犬が飼い主の顔を何度も見てくる心理5つ

犬が飼い主の顔を何度も見てくる心理5つ

お気に入りに追加

この記事では「犬が飼い主の顔を何度も見てくる心理5つ」というテーマで、愛犬が飼い主さんの顔をチラチラ見てくる時には一体どんなことを思っているのか?という例を5つご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね!

10528view

飼い主の顔を何度も見てくる心理1:催促している

飼い主にお手をする茶色い犬

何か飼い主さんにしてほしいことがあるときに、ちらちらと頻繁に飼い主さんの顔を見ることによって、「○○まだなの?」とアピールしていることがあります。

例えば、そろそろごはんの時間だと感じたとき、お散歩に行きたいとき、遊んでほしいときなどに飼い主さんの顔を伺うことが多いようですね。

飼い主の顔を何度も見てくる心理2:何か伝えたいことがある

こちらを見つめる白いチワワ

例えば「変な人がいる!」「生き物を見つけた!」「変な音がする!」など、ワンちゃんが気になること、伝えたいことを飼い主さんに知らせるときに、チラチラ何度も見てくることがあります。
愛犬が伝えたいことを発見してあげることができると、心が通じ合った感じがして嬉しいですよね。

飼い主の顔を何度も見てくる心理3:一緒に行動したい

人の手にすり寄る黒茶色の犬

飼い主さんのことが大好きなワンちゃんは、「何しているの?」「どこに行くの?」と飼い主さんの行動をよく観察しています。
飼い主さんの顔の表情から、どんな行動をするのか伺っているのでしょう。

飼い主の顔を何度も見てくる心理4:不安を感じている

部屋の隅からこちらを見るビーグル犬

ワンちゃんにとって不安なことや怖いことがあったとき、飼い主さんのことを頼りにしているのならば、飼い主さんの顔を何度も見て、「どうしたらいいの?」「助けて!」などと訴えかけてくるでしょう。
愛犬から頼りにされている証拠なので、不安や怖いことの原因を素早く取り除いてあげると、より頼られる飼い主さんになれるでしょう。

飼い主の顔を何度も見てくる心理5:機嫌を伺っている

不安そうな上目遣いのゴールデンレトリバーの子犬

ワンちゃんは、飼い主さんの機嫌を敏感に感じ取ることができます。
飼い主さんが怒っていたり、悲しんでいたりすると、「どうしたの?」「ちょっとこわいな」などと飼い主さんの機嫌が直るまで、チラチラと顔を見て確認しているのかもしれません。

悲しんでいるときに見てきた場合は、飼い主さんのことを心配して気にかけているので、飼い主さん思いの優しいワンちゃんだと思います。

また怒られたときにチラチラと見てきた場合、反省しているのかもしれませんが、もしかしたら飼い主さんに怒られたことによって、怖がっているのかもしれません。
ワンちゃんを怒ってしまうのは、何度も同じようないたずらをしたからなど、様々な理由があるかと思います。
怒るときがある分、良いことをしたときや、一緒に遊んでいるときなどには愛情をたくさん伝えてあげてくださいね。

まとめ

緑のカーペットの上に居るジャックラッセルテリア

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主の顔を何度も見てくる心理として、

  • 催促している
  • 何か伝えたいことがある
  • 一緒に行動したい
  • 不安を感じている
  • 機嫌を伺っている

の5つを挙げてきました。
犬は言葉が話せない分、「見つめる」という行動1つで、様々なことを伝えようとしているのですね。
愛犬が見つめることによって、伝えたいことを理解できるようになりたいですね!

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。