犬の毛がストーブで焦げる!?冬に注意したい「暖房」のポイント

犬の毛がストーブで焦げる!?冬に注意したい「暖房」のポイント

お気に入りに追加

冬になると愛犬がストーブの前から動かなくなった!愛犬がストーブに近づきすぎて毛が焦げた!そんな経験はありませんか?愛犬がいる部屋で暖房機器を使用する際、注意しておきたいポイントをお伝えします。

4421view

要注意!冬にストーブを使うことで犬の毛が焦げる!?

ストーブの近くで眠る犬

冬は暖かさを求める

犬は人間よりも体温が高いので寒さに強いのかと思いきや意外と寒がりな犬は多く、暖かさを求める愛犬の姿を見ることと思います。冬になると犬は飼い主の布団の中に潜り込んだり、ストーブの前に陣取って気持ちよさそうに眠ったりします。犬を飼っているご家庭の冬の風物詩といえますね。

私の愛犬も寒い時期になるとよくストーブの前で気持ちよさそうに眠っていて、その姿に癒されます。しかし、犬がストーブの前に居座る行為は意外と危険なので気をつけないといけません。愛犬がストーブに近づきすぎることで、火傷になったり毛を焦がしてしまうことになってしまう可能性がありますよ。

毛が焦げていることに気づきにくい

犬はストーブに近づきすぎていてもあまり熱さを感じていないかのような、むしろ暖かくて気持ちいいのかボーっと座ったり寝ていることが多く、熱に鈍感なのかな?と感じてしまうことがあります。

ですので、犬はストーブによる熱で毛やヒゲが焦げても気づかないことがほとんどです。毛が焦げても愛犬は気づかないことが多く、それに気づいた飼い主だけが慌ててしまうという、なんともおかしな経験をしたことがある飼い主はいることでしょう。

以前ストーブの近くにいた愛犬の体を触ったことがあるのですが、その体はとても熱くなっていて、さらに愛犬を触っていた手もストーブの熱でとても熱くなり、この距離は危険だなと思った事があります。それほど、犬は熱さに鈍感なので犬をストーブに近づかせると毛を焦がしたり火傷、低音火傷などになる危険性があると充分いえそうです。

ファンヒーターも気をつけよう

愛犬の毛が焦げてしまったのでストーブを使うのを止めて、ファンヒーターに切り替えたという人もなかにはいると思います。しかし、ファンヒーターを使う時も気をつけなければいけません。ファンヒーターで毛を焦がす可能性はほとんどありませんが、犬が暖かさを求めて、ストーブのようにファンヒーターの近くにいることが多いです。ファンヒーターからでる温風をずっと近くで当たっていると、犬が低音火傷や火傷になる危険が高いので気をつけましょう。

老犬ほど感覚が鈍感になるので要注意

人間と同じく犬も老犬になるほど感覚が鈍っていきます。ですので、ストーブなどの熱さに気がつきにくくなってしまったり、周りの状況を理解するのに時間がかかってしまうことがあります。

そういったことから、若い犬と比べてよりストーブなどの暖房機器が危険なものに変わるともいえます。犬が生活する環境は、飼い主がきちんと安全に過ごせるようにしてあげることが大切といえるでしょう。

犬のために注意したい暖房のポイント

気持ちよさそうに眠る犬

安全のためにストーブを柵で囲う

犬や子供がいる所でストーブを使う場合は、柵でストーブを囲うようにしましょう。ストーブを囲うだけで、多くの危険から愛犬を守ることができます。愛犬の毛が焦げる心配はなくなりますし火傷になることもありませんよ。

人がいるときだけストーブをつける

用事をしようと思って少しの間だけストーブをつけっぱなしにして、部屋を離れることはありませんか?少しの時間だけでしたら多くの場合は問題ないと思います。しかし、犬はときどき思いがけない行動を起こすことがあるので、完全に安全とは言い切れません。ですので、少し面倒かもしれませんが愛犬の安全のために、部屋を離れるときはストーブを消して代わりに暖房をつけるなどの対策をしてから離れるようにしましょう。

電気を使った暖房機器を使用する

少しでも愛犬の毛を焦がしたくない、火傷の危険をさけたいと思っているのでしたら、愛犬が生活をするスペースでは、ストーブ以外の暖房機器を利用したほうが良いかもしれないですね。安全面で一番良いのはエアコンによる暖房となります。毛が燃えたり焦げたりしないですし火傷の心配もありません。

その他の安全な電気機器といえば、オイルヒーターやパネルヒーターが人気のようですね。かんたんにいうとオイルヒーターはエアコンのように部屋全体をじんわりと暖められて、パネルヒーターはピンポイントで暖めることのできるものとなります。体感的にはパネルヒーターの方が直接体に触れるので暖かく感じられることでしょう。ただ、場合によってはパネルヒーターを長時間使うと低温火傷になる可能性があるので、使用するときは温度に気をつけましょう。

また、電気機器はコードに気をつけなければいけません。愛犬に噛み癖があるとコードを引きちぎったりする可能性があります。コードが傷つくと感電や火災の原因にもなるので、注意が必要となります。

低温火傷に気をつける

ストーブやファンヒーター、パネルヒーターなど直接熱が体に触れる暖房機器は、長時間使用することで低温火傷になることがあります。ですので、暖房機器の熱が長時間ずっと愛犬の体に触れないように見守ってあげることが大切といえます。

まとめ

暖炉の前でくつろぐ犬と人

寒い季節にとても頼りとなるストーブなどの暖房機器。その暖かさにつられて愛犬がつい近づきすぎることで、毛を焦がしてしまったり火傷をしてしまうことがあります。暖房機器は少しの対策をすることで寒い日を安全快適に過ごすことができる便利なものですので、愛犬に合った暖房機器を探してみるといいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。