昨日まで元気だったのに…犬の元気が急になくなる理由6選

【獣医師監修】昨日まで元気だったのに…犬の元気が急になくなる理由6選

「愛犬の元気が急になくなった」そういった時はとても心配になりますよね。犬の元気がいきなりくなってしまう時は『何かしらの変化』『ケガ』『病気』など、様々なことが原因となっていることが考えられます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬の元気が急になくなるのはなぜ?

1.気候の変化

暑そうに舌を出している犬

犬は人間よりも体温の調節をするのが苦手なので、温度の変化によって急に元気がなくなるときがあります。犬は人間よりも体温が高く全身がふわふわの毛で覆われているため、特に気温が高い日になるといきなり調子を崩してしまう子が多いようです。

気温や湿度が高いことで愛犬の元気がない場合は、『夏バテ』『熱中症』などによることが多いので、これからの暑い季節は要注意といえます。

また、気圧の変化によっても、体調を崩したり元気がなくなってしまったりすることがあるようです。犬にかかわらず人間も雨などによる気圧の変化によって、『頭痛』『目まい』『だるさ』『関節が痛い』など、様々な症状に悩まされることがありますよね?

犬も同じように雨の日や台風の日といった気圧が変化しやすい日になると、元気がなくなってしまうことが少なからずある場合もあるのです。例えば、私の愛犬は雨の日になると食欲がいつもの半分以下になってしまいます。

犬は私たちよりも気候や気圧の変化に敏感な生き物といえるので、より影響を受けやすいのかもしれませんね。

2.環境の変化

引っ越しの準備をする夫婦と元気のない犬

犬はいきなり環境が変化したときにも、元気がなくなってしまうことがあるそうです。例えば、引っ越しや部屋の模様替え、新しく動物や家族を迎えるなど、今までの環境がガラッと変わってしまうと戸惑ったり混乱したりして元気がなくなる場合があります。
そういうときは、犬が環境の変化に慣れるまで、そっとしておいてあげるといいかもしれません。

3. 気持ちが落ち込んでいる

犬も人間と同じように、なぜか気持ちが落ち込んでしまう日があります。わんちゃんの言葉がわからないのでなんともいえない部分はありますが、飼い主に叱られた、散歩に連れて行ってもらえない、といった場合に犬は気分が落ちこんで元気がなくなりやすいですが、特に何の理由がなくても落ち込んでしまうという日も少なからずあるみたいですよ。

そういった場合は、しばらくするといつもどおりの元気な姿を見せてくれるようになるので、気が済むまで自分の時間をつくってあげることをおススメします。

4.体を痛めている

前脚に包帯を巻いている犬

急に犬の元気がなくなってしまったときは、ケガや体を痛めている可能性も考えられます。犬は弱っている自分の姿を周りに見せないという習性があるので、ケガをしたときにジッと痛みを我慢することが多いようです。

体を痛めているときはなるべく体に負担をかけないように、静かに丸まって寝ていたり、ケガをかばうようにゆっくり歩いたりする傾向にあります。

ちなみに、ケガや体を痛めている場合は、触ろうとすると吠えたり怒ったり、噛みつこうとすることが場合があります。元気がない愛犬を触ろうとしたときに攻撃的な行動をすることがありましたら、ケガや体の異常、病気を疑った方がいいかもしれません。

5.誤飲・誤食

誤飲・誤食も犬の元気が急になくなったときに考えられる原因の1つとなります。オモチャのかけらやクッションの綿、保冷剤や化粧品といった食べてはいけないものを、犬はふとしたときにパクっと食べてしまうことがあります。

その結果、体に異常が起こってしまい元気がなくなってしまうことがよくあります。誤飲・誤食は詰まる場所によっては腸閉塞や呼吸困難などを起こすこともありが多く、とても危険なものとなります。

また、チョコレートやブドウ、タバコといった犬が中毒を起こすものを食べてしまった場合、食道や腸に詰まることはなかったとしても命を亡くしてしまう可能性があります。

誤飲・誤食や中毒はすぐに対処する必要がありますので、元気のない愛犬の周りを見て「何か食べたのかも」と感じた場合は、すぐに病院に連れて行くようにしてあげましょう。

6.病気

病院で獣医師の治療を受ける犬

昨日までは元気だった愛犬がしんどそうに眠っている、そんな場合は病気の可能性も考えられます。急におこる病気もありますが、元々発症していた持病が急に悪化したり、飼い主が気づいてあげられなかった愛犬の病気が急変したりすることで、いきなり体調が悪くなってしまうこともあります。

また、病気が理由で目に見えて愛犬の元気がなくなっている場合は、すでに病気の症状が悪化している可能性があります。ですので、愛犬の元気が急になくなったときに原因がハッキリ分からない場合は、念のために病院に連れて行って診察してもらうことをおススメします。

まとめ

何かを見つめている可愛いヨーキー

犬は様々な理由で急に元気がなくなってしまうことがあります。元気がなくあまり動きたがらないときは、危険な状態になっている場合もありますので注意が必要となります。

特に食欲がない、オシッコやウンチを全然していない、ぐったりしているなどといった症状が出ているときは、体に異常がある可能性が高いので早めに病院に連れて行ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。