犬がよくする『ジェスチャー』5選

犬がよくする『ジェスチャー』5選

皆さんの愛犬には「思い返してみたらあの仕草、よく見る」というような邪エスチャーはありますか。何気なく見ている日頃のジェスチャー、実は犬の意思表示かもしれません。今回は犬がよくするジェスチャーと、その意味をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬がよくするジェスチャー

後ろ足で立つ犬

よく愛犬が見せてくれるジェスチャーは、単に癖で行っているものではなく、私たちに何かを伝えようとサインを送っているのかもしれません。では、犬がよく見せる仕草には、どんな意味が隠されているのでしょうか。

1.ドアを軽くトントンと引っ掻く

皆さんの愛犬はドアの方にトコトコと歩いて行き、前足でカシャカシャとドアを叩くことはありませんか。姿は見えていなくても、犬の前足の爪がドアに当たる音は響くことも多いので、「今、ドアを叩いているな」と気付くことも多いです。

これはただ遊びで叩いているのではなく、「ドアを開けて」という意思表示です。一緒に過ごしていると、その仕草でドアを開けて欲しいんだなということがわかるのではないでしょうか。

外から何か興味深い音が聞こえたり、部屋の中にジッといるのがつまらなくなってしまったなど、理由は様々ですが、「ドアを開けて」と飼い主さんに頼んでいるのです。

2.ゴロンと仰向けになりお腹を見せる

仰向けに寝転がるダックス

飼い主の目の前に来て、目が合った途端、ゴロンと仰向けに寝転がるということはありませんか。急に何をしているの、と思ってしまいますが、飼い主に対して行う場合、「お腹を撫でて」という要求であることが多いです。

ただお腹を見せているのではなく、飼い主に構ってもらいたいがために、お腹を見せて撫でてほしいところを撫でてもらいやすいように示しているのです。

また、お腹を見せているということは、自分の弱点を晒すようなものです。信用している相手にしか行わないので、お腹を見せてくることが多いのであれば、しっかり「安心できる相手」として認識されていることになります。

3.おもちゃをくわえて飼い主に放り投げる

自分のおもちゃをくわえて持ってきたかと思えば、飼い主の方にポンッと投げてくるというジェスチャー。犬に多いですよね。これは「これ投げて」や「これで遊んで」という意思表示です。

しっかり自分が遊んでほしいおもちゃを持ってくることで、飼い主に気持ちが伝わりやすいようにしているのです。このようなジャスチャーは一緒に過ごしていくうちに学習していくことが多いです。

中にはくわえたおもちゃを飼い主の方に投げるのではなく、飼い主の膝の上に置いてみたり、しっかり手に乗せるという犬も珍しくありません。

4.こちらが指示していないのにお手をする

前片足をあげる犬

突然目の前にやって来たかと思えば、何も指示していないのにお手のようなジェスチャーをしてきた…一体何をしているの?と思ってしまいますよね。

これはその犬によって意味が異なることがありますが、おやつをもらうときやごはんをもらうとき、いつもお手をさせてから与えている場合はそれを学習している可能性があります。

そのため、「お手をすればおやつがもらえる」や「お手をすればごはんが出てくるかも」と考え、欲しい時に飼い主の元にやって来てお手をしている可能性があるのです。なんだか可愛いですよね。

5.唸った後に手を舐める

手を舐める犬

愛犬が遊んでいる際におもちゃをとろうとしたら唸られたという話はよく聞きます。犬からして見たら「今遊んでいるのに邪魔しないでよ!」ということなのでしょう。

しかし、その後しばらくすると飼い主の元へ寄ってきて、飼い主の手を舐めるようなジェスチャーを見せるという声も少なくありません。一見、「さっきはごめんね」と言っているようにも見えますよね。

しかし、これはそのような可愛い思いが表れているのではありません。実は、「また同じ事をしたら怒るからね」「次は噛んじゃうぞ」と脅しのような意味があるのです。

このジェスチャーを見せた場合、飼い主のことを同等以下の存在だと勘違いしている可能性がありますので、しっかり上下関係を築くことが大切です。

まとめ

笑顔のゴールデンレトリバー

いかがでしたでしょうか。犬がよく見せるジェスチャーには、犬の意思が隠されています。どのような要求をしているのか、さらに何を伝えようとしてきているかをしっかり受け取り、より愛犬との信頼関係を深めましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。