犬が散歩中に飼い主をエスコートしている時の仕草4つ

犬が散歩中に飼い主をエスコートしている時の仕草4つ

この記事では「犬が散歩中に飼い主をエスコートしている時の仕草」というテーマで、飼い主さんとお散歩中にワンちゃんが「こっちだよ」とエスコートしてくれている時の仕草や行動を4つの例と共にご紹介します。是非、チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録

飼い主をエスコートしているときの仕草1:チラチラ見てくる

飼い主を見上げながら散歩するビーグル

一緒に歩いていると、ワンちゃんがチラチラとこちらを見てくることがあると思います。
そんなときワンちゃんは飼い主さんに、こっちだよと合図しているのかもしれません。
もしかしたら、一緒に出掛けられる嬉しさのあまり、ちゃんとついて来ているのかなと少し心配になっている可能性もありますね。

飼い主をエスコートしているときの仕草2:歩調を合わせてくれる

公園を散歩する黒ラブと男性

初めのうちは散歩に夢中になってグイグイと先に歩いて、飼い主さんを引っ張るように歩いていても、ふとしたときに少し急ぎすぎたからゆっくり歩かなきゃいけないと思って、歩調を合わせてくれているのかもしれません。

もしくはワンちゃんが散歩に行くことに喜んで、勢いよく歩こうとしても飼い主さんが持つリードに引っ張られ、首が絞まってしまい先に行くことが困難であることから歩調をあわせて歩いている場合もあるので、その際はワンちゃんのことを注視してください。

飼い主をエスコートしているときの仕草3:障害物を避けるように止まる(引っ張る)

フェンス越しに見つめている犬

歩いていて目の前に大きかったり、初めて見たり、知らない臭いがしたりと、ワンちゃんにとって不審なものがあったとき、飼い主さんに危ないということを知らせるために触れないよう避けるようにして止まることがあります。
それは、怖いと思っているのもあるし、飼い主さんを信頼しているからこそ、頼りにしているという場合もあると思います。

飼い主をエスコートしているときの仕草4:行きたい方に引っ張る

浜辺でリードを引っ張る犬

散歩に行く道がいつも大抵同じだった場合、道中で気に入った場所をワンちゃんが発見してそこに行きたいから引っ張っているのかもしれません。
最初は歩くスピードが一定であったのにある場所に差し掛かった際、突然走り出したら間違いないです。
おそらく、そこにはワンちゃんの気持ちを駆り立てる何かがあるのでしょう。

もしくは飼い主さんに何かを伝えたい可能性もあります。
とにかくいつも同じようなところでワンちゃんの歩く速さが変化したら飼い主さんも気にかけてください。
そこには、何か新しい発見や、ワンちゃんに対する新しい気づきがあると思います。

エスコートのプロたちの仕事

ガイド犬と歩く盲目の女性

エスコートすることを仕事にしているワンちゃんもいます。
盲導犬、介助犬、聴導犬といったワンちゃんたちです。

盲導犬は人の目の代わりをし、介助犬は人の手足の代わりをし、聴導犬は人の耳の代わりをします。
それぞれご家庭にいるワンちゃんとは趣旨は異なりますが、このように仕事にしているワンちゃんたちも人のことをエスコートしています。

まとめ

散歩するテリア犬と飼い主

  • チラチラ見てくる
  • 歩調を合わせてくれる
  • 障害物を避けるように止まる(引っ張る)
  • 行きたい方に引っ張る

以上4つの例を挙げてきました。
エスコートをするということは、そこで飼い主さんに何かを伝えたかったり、自分の欲求を満たしたりするためなど、ワンちゃんの気持ちを行動に表している仕草の1つだと思います。

散歩に出かけた際、このような場面に遭遇したら是非、ワンちゃんに注目してみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。