犬が人から敵意を感じたときの行動5つ

犬が人から敵意を感じたときの行動5つ

お気に入りに追加

愛犬の様子に変化が見られたとき、日頃から一緒に過ごしている飼い主の多くが「あれ?なんか違う」と感じます。状況によっては人から敵意を感じてしまい、緊張しているのかもしれません。今回は犬が人から敵意を感じたときの行動をご紹介します。

1997view

犬が人から敵意を感じたときの行動

フードを被ったチワワ

犬の何気ない仕草には様々な感情や理由が隠されています。仕草の理由を少しでも理解してあげることができれば、自分なりに正しい飼い主としての行動を選択することができます。今回は犬が人から敵意を感じているときに起こす行動や仕草をご紹介していきます。このような行動が見られたなら、愛犬を落ち着かせるような行動を取ってあげましょう。

1.鼻や口を必要以上に舐め回す

自分の鼻を舐める柴犬

犬が自分の鼻や口の周りを執拗にペロペロと舐める行動は緊張や不安の表れです。様々な要因が考えられますが、人をじっと見つめた状態でこのような行動を取る場合は、その人に対し何らかの原因で不安を感じている可能性が高いです。

不安を感じている理由の1つに、その人から自分に対して敵意を感じたという理由が挙げられます。「そんなことはないのに…」と思うかもしれませんが、犬の敵意を示すときのカーミングシグナルを無意識の内に行ってしまったのかもしれません。

他にも様々な要因で「僕に敵意を向けている」と勘違いされてしまうこともあります。完全にこの勘違いを防ぐことは難しいため、「怒ってないよ」「大丈夫だよ」といったアフターケアが重要です。

2.相手のことをじーっと注視する

こちらをじっと見る犬

犬にとって相手をじっと見つめるという行為には様々な理由があります。何もない方向を見ている、あるいは遠くの方を見ている時は何か興味を引くものがあることが多いです。

人のことをじっと見つめる時は2つの理由が考えられます。1つは警戒心を持っているとき、もう1つは愛情を伝えているときです。飼い主をじっと見つめているときは後者の可能性が高いですが、知らない人、あるいはあまり会ったことのない人を見つめているときは後者の可能性が高いです。

犬が警戒心を持つ理由も様々ですが、知らない人だから警戒するという理由の他にも、何らかの敵意を感じたから警戒しているということもあります。

3.すっと目線を逸らす

目を合わせようとしたらすっと目線を逸らすという行動を見たことがありますか?実はこの小さな仕草も相手から敵意を感じたときに犬が起こす行動の1つです。

先ほど記述したとおり、犬が見つめる理由の1つに警戒心や敵意の意味があります。これはカーミングシグナルといって犬同士で行われる意思疎通方法の1つです。そのため、犬は人間に対しても同じようにカーミングシグナルを行い、さらに感じ取ります。

そのため、こちらがコミュニケーションの一環として見つめても、「じっと見られてる…この人、僕に敵意があるんだ」と誤解されてしまうことがあるのです。

そしてすっと目を逸らすという行為には、「僕には敵意はないよ。だから落ち着いて」という意味があります。自分には戦う意思はないことを表すカーミングシグナルなのです。そのため、この行動をするときは何らかの理由によって、相手から敵意を感じ取ってしまったために落ち着くよう諭しているのです。

4.あくびをする

あくびをする犬

あくびも相手から人から敵意を感じたときに見せることのある仕草の1つです。人間は眠いときや暇なときにあくびをしますが、犬は不安や緊張を感じているときにあくびをします。

「怖いからやめて欲しいな」「お願いだから落ち着いてほしい」というように、相手に示すカーミングシグナルとは少々異なりますが、心理が仕草に現れているのです。

そのため、状況によっては人から敵意を感じたときに不安や緊張といったストレスを感じ、あくびをする犬は珍しくありません。

5.頭を低くしながらゆっくり近付いてくる

こちらに近付いては来るものの、なんだかいつもと近付いてくる様子が違うということはありませんか?頭をいつもより低くしながらゆっくりと近付いてくる場合、少々不安を暗示ながらおずおずと近付いているという状況です。

飼い主に対してこの行動を起こす犬が多いです。例えばいたずらをして叱られた後、名前を呼ばれたから近づきはするけれど、頭を低くしゆっくりした足取りで近付いてくるといった状況です。

これは「名前を呼ばれたけど、飼い主さん怒ってたよね。不安だな」といった心理が働いています。怒る=敵意ではありませんが、犬にとっては同じ感情にカテゴライズされます。そのため、このような行動を取るのです。

まとめ

手の匂いを嗅ぐ犬

いかがでしょうか。自分に、あるいは家に訪れたお客さんに愛犬がこのような行動をしているところを見たことがある方は少なくないでしょう。このようなときは、相手に敵意がないことを伝えるために、対象の人物と飼い主が仲が良さそうに見せたり、あるいは飼い主自身が撫でたり声をかけて落ち着かせてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。