犬の花粉症は皮膚に出る!主な症状と対策法

【獣医師監修】犬の花粉症は皮膚に出る!主な症状と対策法

あまり知られていませんが、実は犬にも花粉症があります。どんな症状なの?原因となるものは?飼い犬が花粉症なったら、飼い主はどうすればいいの?など、犬の花粉症の対策をまとめました。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の花粉症

犬

犬の花粉症はくしゃみ鼻水鼻づまりかゆみなどの症状が出て、人と同じようにかかります。

犬の花粉症が初めて確認されたのは1995年のアメリカで、発見されたときブタクサ科が原因だったとか。医療がこれだけ進んでいるのに、「犬の花粉症が注目され始めたのは案外最近だな」という印象を受けませんか?実は、飼い主さんの44パーセントが、飼い犬の花粉症に気づいていないという資料があるんです。

調べによると、スギ花粉による花粉症患者さんは20年前に比べるとなんと「2倍」にもなると報告されています。原因はスギがたくさん植えられつづけ、人の免疫が落ちてきている、とさまざまです。現代病とも呼ばれるこの花粉症は、人とともに暮らす犬にもかかることが気になります。

犬の花粉症の症状

花の匂いを嗅ぐ犬

犬の花粉症は実はそれほど珍しいものではなく、皮膚症状が主流になってきます。私たち人間の場合は、花粉アレルギーによるくしゃみなどの呼吸器症状が特徴ですが、犬の花粉症の症状を以下の項目にあげます。

犬の花粉症の症状

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目や耳のかゆみ(体を壁や床にこすりつける、顔を掻きむしる)
  • 涙が出る
  • 目やに
  • 目の充血
  • 色素沈着
  • 外耳炎
  • 発疹

くしゃみや鼻水のほかに、かゆみから犬は顔を掻きむしるため、眼の周りの毛が抜け、同じく眼の周りの皮膚がただれたように赤くなることも。酷くなると皮膚に炎症が出る場合もあります。

特に犬の花粉症は皮膚のかゆみ、炎症を発症するケースがほとんどだと言われています。お散歩から帰って、しきりに身体をかいたり、噛んだりするようなら要注意です。

犬の花粉症の対策

犬

犬が花粉症にならないように対策、予防策をいくつかご紹介します。すでに花粉症と診断されている場合でも、この対策を行う事で少しは症状が緩和されるでしょう。

犬と散歩時の注意

草むらや花を避ける

犬の散歩の時、草むらや花を避けて散歩時に注意を払う必要があります。まずは散歩をしている最中に草むらに入る事を避けるようにしましょう。草むらに入れば、当たり前ですが花粉が体中に付いてしまいます。花粉をなるべく犬から遠ざけることが大切です。

花粉が多く飛ぶ時間帯を避ける

花粉が多く飛ぶ時間帯を避けて犬と散歩に行くという事も重要です。原因となる花粉が、多く舞う早朝などの時間帯は、散歩に出ることを避けます。路上に咲いている花や公園に植えられている花からも、花粉が飛散しています。なるべく近寄らず、花の匂いを嗅がせないようにする事で、花粉症を予防する事ができます。

花粉が多く飛んでいる時間は、一概にこの時間帯とは言えなく、各地域によって変わるため、インターネットなどで各自確認する必要があります。また地域だけでなく、その日の天候などによっても犬の症状は左右される事がありますので、なるべく確認しておくようにしましょう。

犬に服を着せる

犬の散歩の時に服を着せるというのも有効な手段です。最近では、犬に花粉を付着させない効果のある犬用の服も販売されていますので、既に花粉症になってしまったという子の場合には、そちらを着せるのも良いでしょう。

花粉がつきにくく、ツルツルした素材の服を犬に身につけさせることも効果的です。花粉の多い日は服を着せると良いでしょう。

犬の身体や足を拭き花粉の侵入をブロック

犬と散歩から帰宅した際に、タオルなどで被毛をサッと拭くか、丁寧にブラッシングをして、犬の身体や足についた花粉を払ってください。飼い主さんの頭髪や衣類も忘れずにしましょう。花粉は室内より外に多く舞っています。

人間の場合は家に入る前に服に付いた花粉をはたき落とすなどの方法がありますが、犬の場合は丁寧に拭いてあげる事で普段からの予防にも繋がります。

その他

犬とお散歩のときの花粉症グッズとしては、花粉防止スプレーが犬用と人用どちらも販売されていますからチェックしてみてください。そして、犬にこまめなシャンプーも大切です。

花粉を犬の皮膚につけないように、と思っても完全には難しいものです。お家に着いたら、保湿系の刺激性の弱いシャンプーで優しく洗ってあげましょう。とくに手足に花粉がつきやすいので、念入りにしましょう。

犬と室内での過ごし方対策

空気清浄機

犬の花粉症の、お家の中でできる対策のひとつとして、空気清浄機の設置があります。花粉モードのついたものは、より多くの花粉を除去してくれます。しかし室内で飼われていることの多い小型犬などは、往々にして空気清浄機より目線が低く、床の近いところに顔があるものです。

空気清浄機は優秀ですが、床に落ちてしまった花粉については威力を発揮しにくいため、犬には効果が薄くなってしまうこともあります。そこで、より効果的な空気清浄機の使い方を調べてみました。

  • 壁ぎわに置く
  • 扇風機をセットで使う

これはどちらも、空気清浄機のきれいな空気を循環させやすくするためで効果的です。

濡れたフキンで床掃除

犬の花粉症のお家の中でできる対策として、濡れたフキンを室内で床掃除することがあげられます。ふき取ったあとはフキンを手洗いしましょう。掃除機だとせっかく吸った花粉を、通り抜けないものもありますが、フィルターからまた排出してしまうためです。

犬の花粉症の原因

フレンチブルドッグ

犬の花粉症の原因として、スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、カモガヤ、ハルガヤなど、およそ50種類の花粉が原因となってアレルギー症状を起こします。

まず知っておきたいのは、犬の皮膚は人よりも薄く、デリケートにできていることです。犬の全身の皮膚はデリケートなので、花粉によって体のあちこちが痒くなるのも納得です。同じくノミ、ダニにも注意ですね。

また、犬は嗅覚を大きな頼りにして生きる動物です。わずかなニオイを嗅いで、対象の物体がなんであるかを確かめるため、犬は人よりも口や鼻から入ってくる物に対して免疫が少ないのも原因の一つです。

花粉症になりやすい犬種

人と同様、花粉アレルギーを起こす犬と起こさない犬がいます。これは犬が生まれつき皮膚が他と比べて弱く、素因となる遺伝子の有無などさまざまな原因があります。花粉症になりやすいといわれる犬種を以下にあげます。

  • 柴犬
  • シーズー
  • マルチーズ
  • フレンチブルドッグ
  • ダックスフント
  • ビーグル
  • プードル
  • キャバリア
  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリーバー

犬の花粉症の注意

体を拭かれる犬

犬の様子を注意してみる

もし犬に花粉症項目の症状が現れたら、まずは病院などで診断してもらいましょう。花粉によるアレルギーなのか、ノミやダニよるものなのかは調べてみないとわかりません。別の病気の可能性もあります。注意が必要です。

たかが花粉症とあなどると、犬の体のかゆみがつづいて精神状態を悪くします。一日中体がかゆければ、眠ることもままなりません。そうなると犬もイライラして、言うことを聞かなくなり、飼い主さんに噛みつくこともあります。お互いのためにも、早めに気づいてあげることが大切です。

動物病院では犬が血液検査で、花粉アレルギーと判断された場合、多くは薬物療法で対処します。人にはヒスタミンが効きますが、犬にはあまり効かず、ステロイドを使うことが多いとのことです。犬にステロイドを使用する際は、長期間の使用で副作用が出やすい薬なので、なるべく短期間の使用に留めることをおすすめします。

果物や野菜を上げるときの注意

花粉アレルギーのある犬は、果物や野菜に対してアレルギー反応を起こしやすい特徴があります。これは人も同じで、花粉症と果物アレルギーの関連は、いま注目を集めています。

花粉症の原因と同じ科の植物(イネ科やスギ科の植物など)に反応することを交差反応といいます 。では、具体的にどんな果物や野菜に注意が必要なのでしょうか。

まとめると、リンゴ、ナシ、モモ、柿、サクランボ、バナナ、ピーマン、にんじん、梅、大豆、クルミ、アーモンド…調べる限り、ほとんどの身近な果物や野菜がNGとなっていました。

犬が花粉症にかかり、花粉アレルギーがあるときは、野菜や果物は与えないほうが賢明かもしれません。どうしてもという場合は、かかりつけの獣医さんに相談してみてからにしましょう。

まとめ

犬

ここまで犬の花粉症についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

うちの犬にも当てはまるかも…と思われた方もいらっしゃるかもしれませんし、また、以前犬を飼われていた方も、あれは花粉症状だったのかも…と時間を置いて気づかれたかもしれません。

犬の花粉症くらい、と思われていた方、皮膚の弱い犬にとっては、くしゃみや鼻水以外に、想像以上にかゆみがつらいことをお分かりいただけたでしょうか。また、これから犬を飼う予定のある方は、犬の花粉症のことを是非念頭に置いてみてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ひまり

    人間同様、犬にも花粉症てあるんですね。私も気がつかないかもしれません。たまにくしゃみするのも花粉症なのかな?と思ってしまいますが、判断が難しいですよね。でも、たしかに鼻は人間よりも嗅覚が優れていますし、目の周りも敏感なのでワンちゃんも花粉症になりやすい条件が揃っている気がします。
  • 投稿者

    30代 女性 優良

    我が家のわんちゃんはみんな花粉症ではないようで全くそのような症状がないので、あまり知らなかったですし調べたりもしてなかったので詳しく知らなかったのですが、今回この記事を読んでみて、わんちゃんので花粉症のこわさや、皮膚や目などに症状が現れることを知り少し人間とは症状の出方が違うんだなぁと思ったりしてとても勉強になりました。
  • 投稿者

    40代 女性 きづな

    犬の花粉症が皮膚に出るなんて初めて聞きました。人間の場合、花や目に出るのが一般的ですが、皮膚に出るなんて聞いたこともないからですね。また、犬も花粉にアレルギー反応を起こすこともあるんですね。我が家の犬には今の所そういった症状が出る事はありませんが、空気管理はしていきたいですね。
  • 投稿者

    女性 emi

    我が家も春と秋の花粉症には毎年悩まされているので、人間用の対策はしてきましたが、
    愛犬がシニアになってからは、花粉の時期に散歩から帰宅すると、愛犬もくしゃみをしたり、
    涙が多くなって目が充血をしたりという症状がみられるようになったので、
    「愛犬も花粉症?」と疑っていました。

    犬の花粉症が皮膚に症状が出るのですね。初めて知りました。
    洋服を着せたり、毎日のブラッシングをしたりと予防はかかせませんね!
    愛犬用の花粉予防のスプレーも探してみます。

    よく晴れて気温が高い日や、雨の日の翌日、風が強い日などは
    特に花粉が多く飛散するので、できるだけ花粉の少ない時間帯に
    お散歩に出かけるよう心掛けて、気を付けてあげたいですね!
  • 投稿者

    40代 女性 グーグルぽち

    そろそろ花粉症の季節なのですが、わたしは花粉症になったことがないため、犬に花粉症があることに驚きです。もしかしたら愛犬の花粉症に気づいていないひとりなのかもしれないと思い、記事を読みました。
    まず愛犬は花粉症に注意な食べ物であるりんご、バナナ、ピーマン、にんじんが大好きです。
    調べてみたら、その他にもトマト、じゃがいも、セロリまでも...食生活を考えさせられます。

    近頃では花粉予防に保護パウダーを使用する飼い主さんもいるそうです。
    地肌の上に1枚薄い層を作ることで、花粉などのアレルゲンの侵入を防ぐ役割をしてくれます。散歩前にパウダーを付けて保護し、帰ってきたらパウダーを濡れタオルで拭いたり、シャワーで洗い落としてあげてください。洋服では保護ができない目の周辺や足の裏にいいですね。
    愛犬の大好きな散歩などは避けれないので、まずは毎日のケアから初めてみたいと思います。
  • 投稿者

    女性 colo

    犬にも花粉症があるのは知っていましたが、症状まではよく知りませんでした。目の充血やくしゃみ鼻水といった症状がでるものだとばかり思っていたので、我が家の愛犬は大丈夫だろうと深く考えていませんでした。時期になったら皮膚の状態もよく見ておこうと思います。
    愛犬は長毛なので皮膚の症状は気が付きにくいです。痒がる素振りが出た場合は皮膚だけでなく耳や顔周りもチェックするようですね。

    花粉は犬の被毛につきやすいんですよね。以前菜の花畑を散歩した時、帰宅後妙に愛犬の頭や背中がベタベタとしていたので、砂埃かと思い濡れたタオルで拭いた所、白いタオルが一気に黄色くなりました。明らかに花粉でした。この時期のお散歩やお出かけの時は、なるべくツルツルした素材の服を着せることで対策になりますが、暑い日は蒸れてしまいそうなので、お腹周りくらいはメッシュ素材の方がいいですね。

    腸内環境を整えることでもアレルギーを改善することができるそうです。善玉菌を増やし、アレルギーに強い体を作ってあげるのも飼い主の役割ですね。乳酸菌、オリゴ糖など積極的に食事に加えるといいと思います。
    皮膚の状態を良好にする不飽和脂肪酸も有効的です。
  • 投稿者

    女性 ユッコ

    犬にも花粉症があるなんて、ビックリです!実は私自身、毎年花粉症で苦しんでいます・・・。朝起きた時から既に目がしょぼしょぼ、鼻水グズグズで一日が始まります。通勤途中も本当に苦しいです。マスクは必需品です!花粉症ではない人たちが本当に羨ましい!と思いながら、花粉の季節が去るのを待っています。我が家の愛犬にはまだ花粉症という症状は無いとは思っていますが、家に入る前は自分が着ているものを叩いたり、コロコロをかけたりして家の中に花粉が入らないようにしています。犬の花粉症は皮膚に出るのですね・・・。それもすごくイヤな症状だと思いました。痒いというのはあらゆる症状の中でも上位に入る嫌な症状ですよね!また、犬はそれを言葉に出して言えないので、ストレスは人間以上だと思います。花粉の時期は要注意ですね。
  • 投稿者

    40代 女性 いちご

    犬の花粉症は皮膚に出やすいんですね!知りませんでした!!私も花粉症なんですが、春先に犬がくしゃみをしていることがあって「あなたも花粉症なのかしら~」なんてのんきに言っていたことがあるのですが、次の春は皮膚や耳などに症状が出ていないかチェックしておこうと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 はる

    わたしは花粉症で鼻水がとても出るので、犬ももし花粉症になったら鼻水がすごい出るんだろうなあなんて呑気に考えていました(笑)皮膚に出るとは知らなかったです。うちはわたしも花粉症なので愛犬は散歩から帰ったらブラッシングをしたりとケアをしていますが、服を着せるのも検討したほうがいいのかも…なんて思いました。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    うちのワンコはひどい花粉アレルギーです。他にもハウスダストと食物アレルギーもあり、症状は脚4本を舐めまくり目周りは涙でビショビショになり耳も外耳炎になりやすいです。
    今はアレルギーに理解のある獣医さんに出会い抗アレルギー剤を処方してもらっていますが舐める行為は完全には止まりません。ただ舐めた箇所を悪化させないように保湿剤を塗ったり脚を洗ったりして少しはいいかなといった感じです。
    以前通っていた動物病院はアレルギー検査に否定的で検査費が高い割に検査をしても大して意味がないといわれ続け、痒み止めから始まりステロイドに精神安定剤、療法食と色々試され最後はアトピーではないのでエリザベスカラーをつけて強制的に脚を舐められないようにして下さいと言われ病院を変えました。アレルギー検査をして原因がわかっても症状が簡単に改善されないかもしれないですが原因もわからず強い薬を飲ませる事はできれば回避したかったです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。