犬が飼い主に顔をぶつけてくる心理3つ

犬が飼い主に顔をぶつけてくる心理3つ

犬が飼い主に顔や頭をぶつけてくることがあります。その仕草はそっと寄り添うような甘えからわがままな要求、そして思いもよらない疾患のあらわれである可能性もあります。大切な愛犬の気持ちを理解し、健康を守るためにもぜひその心理を知っておきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

①「なでて欲しい」という甘え

なでられている柴犬

犬が飼い主に対して顔や頭を押し付けてきたりぶつけてくるときには「なでて欲しい」という心理のあらわれであることが多く見られます。特に優しく顔や頭を押し付けてきたり、飼い主の手や足にそっとあごを置くような仕草であればそれは甘えの気持ちが強い傾向にあります。

飼い主の体に自分の体をつけているだけでリラックスできる犬も多いので、安らぎたいという気持ちから顔や頭をぶつけたり乗せたりすることもあるでしょう。

リラックスしているときは、顔や頭を飼い主に乗せて預けたまま目を閉じたり、鼻から深く息を出したりする様子も見られます。

②「もっと構って」という要求

飼い主に抱かれる茶色い犬

飼い主にそっと顔や頭を預けてきたりコツコツと軽くぶつけてくるような時は、「なでて」「遊んで」など甘えの気持ちがあるとしましたが、場合によってはもう少し強い気持ちの要求であることもあります。

飼い主にぶつけたり押し付けたりする力が強引である程、要求の気持ちも強くやや傲慢さがあらわれていると考えられています。飼い主に対して要求するということは、自分の方が飼い主よりも立場が上であると思っていたり要求すれば何でも聞いてもらえると思っていたりします。

このようなときは犬の要求のままになでたり構ったりせず、飼い主のペースで行うようにして要求には従わないという意思を示すようにしましょう。

③脳や神経系疾患、ストレスの可能性

黒い犬の横顔

これは飼い主に顔や頭を押し付けるというよりも、壁など硬い場所に押し付けている場合は少し注意が必要です。これは「ヘッドプレス」といって脳腫瘍や中枢神経の損傷など重大な疾患が隠れているサインだと言われています。

このヘッドプレスとともに同じ場所を歩き続けるなど異常行動が見られた場合はその確率がかなり高いと考えられています。これは犬に頭痛が起きており、それを抑えるために行っていると推測されていますがわからない部分も多くあります。

犬は基本的に頭痛を起こしにくいと言われているため、ヘッドプレスを見せているときには体に異常が現れていると考えできるだけ早く獣医師の診察を受ける必要があります。

また、壁に顔や頭を押し付けたままじっとしている場合は虐待などで非常に強いストレスを感じているということもあります。ただしこのような様子を見せるには、よほど強烈なストレスを受けた場合に限ると考えられています。

ですので幸せに暮らす家庭犬が何もない状態で急にこのような様子を見せることはほとんどないでしょう。

犬が飼い主に頭をぶつける心理まとめ

頭をなでられている犬

犬は甘えたいときやリラックスしたいとき、かまって欲しいなど要求を伝えたいときなどに飼い主に顔や頭をぶつけたり押し付けてくることがあります。

愛犬のそのような姿はとてもかわいく愛おしいものですが、甘えや要求をすべてそのまま受けて入れてしまうと犬をわがままにするなど関係性に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

この場合には犬の要求通りではなく飼い主のペースで構うようにするといいでしょう。

また、脳や神経の疾患の影響から壁に顔や頭を押し付けるといったこともあります。その他に異常行動が見られないかなど十分に注意しながら様子を見て心配があれば獣医師に相談するようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。