犬のしつけははっきりと!役立つ7つの言葉

犬のしつけははっきりと!役立つ7つの言葉

お気に入りに追加

犬への指示コマンドは短く簡潔が犬には伝わりやすく、英語で行うのがいいとされています。英語での指示は難しいのではと、そんな考えをお持ちの方は多いかもしれません。しかし、実際に英語での指示を実践してみると分かるのですが、難しいことは一切ありませんので、是非利用していただきたいです。そこで、しつけに役立つ英語とそれに伴うジェスチャーを紹介していきます。

4649view

日本語のしつけのマイナス点

ひらがなが書かれたカード

日本で飼育をするのに、どうして英語での指示がいいのか不思議に思われるかもしれません。犬は大変耳がいい動物として知らせていますが、聞き取れる音の種類は「母音」だけ、つまり「あ・い・う・え・お」のみだとされています。

日本語は全ての発音にこの母音が必ず付いているため、犬にとっては少し聞き分けがしにくい場合があります。また、これは日本語の良いところではあるのですが、年齢や性別、育った場所によって同じ言葉でも微妙にイントネーションが違っていたり、語尾が変わっていたりします。

同じように指示を出しているつもりでも、比べてみたら同じ行動に対して指示語が違っていたということも多々あります。

英語のしつけのプラス点

英語の文字と本

指示コマンドを簡潔な英単語にすると、年齢性別問わずにその単語だけを発するようになり、語尾に、「~ね、~よ」などの余計な物をうっかり付けてしまうこともありません。

英単語での簡潔な指示は、話し言葉のような指示になりがちな日本語と比較すると、少し冷たい印象を与えるかもしれません。

でも犬はそのような印象を受けることはなく、むしろ聞き取りやすく分かりやすい指示と感じるはずです。

ジェスチャーの併用

子犬に指示を出す人の手

犬にしつけを行うときには、指示コマンドに加えてジェスチャーを入れると更に効果的です。指示を出すときのジェスチャーは、あえて決めることをしなくても、実は自然とできあがっていることが多いです。

お座りや伏せを指示するときに、自然と手を出して下に向けている人がいますが、まさにそれが指示のジェスチャーです。犬は飼い主さんのこの行動をよく見ていますので、それがいつも同じ仕草であれば、なお更その仕草を覚えて、指示コマンドよりもそちらに注意を向けていることもあるほどです。

指示コマンドはジェスチャーに付随するおまけのような存在になり、極端な場合ですと、コマンドを出さなくてもジェスチャーの指示だけで犬は従うようにもなります。

自然と出てしまうジャスチャーはこんなにも大きい意味を持ちますので、これを上手に活用しない手はありません。一緒に生活している家族間であれば、特に取決めをしなくても、仕草は自然と似てきてしまうものですので、楽に統一できるのも利点となります。

よく使われる7つのコマンド

子犬にしつけをしている女性

最もポピュラーな、英語での指示コマンドを7つ紹介します。

  • お手(Hand)
  • おかわり(Shake Hand)
  • おすわり(Sit)
  • 良いことをしたとき(Good)
  • 近くに呼びたいとき(Come)
  • 進め、行け(Go)
  • 禁止、ダメ(No)

日常的によく使う可能性のあるものを、一般的な英単語を用いて挙げてみました。

他に使いやすい単語があれば、もちろんこの例に従う必要はありません。大事なことは、次の3つです。

  • 指示の言葉を統一すること
  • 指示ははっきりと出すこと
  • 余計な語尾をつけないこと

発音に関しては、ネイティブな物でなくても全く問題ありません。先にあげた3つを徹底することで、多少の発音の違いがあっても犬は受け入れてくれます。

発音ばかりを気にして、はっきりと指示を出せないことの方がマイナスになりますので、自信を持って指示を出すようにしてください。

まとめ

子犬とハイタッチする女性

犬のしつけを行う際には、英語での指示を使用するのが効果的であることを紹介しています。犬は耳がいいのですが、うまく聞きとれる音は意外と少ないので、優しく話しかけるように指示を出すよりも、簡潔な単語のみで行う方が聞きとりやすいです。

愛犬がなかなか指示に従ってくれないと感じたときには、出している指示語に問題はないかを家族全員で一度考えてみてください。

人からすると同一の言葉でも、大人と子供でも言い方は変わってきてしまいますので、もしかしたら犬はそれが指示語だと認識しておらず、どの言葉に従っていいのか混乱をしているのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。