やだ!犬が人に触られるのを嫌がる心理5つ

やだ!犬が人に触られるのを嫌がる心理5つ

お気に入りに追加

犬は基本的に撫でられるのが好きですが、たまに嫌がる素振りを見せることもあります。そういった時は、何かが原因となって犬が触られるのを嫌がっていることが多いそうです。嫌がる理由、気になりませんか?

4813view

やだ!犬が人に触られるのを嫌がる心理5つ

少し怖がって伏せている犬

1.安心できる人か分からない

犬は基本的に可愛がられるのが好きなので、撫でられると気持ちよさそうに喜ぶ犬はたくさんいることと思います。特に大好きな飼い主に撫でられると、とても幸せな感情で満たされていることでしょう。ただ、そんな触られるのが好きな犬でも、触られるのを嫌がることがあります。

それは、信頼できる人かどうか分からない人に触られそうになったときです。例えば、初対面の人が犬を触ろうとしたときはどういった人なのか分からないので、撫でられるという行為に不安を感じる犬が多かったりします。私たち人間も初対面の人にいきなり近づかれると、警戒したり不安を感じたりしますよね。同じように犬も「撫でる以外に何もしてこないかな?」と不安になって、触られるのを嫌がってしまうことがあるのでしょう。

2.不安を感じる撫で方は苦手

人の手に怯えているチワワ

撫でられるのが好きな犬でも、撫で方によっては「その撫で方は怖いからやだ!」と感じることがあり、触られるのを嫌がることがあるみたいですよ。犬が不安を感じやすい撫で方として、『いきなり触る』『犬の頭上から触る』『正面から触る』というものがあります。

飼い主や家族、顔見知りの人など、犬にとって信頼できる人はいきなり触っても問題ありませんが、犬と信頼関係が築けていない人がいきなり触ると、犬が不安を感じたりビックリしたりして怖がる場合が多いそうです。頭上から触るという撫で方は威圧感を与えやすいですし、見えにくい頭の上から触ろうとすると、犬は「攻撃される」と本能的に感じやすく、中には唸って怒る犬もいるみたいですね。

また、犬は信頼関係が築けていない人に正面から触られそうになると「何かあってもすぐに逃げられない」と感じて警戒しやすく、防衛本能で攻撃的になることもあります。ですので、見知らぬ犬を触るときは、なるべく安心させてあげるために正面ではなく、犬の斜め前くらいでしゃがみながら触れ合うようにしましょう。犬と目線を合わせることで威圧感をなくし、逃げ道となる空間を用意してあげることで、気持ちに余裕を持たせることができます。そうすることで犬は不安を感じにくくなるので、受け入れられやすくなりますよ。

3.大きな声を出しながら触られるのは苦手

できるだけ安心しやすい撫で方をしているのに、なぜか犬が触られるのを嫌がる。中にはそういった経験をもつ人もいることでしょう。もしかして、犬と接するときに大きな声をだしながら触れ合っていませんか?心当たりがある場合は、大きな話し声が原因となって犬に嫌がられている可能性がありますよ。

犬は耳がとても良いので大きな音や声を苦手だと感じやすく、それだけでも十分嫌がられてしまう原因になってしまうといえるでしょう。加えて、信頼関係を築けていない場合は犬にとって不安を感じやすい存在となり、この2つの原因が合わさることで犬に『できるだけ近づきたくない人』と思われてしまうことがあります。犬と触れ合うときは、なるべく大きすぎない声で話しかけてあげると改善できることでしょう。

4.見つめられながら触られるのが苦手

触ろうとする人を威嚇する犬

なるべく安心させてあげるために、犬の目をジッと見つめながら触ろうとする、という人は意外とたくさんいることと思います。ですが、その行為は知らず知らずのうちに犬に警戒心を与えてしまい、嫌がられる原因になっていることがあるので要注意。なんでも、目をジッと見つめるという行為は犬の世界では『敵意がある』という意味が込められているそうですよ。

つまり、安心させるために目をジッと見つめながら触ろうとする行為は、犬の立場から見ると『敵意むき出しの人が手を出そうとしている』となってしまいます。犬の立場になってみると、とても警戒してしまいますよね?触られたくない!と思うのも無理ありません。ですので、初対面の犬と触れ合うときは目をジッと見つめないようにして、不安にさせないようにしてあげましょう。
もちろん、飼い主など信頼している人に目をジッと見つめられたときは敵意がないと分かっていますので、そういった場合は目を見つめても問題ないといえるでしょう。

5.病気になっていることも

犬は病気やケガをしていると触られるのを嫌がることがあるそうです。例えば、椎間板ヘルニア、骨折や脱臼、耳の病気や内臓系の病気など、触られると痛みを感じるものはたくさんあります。もし、愛犬が触ろうとしたときに様子がおかしかったり、いつもより元気がないと感じたりする場合は病気やケガをしている可能性がありますので、病院で診てもらうことをおススメします。

まとめ

床に伏せてこちらを見つめる犬

犬は基本的に信頼している人以外の人に触られるときに、不安や恐怖を感じて触られるのを嫌がることがあるみたいですね。特に初対面同士で触れ合うときは警戒されやすいので、少しでも不安を取り除いてあげることが大切といえるでしょう。

  • 頭の上から触らない
  • しゃがんで犬と目線を合わせる
  • 犬の正面はNG
  • 大きな声はNG
  • 犬の目をジッと見つめない

これらのことを意識するだけでも、不安を和らげてあげることができるのでおススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。