野犬に対して狂犬病ワクチンを経口投与する試みが好感触

野犬に対して狂犬病ワクチンを経口投与する試みが好感触

野犬の多い国で狂犬病ワクチンを経口投与することで、より多くの犬に予防接種を行おうという試みが研究されています。その内容をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

食べ物に潜ませて与える経口投与のワクチン

薬を持つ獣医師と口を開けている犬

狂犬病のワクチン接種と言えば、まだまだチクリと注射をするイメージが強いですが、トリーツなど食べ物に潜ませて経口投与するタイプのワクチンが、野犬の多い国で狂犬病の蔓延を抑えるのに一役買ってくれるのではないかという研究が行われています。

研究は複数の団体が、インドのゴア州で州政府の協力を得て行われています。イギリスの動物保護団体ドッグズトラスト・ワールドワイドからの資金提供、アメリカの企業MSDアニマルヘルスから、ワクチンの物資提供も受けています。

インドのゴアで野犬を対象に実験

道端で寝そべる2匹の野良犬

インドには推定1億匹の野犬がいると言われています。犬たちが自由にどこでも歩き回っている状態なので、一匹でも多くの犬に狂犬病のワクチン摂取を受けさせることは、人間の安全のためにも重要です。現在は野犬を捕獲〜ワクチン接種〜解放という方法をとっていますが、食べ物に潜ませたワクチンを食べさせることができれば、時間と人手が大幅に節約できて効率が上がります。

経口狂犬病ワクチンはインドでの使用がまだ認可されていないので、今回の研究では経口投与のコンセプトと流れをテストするため、空のカプセルを仕込んだ食べ物が使用されました。ワクチン部隊がモペットバイクに乗って野犬を探し、カプセルを仕込んだ食べ物を与えました。チームの各メンバーは毎日35匹の犬に擬似ワクチンを与えることができました。現行の捕獲して注射する方法では1日に9匹なので、その差は歴然です。

また、食べ物を使った擬似ワクチンでは発見した犬の80%に接触することができたのに対し、現行の方法では63%であるのも大きな差です。この新しい方法と既存の方法を組み合わせると、毎日現行の3倍以上の犬にワクチン摂取をすることができます。このテスト結果は、狂犬病予防活動のNPOや獣医師団体、エディンバラ大学の研究者などの専門家からも高い評価を得ています。

インドの野犬の数では、狂犬病が人間に拡がる危険を最小限に抑えるのに必要な閾値は最低70%の接種率だと言われています。経口投与のアプローチを実行することで、この数字が可能になると考えられます。

経口投与の狂犬病ワクチンの意味

地面に伏せるインドの野良犬

日本のように狂犬病が排除されている国では実感が持ちにくいですが、地球上では今もこの病気で毎年約5万9千人がなくなっています。この研究が示した根拠をもとに経口投与のワクチンが導入され、狂犬病根絶へのステップとなることが期待されています。

この実験の評価にも参加した狂犬病予防活動のNPOミッションレイビースの創設者でもあるギャンプル博士は、「狂犬病は病気としての恐ろしさだけでなく、結果として生じる恐怖も社会に大きな影響を与えます。」と述べています。ワクチンを注射から経口投与に切り替えると言うと、単純で小さな変化のように聞こえますが、地球規模で見ると絶大なインパクトのある新しい方法だと言えます。

まとめ

丸まって寄り添う2匹の野良犬

狂犬病のワクチンを食べ物に仕込んで経口投与することで、インドのような野犬の多い国でワクチン接種率をアップさせ、病気の蔓延を防ぐのに貢献するという研究の結果をご紹介しました。日本とは無縁の話だと思われる方もいるかもしれませんが、野犬の増加が大きな問題となっている地域は日本にもたくさんあります。日本の法律では野犬を捕獲して再度解放したり、ワクチン摂取だけを行ったりするというのはできないことですが、公衆の安全のためにこのような方法もあるということは知っておいた方がいいように思います。

《参考》 https://phys.org/news/2019-04-rabies-benefit-oral-dog-vaccine.html

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。