犬のおねしょは病気のサイン!その原因と対策とは

犬のおねしょは病気のサイン!その原因と対策とは

お気に入りに追加

ちゃんとトイレトレーニングした犬が、おねしょをするようになった。こんな時は、病気が原因かもしれません。病気は治療するとして、おねしょが続くと飼い主としても大変ですよね。この記事では、犬のおねしょの原因や病気、おねしょの対策までご紹介します。

911view

犬のおねしょの原因

258271821 おもらししてしょんぼりする犬

犬がおねしょをしてしまう原因は、特に老犬の場合、糖尿病などの病気が考えられます。いつもはきちんと犬用トイレでおしっこをしている子が、急にトイレ以外の場所でおもらししてしまったり、寝ている間に布団でおねしょをしたりするのは、何らかの病気が原因であることが疑われます。

きちんとトイレトレーニングができている犬でも、時には失敗することがあるので、一度や二度なら心配することはありません。でも、回数が頻繁な場合や、寝ている間におしっこをジャーっと漏らす場合は、動物病院で診察を受けましょう。

犬がおねしょをする原因となる病気について、以下に説明します。

犬のおねしょは病気のサイン

190093570 水を飲む犬

糖尿病

糖尿病のせいで、犬が大量に水を飲むようになり、それが原因でおねしょをすることがあります。糖尿病になると、食べた物がうまく体に取り込まれず、満腹感を得られなくなります。

そのため、犬はたくさんの食べ物を要求するようになり、糖分を尿と一緒に排出します。尿で排出するためには、たくさんの水も必要なので、水を飲む量が増え、それに伴っておしっこの回数も増えます。

おしっこの回数が増えるあまり、犬がおねしょをするようになる場合があるので、多飲多尿になったら、早めに動物病院で診察を受けることをお勧めします。

腎臓病

多飲多尿といえば、まず疑われるのは、腎臓の病気です。老犬に多い病気ですが、大けがをしたあとにも、腎臓にダメージを受けることもあります。

特に、慢性の腎臓病になると、犬はとてもたくさんの水を飲むようになります。最初は喉が渇いているだけかな?と思うかもしれませんが、この状態がずっと続くようなら、腎臓病の可能性が高いです。

おしっこの回数もぐっと増えますので、トイレを失敗したり、おねしょをしてしまったりすることもあります。愛犬がおねしょをするようになったら、水を飲む量をチェックしてみてください。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと犬のおねしょは関係ないように思えますが、ヘルニアによる神経のマヒが原因で、排尿がコントロールできなくなる場合があります。

神経のマヒで、下半身に力が入らなくなり、その結果尿もれやおねしょをするようになります。

クッシング症候群

主に老犬に多い病気です。クッシング症候群は、ホルモンの異常を引き起こし、多飲多尿になります。膀胱にためておける量をオーバーしてしまい、おねしょの原因になります。

避妊・去勢手術の後遺症

病気ではありませんが、避妊・去勢手術の後遺症として、おねしょや尿もれが起きることがあります。きちんとトイレトレーニングができていた犬が、なぜか頻繁にトイレを失敗したり、おねしょをしたりする場合、手術の後遺症が疑われます。

若い犬が急におねしょをするような場合は、手術の後遺症かもしれません。

犬のおねしょ対策

117267181 おむつをはいて横たわる犬

犬がおねしょをする原因が病気の場合、適切な治療を受けるのが前提ですが、家でできるおねしょ対策をいくつか紹介します。

洗えるシーツ

犬がよくおねしょをする場所に、洗えるシーツを敷きます。犬が寝るのが犬用ベッドであれ、ソファや人間のベッドであれ、汚れるたびに洗うのは困難ですよね。特に犬用ベッドや、リビングに置いたソファなどは、洗濯自体できないものです。

そこで、ソファやベッドをカバーするために、洗えるシーツを敷きます。そうすれば、汚れるたびに洗えますし、替えを用意しておけば、常にシーツでカバーしておくことができます。

ペットシートを敷くこともできますが、お漏らしの範囲が広いときは、シーツのほうが便利かもしれません。

おねしょシーツ

汚れたシーツを洗うのが面倒という方には、おねしょシーツをお勧めします。防水加工がされていますので、普通のシーツよりずっと扱いやすいです。

特にペット用でなくても、人間用のおねしょシーツを使うことができます。介護用品として販売されていますので、ホームセンターやネットショップで購入できます。自宅で洗濯でき、繰り返し使うことができます。

水のいらないペット用シャンプー

おねしょをすると、犬自身の体も汚れてしまいます。毎回シャンプーするのは、特に老犬にとっては負担になりますので、スプレータイプのシャンプーをお勧めします。

汚れた部分にスプレーして拭きとってあげるだけで、ニオイも消えますし、清潔を保つことができます。

犬用おむつ

犬のおねしょ対策として、おむつをはかせるのも1つの方法です。犬用のおむつが、各サイズ販売されていますので、小型犬から大型犬まで使うことができます。

ただ、最初は犬がおむつをいやがることが多いです。犬は決まった場所で排泄する生き物なので、おむつの中でおしっこをするのに抵抗を感じます。寝たきりの老犬なら、あまり気にしないかもしれませんが、まだ歩ける状態だと、おむつをいやがって、嚙みちぎろうとする場合もあります。

そのため、お漏らししそうな時にはかせて、汚れたらすぐに取り替えるなど、最初は短時間から慣らしていきましょう。おむつのいいところは、犬の体が汚れないこと、床なども汚れないことです。

小型犬ならば、人間の赤ちゃん用のおむつに尻尾の穴を空けて使うこともできます。おむつに慣れてくれれば、お世話も楽になりますので、上手に活用したいところです。

まとめ

103164637 眠るチワワ

犬がおねしょをするようになったら、困ったなと思うのが、飼い主の正直な感想かもしれません。でも、病気が原因であることも多いので、おねしょが続くようなら、必ず動物病院で診察を受けてください。

治療が効いておねしょが止まればいいですが、特に老犬の場合には排泄のコントロールができず、人間と同じように下の世話も必要になってきます。そんなときは、おねしょシーツやおむつを上手に使って、犬も人間も負担が少ない方法を見つけたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。