犬が本当に好きな人の前でしている『愛してるサイン』3選

犬が本当に好きな人の前でしている『愛してるサイン』3選

この記事では「犬が本当に好きな人の前でしている『愛してるサイン』」をテーマに、ワンちゃんが好きな人に対して気持ちを伝えようとしているときに発しているサインをいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1:しっぽを振ってこちらを見つめてくる

しっぽを振りながらこちらを見つめている犬

ワンちゃんがしっぽを振るとき、良い意味の時もありますが、悪い意味の時もあります。

それは、しっぽを振るというのは興奮している時だからです。そのため、嬉しい時も怒っている時も振ります。

大きく左右にしっぽを振っているときは、ワンちゃんはすごい喜んでいます。飼い主さんのそばにいて見つめながら大きく左右にしっぽを振っていたら何か嬉しい気持ちを伝えたいのだと思います。

しかし、怒っているときは斜め上に大きく上げてしっぽを振ります。その時の状況で分かると思いますが、いつもよりしっぽを上にあげた状態で大きく振っていたら喜んでいない可能性もあるので、その際はワンちゃんの様子をちゃんと見てどうしてそうなったのかを考えてあげてくださいね。

2:常についてくる

飼い主を追いかけている犬

ワンちゃんが後ろについてくる理由は様々あります。

本能の習性から飼い主さんのことをリーダーだと思っているからついてきたり、ついて行ったらおやつなどの食べ物をくれるからついて行く場合もあります。

また、分離不安症というのもあります。これは、1人遊びが出来なかったり飼い主さんから離れたら不安になってしまうためにずっとついて行ったり、無駄吠えなどの問題行動を起こします。

ワンちゃんがしつけを一通り覚え、問題行動も起こさずにただついて来るだけならば、それはワンちゃんからの愛してるサインです。ワンちゃんと飼い主さんの信頼関係が築けていたり、飼い主さんからの愛情が伝わっているからこそワンちゃんもその気持ちの答えを行動に出しているのだと思います。

3:お腹を見せてくる

飼い主にお腹を見せて撫でてもらっている犬

ワンちゃんがお腹を見せてくる時も飼い主さんに対し愛してるサインを伝えています。ワンちゃんがお腹を見せるというのは本来はあまりしないことからいくつか理由があります。

鼻ぺちゃのブルドッグなどのワンちゃんの場合暑いからお腹を見せる時があります。毛が少ないお腹を露出することにより体温が冷え調節できるからです。

また、飼い主さんが叱った後などにする場合はワンちゃんがごめんなさいと降参している気持ちを伝えるためにすることもあります。適切な温度で飼い主さんが怒った場合でない状況でワンちゃんがお腹を見せてきたらそれはワンちゃんからの愛してるサインです。

お腹というのはワンちゃんにとって急所のため信頼している人にしか見せないので、もし見せてきたら優しく撫でてあげてくださいね。

まとめ

飼い主のそばに行き撫でてもらっている犬

いかがでしたでしょうか?
犬が本当に好きな人の前でしている『愛してるサイン』の例として、

  • しっぽを振ってこちらを見つめてくる
  • 常についてくる
  • お腹を見せてくる

の3つを紹介しました。

ワンちゃんも人同様に好きな人には何かしらの気持ちを伝えたいのかもしれません。

ワンちゃんが嬉しそうにしていたらその際は飼い主さんも一緒になってワンちゃんに気持ちを伝えてあげてください。お互いの気持ちが伝わり合えば、ワンちゃんと飼い主さんの幸せな共同生活がずっと続くと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。