犬が吐く原因とその対処法について

264691view

犬が吐く原因とその対処法について

お気に入りに追加

犬は吐きやすいと知ってはいても、あまり頻繁に見たい光景ではありませんね。犬が吐く理由と気をつけたい嘔吐、そしてケース別の対処方法をご紹介します。愛犬の嘔吐に悩んでいる飼い主さんは必読です!

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は吐くことが多い動物

犬が吐く理由

元々、犬は吐きやすい動物です。

母犬が自分が吐き戻したものを離乳食として子犬に与えていたり、草を食べて吐くことで自身の健康管理をしている個体もいるぐらいです。

このように、犬にとって吐くという行動は必ずしも珍しいことではなく、人間よりも吐きやすい身体の構造を持っています。

子犬やシニア犬は吐くことが多い

子犬

子犬(パピー)から1歳ぐらいまでは、成長期ということに加えて、その子犬に合った食餌環境のバランスがなかなか整わないため、吐くケースが多いようです。

また、子犬の時期には好奇心が強く、室内に限らず屋外での誤食や誤飲も多くそれが原因で嘔吐することもよくありますが、誤飲などではなく先天性の障害から嘔吐する場合も。

子犬の時期もそうですが、シニア世代に入ると、身体のあちらこちらにトラブルが出てくるのは人間と同じ。

何らかの疾患が吐く行為で見つかることもあれば、飲み込む力が低下することからも吐くことが増えます。

吐くことが多い犬種は?

ブルドッグ

短頭種

短頭種(ブルドッグ、ボストン・テリア、パグ、シー・ズー等)やチワワ、トイプードル、ポメラリアンがあげられます。

気管が細いため喉につまりやすかったり、気管のトラブルや疾患にかかりやすい傾向にあるので、より気をつけてあげる必要はありますが、これらの犬種が他よりも突出して「吐く犬」というわけではありません。

大型犬

また、秋田犬、ドーベルマン、ジャーマン・シェパードといった大型犬を中心に、胃捻転や胃拡張を起こしやすい犬種も、その初期症状として吐く行為が見られます。
胃捻転や胃拡張は、大型犬で胸の厚みの深い犬種で多いとされますが、それは小型犬にも見られるので注意しましょう。

それらが原因の嘔吐は、食餌の与え方、食後の運動を避けるといった環境作りである程度防ぐことが可能です。

犬の「吐く」には3つに分類されます

犬が吐く理由

犬の吐く行為は「吐出」「嘔吐」「嚥下障害」の大きく3つに分けられます。

それぞれに特徴を知り、家庭でのケアに役立てましょう。

吐出

未消化の食べ物を吐く場合は「吐出」にあたります。

食べたものが胃腸に達するまでに逆流している状態で、吐いたものを見ると、食べたものの形がほとんど残っています。

吐出の際の犬は、勢いよく前に吐き出す、吐いたものを口にしようとする行動が伴います。その場合、吐いた後は比較的元気なことが多いという特徴があります。

嘔吐

ある程度消化されたものを吐く場合を「嘔吐」といいます。

食べたものが胃や胃に近い小腸にまで達したものの、何らかの理由で外に出てきているので、吐いたものを見るとドロドロの形状をとっている場合が多いでしょう。

嘔吐の際の犬は、うつむき加減で吐き、吐いたものを口にしようとすることはあまりありません。

嚥下障害(嚥下困難)

物を飲み込むのがむつかしいケースの場合をさします。

吐出に似ているように思われますが、食べ物が胃腸に届くまでの間に起こるのが吐出、嚥下障害は飲み込む部分の異常で起こります。

遺伝的な場合、何らかの疾患がある場合、筋力の衰えから起こるものもあります。

嚥下障害で吐く犬は、咳き込むような様子や食べる事自体に苦痛がある様子(食べる速度がゆっくり、元気に食べない)が見られるようです。

嚥下障害は誤嚥性肺炎をまねきますので、子犬(パピー)や、シニア犬の場合は、特に注意する必要があります。

犬が吐く危険なケース

犬が吐く理由

犬が吐く場合、胃腸炎や食餌環境が原因の一過性によるものが大きいものですが、以下のような様子が愛犬に見られたら、嘔吐物や便を持参し、速やかに獣医に相談しましょう。

  • 全身状態が悪い(ぐったりしている、瞳に輝きがない、毛艶が悪い)
  • 腹痛(身体を丸めて動かない、お腹に触れると痛がる)
  • 繰り返し吐く
  • 下痢がある
  • 嘔吐物や便に異物や血の混入が見られる
  • 嘔吐物から便臭がする
  • 発熱や痙攣、よだれや喘ぎなどショック症状が起こっている
  • 歯茎が青や泥色に変色している

これらの症状は、誤食や誤飲(チョコレートやタマネギ、除草剤がかかった草など)したものが犬にとって危険なもので中毒を起こしている場合や腸閉塞を起こしている場合、胃捻転を起こしている場合に見られることが多く、迅速な手当てが必要となります。

また、嘔吐物がコーヒー色の場合は胃や腸に重篤な潰瘍や腫瘍があることが疑われます。

いずれにしても、すぐに獣医の診察を仰ぎましょう。

犬が吐く一過性のケース別対応策

吐いてもケロっとしている、元気に過ごしているのなら、さほど心配する必要はありません。

しかし、犬が吐くのを当たり前にしていると、隠れた疾患を見逃したり慢性化させてしまい、犬にとっても飼い主さんにとってもストレスになります。

愛犬が吐く場合は、その時ごとに原因を見つめ直しましょう。

早食い

ガツガツ食べてすぐに吐く、典型的なパターンです。

元来、早食いの犬は多いものですが、空腹過ぎる、噛まずに飲み込んでしまうことが原因として考えられます。

「よく噛んで食べなさい」という指導はできませんから、愛犬が落ち着いて食餌を取れる環境を子犬の頃から作るのが大切です。

1回の食餌量を減らして回数を増やす、食餌量はそのままで間食を与える、ドッグフードなら小粒にしたり、ぬるま湯でふやかす、野菜や海藻類等を使った手作り食ならば細かく刻むなどの対策が有効です。

便利アイテムとしては、早食い防止の食器なども市販されています。

コノコのゆっくり食べれる食器

コノコ (KONOKO) ゆっくり食べれる食器S
900円(税込)

商品情報
・ペットの早食いを防止する食器
・健康的な食べ方が出来るように設計
・食事に2-4倍の時間が必要
・滑り止めゴム付き

Leego 犬猫用ボウルで早食い防止

Leego ペット食器 犬猫用ボウル 早食い防止 運動 吸水器 吸餌器
1,485円(税込)

Diester 犬の早食い防止食器

Diester 猫&犬用食器 ペット用 お皿 早食い防止食器
945円(税込)

商品情報
・プラスチック
・直径25.5cm 高さ5.3cm
・滑り止めパット付き
・安全性も高く洗うのも簡単

大食い

早食いと同じく、典型的なパターンです。

未消化の食べ物と共に、胆汁(黄色いドロッとした液体)が嘔吐物に見られることが多いようです。

食べ過ぎて吐いた場合は、絶食・絶飲が基本です。

半日〜1日程度、胃腸を休めて様子をみます。

そして、適切な食餌量、オヤツの量を飼い主さんが1日も早く見極めてあげましょう。

草を食べて吐く

犬が吐く草

犬によっては、ある特定の草を食べて吐くことで、胃腸の調子を整えている例が数多くあります。

野生で暮らしていた頃からの習性のようですが、食べている草に除草剤が撒かれていたり、草と共に誤食したために、重篤な症状を起こすケースがあります。

ペットグラス(ペットサラダ)として自宅で育てられる食物や、食餌に野菜を加えるなどして、屋外の草を食べることを習慣づけしないようにしてあげましょう。

白い液体、黄色い液体だけを吐く

白い液体は胃液、黄色い液体は胆汁です。

起床時や食前に犬が白や黄色の液体だけを吐く場合は、空腹が長時間続いた場合です。

すぐに、少量、食べさせてあげ、落ち着かせてから食餌を与えましょう。

また、普段からの食餌量やタイミングを再考しましょう。

食後の散歩や遊びの時に吐く

食べてすぐの運動は、人間と同様犬にもよくありません。

食餌後は、1〜2時間は休息させる習慣をつけましょう。

ある頃から急に吐くようになった

今まで食べていたドッグフードを吐くことが増えた、特定の食材を吐きやすい場合は、アレルギーの可能性があります。

吐くだけでなく、目やにや涎焼け、湿疹などが見られる場合は、獣医への相談の元、アレルギー検査をはじめとする対策をとりましょう。

また、ドッグフードを変えたら吐くようになった場合は、ドッグフードの切り替えに慣れずに吐く場合と、犬にドッグフードが合っていなくて吐く場合が考えられます。

水を飲んで吐く

水を飲んでいる犬

水が冷た過ぎると刺激になって吐く犬がいます。

この場合は、水の温度に気をつけてあげます。

ドッグフードやフリーズドライタイプの食餌を与えている場合、食後すぐに水をガブガブ呑むと体内で膨張し、嘔吐のキッカケになるだけでなく、胃拡張や腸捻転を引き起こしかねません。

食後すぐに水を大量に与えないこと。

がぶがぶ水を飲んで吐いてしまう場合は、食餌自体にあらかじめ水分を含ませましょう。

手作り食はむつかしくても、肉や野菜をトッピングする等して、自然に水分を摂れるのが理想です。

ワクチン接種の後に吐く

病院に行った事でのストレスの場合と、ワクチンの副作用によって吐く場合があります。

ワクチンの副作用の場合は、24時間以内に皮膚が赤くなったり顔が腫れるといった症状が見られるほか、重篤な場合は、数時間内に呼吸困難や震え、低体温が現れます。

ドライブで吐く

犬にも車酔いが存在します。

初めてのドライブで吐く犬が多いのは、慣れない環境でのストレスよりも車酔いのケースが多いようです。

子犬の頃から慣らす、こま目に休憩を取る、早めに食餌を取らせておくなどの対策がありますが、車酔いする犬にとってドライブが楽しいわけはありません。
車酔い止めの飲み薬がありますので動物病院に相談してみましょう。

シニア世代に入ってから吐く様になった

筋力の衰えで飲み込む力が弱ってきている場合や歯の数が減っている場合、吐きやすくなるようです。

なるだけ屈まずに食べられるような食器の工夫や、食餌自体を柔らかくすることで、負担が軽減するようです。

他の疾患が伴う嚥下障害のばあいもありますので、獣医の指導を仰ぎましょう。

便利グッズとしては、食器台などがあります。

ドギーマン ウッディーダイニング

ドギーマン ウッディーダイニング M
1,580円(税込)

商品情報
・高さ調節可能な食器台
・リバーシブルマット

ハリオ (HARIO) わんテーブル

ハリオ (HARIO) わんテーブル
1,731円(税込)

商品情報
・腰や足の負担が減って食べやすい
・小・中型犬用テーブル

iDog Living Keat Sサイズ

iDog Living Keatキート Sサイズ フードボウル別売 ブラウン
2,376円(税込)

商品情報
・シンプルな木製フードボウルスタンド
・犬の食事中の首や腰への負担が軽減

最後に

我が家の愛犬も、子犬の頃からちょくちょく吐くことがありました。

元気そうにしていたのに、夜中に起きだしてきて、苦しそうにえづいて一生懸命に吐くのを見るのは、本当に辛いものでした。

我が家なりの方法が確立してからは、もう何年も吐くところを見ていません。

この記事が、愛犬が吐く事に悩んでいる皆さんの一助になれば幸いです。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 50代以上 女性 ピノのお姉ちゃん

    ピノはヨーキーの13歳。10歳くらいから、お気に入りのクッションでマウントした後、ぶるぶる震え出し、ゲロ(はきもどし)を2、3回繰り返すようになりました。獣医さんにも聞いて見ましたが、聞いたことがないそうです。そんな子いませんか?
  • 30代 女性 v_v

    朝方にゴポゴポ音がするな、と思うと愛犬がヨロヨロと私のベッドへやってきて私のお腹の上でボエッと黄色いたん汁を吐きます。とても苦しそうにしているのでどかすわけにもいかず、毎回布団の上はやめてくれと思いながらも吐き終るまで見守っています。
    空腹が続くと吐くとのことで、それ以来寝る前に少しだけお腹に入れさせるようにしたところ、吐くことが少なくなりました。
    犬にとって嘔吐は珍しくないといいますが、見ていてあの苦しそうな様子はつらいですよね。吐いてしまえばケロッとしているので心配はいらないのでしょうが、見てくる側としては毎回ハラハラしてしまいます。
    ちなみに布団に嘔吐された黄色いたん汁は、しみになってしまいますので漂白洗剤で洗います。
  • 40代 女性 こたママ

    犬はよく吐くもの、と言われても実際吐いている姿を見るとすごく苦しそうだし、どうしても心配になってしまいます。この記事で「危険な嘔吐」とされていますが、一度嘔吐物に便のようなものが混ざっていて、動物病院にすぐに連れて行ってレントゲンなど数時間かけて詳しく検査を受けたのですが、特に異常なしだったことがあります。結局原因はわからず仕舞いでした。それ以外はちょっとしたトラブルで、すっきりするために吐くことがあるようでうちの子も吐いた後はケロッとしていることがほとんどで、今まで大きな病気につながっていたことはないので今のところ安心なのですが、これからシニア期に入っていくにつれてやっぱり心配にはなりますよね。
  • 40代 女性 ぼすまま

    我が家のワンコ(7か月)は、最近毎日一回は 吐いてます。昨日は夜中の3時にぐえっぐえっとお腹の底からこみあげるように吐いてました。やはり心配ですが、それ以外は普通に過ごしてます。夏にも吐き出しが数日あったので、餌を 変えてみたところ吐かなくなりましたが、その餌の質があまりよくないというのを読んで 結局 前のものに戻しました。もう少し様子見て続くようなら受診してみようかと思います
  • 40代 女性 匿名

    我が家のワンコは、ストレスを感じると吐くことがあります。
    あと、子犬の頃に誤飲による嘔吐がありました。
    お腹をうねらせ喉もゴボゴボといわしていましたが何も出ずに、その状態を繰り返していましたので病院に駆け込みレントゲンをとりました。
    ドクターの見解では何か異物を飲み込んでしまっているが害はなさそうで2~3日のうちにおしりからでてくるでしょうとのことでしたが、心配でなりませんでした。診察の結果通りに便で排出されてくれましたが、
    ヒヤヒヤでした。
    出てきたものは子供の玩具のプラスチック性の剱のさやの部分でした。(大人の親指大位の大きさでした)
    犬がイタズラしそうなものは片付けていたつもりでしたが、まだまだ私の配慮が足りずかわいそうなことをしました。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。