1. 時間がなくお互いにストレスが溜まる

リードをくわえているJRT

犬のかわいさに負けて勢いで犬を飼ってしまったとき、飼い始めてからの生活をリアルに想像することができている人はそう多くないと思います。犬を飼うということはとても大変なことです。

犬のお世話が負担に

毎日2回の散歩をはじめ、食事やブラッシング、歯磨きなど日々の健康管理にも時間が取られることになるでしょう。時間に余裕がある人であれば突然犬を飼い始めても問題ないと思いますが、仕事で忙しい人や家事・育児などで慌ただしい毎日を過ごしている人にとっては、犬のお世話の時間が大きな負担になることがあります。せっかく飼い始めたかわいい犬の世話の時間が、ストレスの原因になってしまっては、もったいないことだと思います。

コミュニケーションが必要

また、犬を飼うということは食事や運動など最低限の世話だけをしておけばいいというものではありません。犬と向き合って遊んだり、精神状態に気を配ったりする必要もあります。犬は飼い主の気分でかわいがったり放っておいていい、おもちゃではありません。しっかりとコミュニケーションを取り、共に生きていく存在であるということを忘れないようにしましょう。

2. 犬に関する知識不足でしつけができない

トイレ失敗のAコッカー

犬を勢いで飼ってしまうと、犬に関する知識がほとんどない状態で飼育がスタートすることになると思います。犬を飼うことはお世話などで大変だとしましたが、それだけでなくさまざまな知識を求められる場面も出てきます。

特に子犬のときには病気予防のためのワクチン接種や被毛や爪、歯のお手入れの仕方、トイレのしつけ、社会化など知っておくべきことが多岐に渡り、その量も膨大です。

犬を飼う前に情報収集をする必要性

通常は犬を飼う前に“これから犬を飼う人向け”といったタイプの本を読んだり、インターネットで情報を集めたりして、飼い始めてから何をすべきかをある程度スケジューリングするといいとされています。そうしたことを考えずに勢いで飼ってしまうと、知識不足から重要なことを取りこぼしてしまう、ということもめずらしくありません。

子犬の時期にしっかりしておくべきしつけなどができておらず、成犬になってから問題行動が出て後悔する…ということも日本では多く見られるので、犬を飼う前に多少の知識を持っておくことは、とても大切なことだと思います。

3. 犬の飼育費用が生活を圧迫する

散らばったお札

犬を飼うことでつい忘れてしまいがちなのが費用の問題です。飼い始めは首輪やリード、ベッド、ケージなどさまざまな物が必要になりますが、犬と出会ったペットショップなどで楽しく選ぶことができたりして、それほど出費も気にならない場合も多いと思います。しかし実際に大変なのは犬を飼い始めてから。

食事代や病院代がかかる

毎日の食事にしても、犬の体により良いものを与えたいと思うと、食事代の負担も大きくなりますし、それが大型犬ならあっという間にひと月で数万円となることも。

また、健康管理のために害虫駆除薬やワクチンなどが必要ですし、人間のような健康保険がない犬の病気治療や手術にはびっくりするほどの高額な費用がかかることもあります。

犬を勢いで飼うことで起こるリスクまとめ

犬と女性のシルエット

犬を勢いで飼ってしまうと時間や手間、費用などさまざまな面で負担を感じてしまい「こんなはずじゃなかった…」と後悔する場面が出てきてしまうことがあるでしょう。

犬を飼いたいと思って覚悟していたつもりでも、思うようにいかないしつけや、コミュニケーションに悩んでノイローゼになってしまう人もいるくらいですから、犬を飼うということはそれほど簡単なことではないのだと思います。

それでも色々な大変さを乗り越えて、愛犬と素敵な関係が築くことができればいいのですが、勢いで飼ったがゆえの最悪のリスクとして考えられるのが、犬を手放すという結果になってしまうことです。

犬を勢いで飼ってしまったとしても、飼い始めた時点で重大な責任があるということを忘れずに、最期のときまで共に過ごしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。