おかえりー!犬が飼い主の帰宅を大歓迎する心理4つ

おかえりー!犬が飼い主の帰宅を大歓迎する心理4つ

愛犬の「おかえりー!」攻撃に遭えば、1日のどんな疲れも吹き飛んでしまいますよね。私たちを幸せにさせてくれる愛犬のお出迎え。では、愛犬側の心理はどんなものなのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.ひとりぼっちじゃなくなった!

寂しそうな犬

犬はもともと群れで生活し、大きな獲物を狩っては仲間で分け合って食べる、典型的な集団生活を送っていました。そのため、仲間といっしょにいることで安心感を覚える一方、ひとりぼっちは苦手な動物です。どんなにお留守番に慣れていようとも、ひとりぼっちが嫌いなことに変わりはありません。飼い主さんが帰ってくると、「やっとひとりぼっちじゃなくなった!」と安心して喜んでいるのです。

2.早く遊ぼう!ごはん食べよう!

おもちゃで遊ぶ犬

ひとりぼっちでお留守番をしている間、わんこはいろいろなことをガマンして過ごしています。誰かと思いっきり遊びたいという気持ちや、お腹が空いてごはんが食べたいという気持ちを押し殺して、じっと待っているのです。そのため、飼い主さんが帰ってくると、「やっと遊べる!ごはんが貰える!」と思って大喜びし、飼い主さんに遊びやごはんをせがんでいるのかもしれません。

3.誉めて誉めて!

撫でてもらっている犬

遊びやごはんをせがむのと同じように、誉めてもらえることをせがんでいるわんこもいます。飼い主さんがいつも「良い子でお留守番できたね」と誉めてあげている家庭では、わんこも「今日も上手にお留守番できたよ!誉めて!」と得意げに訴えているのかもしれませんよ。

4.飼い主さんが大好き!

女性の顔を舐める犬

まちがいないのは、お出迎えは愛犬からのピュアな愛情表現だということです。飼い主さんが大好きだからこそ、帰ってきたことが嬉しい。大好きだからこそ、早く一緒に遊びたい。大好きだからこそ誉めてほしいのです。そして、お出迎えをすると大好きな飼い主さんが喜んでくれることを知っているからこそ、飼い主さんを喜ばせるために大歓迎でお出迎えしてくれるのです。

お出迎えしてくれなくても心配無用

寝ている子犬

一方で、「うちの子は帰宅しても全然お出迎えしてくれないし、喜んでもくれない。もしかして、私のことが嫌いなのかしら?」と悩んでいる飼い主さんもいるかもしれません。ですが、たとえ愛犬が大歓迎してくれなくても、悲観する必要はありません。

こういった態度をとるわんこは、「この人が自分のところに帰ってきてくれるのは当たり前だから、いちいち喜ぶ必要はないや」とクールに考えているのかもしれないからです。つまり、歓迎がないのは、愛犬があなたのことを深く信頼している証である可能性が高いのです。

クールな性格や、ツンデレな性格は犬種差や個体差が大きく影響するところ。帰宅を歓迎してくれなかったとしても、他のところで愛犬との絆を確信できているのであれば、全く問題はありません。

まとめ

玄関で待つ犬

いかがでしたでしょうか?愛犬からの激しいおかえり攻撃を受けるのは、わんこと暮らすうえでの醍醐味でもありますよね。愛犬がどんな気持ちでお出迎えしてくれているのかを考えてみると、ますます愛犬がいとおしくなりませんか?

今日は仕事や用事を早く切り上げて、いとしいあの子が首を長くして待っている自宅へ急いで帰りましょう!おみやげなんていりません。あなたが帰ってくることが、わんこにとっては一番のおみやげなのですから。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。