コレステロールが高い犬の症状や病気!リスクから下げる方法まで

【獣医師監修】コレステロールが高い犬の症状や病気!リスクから下げる方法まで

お気に入りに追加

「コレステロール」とはそもそも何なのか、ワンちゃんのコレステロール値が高くなると現れる症状やリスク、コレステロール値を正常化する方法などについてまとめました。

1229view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

まずは「コレステロール」とは何なのかについて見ていきましょう。

コレステロールについて

バインダーと鉛筆

「コレステロール」とは脳や神経組織、臓器、血液中、筋肉などあらゆる部分に含まれる、脂質の一つのことです。

コレステロールは肉や魚の内臓、魚卵、卵などの動物性食品に多く含まれています。

中性脂肪とは違うの?

コレステロールも中性脂肪も脂質の1種ですが、役割に違いがあります。

コレステロールは細胞ホルモン、胆汁などを構成する材料という役割があります。

一方の中性脂肪は言わばエネルギーの貯金のようなもので、「貯蓄脂質」と言われています。体の中に蓄えておくことで、いざという時のエネルギー源としたり、体温を保ったり、外からの衝撃から内臓を守ったりする役割があります。体脂肪の元となるのはこの中性脂肪なのです。

コレステロールの役割り

コレステロールは細胞膜を構成する重要な物質です。そして、性ホルモンや副腎皮質ホルモンなどのステロイドホルモン、胆汁酸、ビタミンDの原料となる物質でもあり、生命維持に欠かせない物質なのです。

コレステロールには善玉と悪玉がある

コレステロールには善玉とされる「HDL」と、悪玉とされる「LDL」があります。

「HDL」は余ったコレステロールを回収し肝臓に運ぶ働きがあり、「LDL」は肝臓からコレステロールを体のあちこちに運ぶ働きがあります。

この2つのバランスが取れていることが健康的であると言われています。

コレステロールが不足すると?

コレステロールが不足すると、細胞膜や血管がもろくなったり、免疫力の低下などがみられやすくなります。現代の食事ではコレステロールが欠乏することはあまり心配なく、逆にコレステロール過多に注意した方が良いでしょう。

コレステロールが多すぎると?

善玉である「HDLコレステロール」が減り、悪玉である「LDLコレステロール」が増えてバランスが崩れると、人では血管壁にコレステロールが溜まり続けてしまいます。そうすると血液が流れる道がどんどん塞がってきてしまい、動脈硬化や虚血性心疾患、脳梗塞などのリスクが高まります。

犬にとってのコレステロール

ご飯の前に食べる犬

犬の主な食事は動物性の食品ですので、コレステロールは犬にとって最も重要なエネルギー源です。犬は人間よりも体温が2℃ほど高いので、人間よりもコレステロールが体内で固まりにくい体質をしています。

犬の高脂血症

血液中の中性脂肪と総コレステロールの両方または一方が異常に高い数値になっている状態のことを「高脂血症」と呼びます。

高脂血症の原因

高脂血症には、遺伝や原因不明で発症する「原発性高脂血症」と、糖尿病や甲状腺機能低下症などの他の病気が原因で発症する「続発性高脂血症」があります。
また、運動不足やおやつの食べ過ぎ、バランスの悪いフードなどによっても発症します。

検査方法は?

12時間以上絶食をした後に血液検査を行います。なぜ絶食をするのかというと、食後にコレステロール値が上がるのは正常であるからです。絶食をしているにも関わらずコレステロール値が高い場合、高脂血症と診断されます。

ただ、近年では食後の中性脂肪値の急上昇である「食後高脂血症」も問題視されています。

高脂血症になりやすい犬種

  • ミニチュアシュナウザー
  • シェットランドシープドッグ
  • ドーベルマンピンシャー
  • ロットワイラー

以上の犬種は高脂血症になりやすい犬種と言われています。特にミニチュア・シュナウザーは遺伝的に高脂血症になりやすいと言われていますので、定期的な健康診断を受けると安心です。

以上の犬種以外でも、クッシング症候群、糖尿病、甲状腺機能低下症、ステロイドを投薬中のワンちゃんは高脂血症に発展しないように注意が必要です。

コレステロールが高い犬の特徴

触診される犬

コレステロール値が高くなると、以下のような症状や併発疾患が現れます。

  • 食欲がなくなる
  • 下痢や嘔吐
  • 腹痛
  • 発作
  • ブドウ膜炎
  • 膵炎
  • 肝臓の疾患

などがありますが、これといった症状が分かり辛いことも多くなかなか普段気づくことは難しいかもしれません。
高脂血症は血液検査や他の病気の検査の際に発見されることがほとんどなので、早期発見のために定期的な健康診断が推奨されています。

コレステロール値を正常化するには?

ジョギングする犬

人間の治療と違い、犬の場合は食事の見直しや運動を行って様子をみることが多いです。

  • ストレスを減らすこと
  • 適度な運動
  • バランスの取れた食事(低脂肪、食物繊維)
  • ビタミン剤やコエンザイムQ10などの抗酸化物質を取り入れる

以上がコレステロール値を正常に保つ方法です。
病気が原因の場合は、その病気の治療を行います。また人の食べ物やおやつを与えすぎてる場合も控えましょう。

療法食を取り入れる

高脂血症と診断されると、動物病院で療法食を処方されることもあります。
高脂血症の場合の療法食は、食物繊維が多く低脂肪なものです。療法食は獣医師の処方で取り入れることが重要なので、個人の判断で購入するのは控えましょう。

それでも改善されない場合に、抗脂質作用のある薬の投薬を行います。

まとめ

女医と犬

コレステロールは生きる上で必要な成分ですが、その数値が高くなりすぎると人では動脈硬化や虚血性心疾患、脳梗塞などのリスクが高まってしまいます。わんちゃんにとってもあまり好ましくない状態です。ミニチュア・シュナウザーは特に高脂血症になりやすい犬種なので、定期的な検査をして体調管理してあげると安心です。

コレステロール値は血液検査でチェックすることができます。もしコレステロール値が高くなってしまっていたら、毎日の適度な運動やごはんの内容で適正に管理してあげることができますので頑張っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。