犬の口から血が出ている時に考えられる原因

【獣医師監修】犬の口から血が出ている時に考えられる原因

愛犬の口から突然、血が出ていたら驚いてしまいますよね。口の中からの出血であれば出血場所を確認するのも難しく不安になると思います。この記事では犬の口から血が出ている時に考えられる原因をお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

口腔内の炎症

獣医師に口の中を見てもらっているレトリバー

犬は口腔内の炎症により、口から血を出してしまうことがあります。口腔内が炎症を起こす理由もいくつかあります。

歯周病

歯周病は歯の周りの組織が炎症をおこしてしまう病気です。炎症の原因となるのは、取り除ききれない歯垢や歯石に含まれている細菌になります。どうしても歯磨きが苦手なワンちゃんが多く、成犬の8割ほどが歯周病をもっていると言われています。

この歯周病が原因で歯肉から出血してしまうこともあるのですが、歯周病の怖いところは歯周病の怖いところはこれだけではありません。歯の周辺に存在する靭帯や、歯を支えている骨まで溶かしてしまいます。重篤化すると口腔内の粘膜や、顔の皮膚に穴が開く症状が出てしまう可能性も。

犬の歯周病の治療は全身麻酔で歯石除去を行ったり、抜歯を行ったりするなど、大掛かりな治療になってしまいます。麻酔のリスクもあるため、日頃のお手入れをしっかりしてあげましょう。

口内炎

犬も口内炎を起こすことがあり、口の中の粘膜の炎症により血が出ることもあります。大量に鮮血が出るというよりは、よだれに血が混じっていたり、カミカミして遊んでいたおもちゃに血がついていたりすることがあるようです。

口内炎の症状は粘膜に起こるただれや赤い腫れに加え、口臭が強くなることもあります。痛みがあるため食欲が落ち、体重減少にも繋がってしまいます。おもちゃやおやつで与えている骨などの硬いもので口の中が傷がつき、炎症が起こることもあれば、糖尿病や腎臓病などの病気から口内炎が起こることもあります。

硬いものを噛んだ刺激

硬いものを噛むことは歯石除去や歯石予防に繋がるのですが、上記のように口腔内を傷つけて口内炎の原因になってしまったり、歯の損傷の原因にもなったりしかねません。歯を損傷すると傷ついたところから細菌がはいりこんだり、神経が露出していれば伊丹もともないます。骨や角など硬いものを与えるときは十分に注意しましょう。

腫瘍

大きく口を開けている子犬

近年では悲しいことに癌を患ってしまう犬も少なくありません。全ての腫瘍が悪性なわけではありませんが、口腔内に発生する腫瘍が出血に繋がることもあります。口腔内腫瘍の症状は初期としては、ご飯を食べるスピードが落ち始め、口臭が強くなるなどがあります。またよだれが多くなるため、その際に血の混じったよだれが出てくることが見られます。

悪性黒色腫

悪性黒色腫はメラノーマとも呼ばれ、色素を作る細胞が腫瘍になるため、黒色を呈することが多いです。(黒くならないメラノーマの発生もあります)10歳以上の犬に多く見られ、主な部位は口と唇の粘膜、また眼球や皮膚。初期は黒い小さなシミのような状態で発生します。犬の口腔癌で1番多く見られるのがこの腫瘍になります。

繊維肉腫

繊維肉腫は犬の体のどの部位にも発生する可能性があり、口腔内の場合は歯茎にしこりのようなものができるのが特徴です。他の部位への転移の可能性は低い癌ですが、非常に進行が早い腫瘍なので早期発見が重要です。

まとめ

赤い唇のプロップを当てられているフレンチブルドッグ

口からの出血は口腔内に原因があることもあれば、全く別の場所に理由があることもあります。逆に歯周病は放置してしまうと、犬の体の病気のリスクが高まってしまいます。少しでも気になる口からの出血が見られたときは、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。