犬が危険なときに見せる『助けてサイン』4選

犬が危険なときに見せる『助けてサイン』4選

この記事では「犬が危険なときに見せる『助けてサイン』」をテーマに、犬が身に危険を感じたときにどのようなサインを飼い主さんに出すのかをいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

危険なときに見せる助けてサイン1:身を隠す

手提げカバンの中に隠れている犬

大きな音や見知らぬ人が来たときなど犬が突然の出来事に驚いてしまった際に、自分のケージの中やベッドのような大きな家具の下、もしくは飼い主の背後に隠れた場合、それは犬からの助けてほしいサインです。

犬は野生で暮らしてしていたときに自分で穴を掘って何かあったときに身を隠していました。そのため、何かに驚いてしまったときに隠れられるように最低でも1つぐらい飼い主さんが犬用シェルターのようなものを用意してあげると犬も身に危険を感じたときに安心して隠れられると思います。

危険なときに見せる助けてサイン2:信頼している人のそばに行く

飼い主の足元にいて辺りを警戒している犬

犬は群れで暮らしていたときにお互いが辺りを警戒していて、何か起こったときに助け合って暮らしていました。そのためその名残りから、何か身に危険を感じた際に仲間である飼い主さんのそばに来る場合もあります。犬が助けてほしいから来るというのは飼い主さんのことを信頼しているからです。

危険なときに見せる助けてサイン3:必要以上に吠え続ける

青空の下で吠えている犬

犬は様々な状況で吠える動物です。その中でもインターホンが鳴ったときや、電話が鳴ったとき、知らない人が来たときに吠える犬はその出来事に驚いて怖がっています。

長い間吠え続けている場合、犬は怖いと思う対象が自分の前からなくならないことにどうして良いか分からず吠え続けてしまいます。飼い主さんのことを確認している上で吠え続けているのであるならば、犬が飼い主さんを守ろうとしています。もしくは飼い主さんに助けてほしいとサインを間接的に出しているのかもしれません。

危険なときに見せる助けてサイン4:落ち着きがなくなる

掃除機に驚いて逃げている犬

大きな花火があがったときなど犬が落ち着きがなくなってしまい家の中を歩き回って落ち着きがなくなったとき、犬は危険を感じていてどうにかしてほしいと思っているのかもしれません。

もし落ち着きがなくなった際に失禁をしてしまったら犬は助けてほしいとサインを送っています。その場合は犬が怖いと感じているものからなるべく遠ざけるなどして愛犬を早めに安心させてあげてください。

まとめ

どこか寂しそうな白黒背景の犬

いかがでしたでしょうか?

犬が危険なときに見せる『助けてサイン』の例として、

  • 身を隠す
  • 信頼している人のそばに行く
  • 必要以上に吠え続ける
  • 落ち着きがなくなる

の4つを紹介しました。

犬の性格によって危険なときに見せるサインは違います。

しかしいずれにしても普段とは異なる動きや仕草をするので、愛犬の様子がおかしいと思ったらどうしてなのか一旦確認してあげてください。飼い主さんは平気と思っていても犬にとっては怖いと感じてしまう場合もあります。

犬が助けてほしいと思ったときに飼い主さんが安心させてあげるとより信頼され絆も深くなると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。