犬が好きとも嫌いとも思っていない人にする仕草5選

犬が好きとも嫌いとも思っていない人にする仕草5選

お気に入りに追加

この記事では「犬が人を好きとも嫌いとも思っていない時にする仕草5選」というテーマで、大好きな人にする仕草や、嫌いな人に対してする仕草とは違う「どうとも思っていない」ときにする仕草や行動を5つご紹介します。是非、チェックしてみてくださいね!

12919view

好きとも嫌いとも思っていないときにする仕草1:背を向ける

背を向けてオスワリをする大型犬

背を向けるということは、相手に対して「そこまで警戒心はないですが興味もない」といった気持ちが読み取れます。
もし相手のことが嫌いで警戒心がある場合は、相手から目を逸らさず、正面を向いて監視しています。
反対に、相手を大好きな場合はもっと近くに行って寄り添ったり、遊ぼうよとアピールしたりしてくるでしょう。

好きとも嫌いとも思っていないときにする仕草2:無視する

クレートに横たわるコッカースパニエル

人間界で無視といえば嫌がらせや敵対心を表しますが、犬にとっては必ずしもそうではないようです。
犬が相手のことを無視するときは、争う気持ちもなく、仲良くしようとする気持ちもないので、「人を好きとも嫌いとも思っていない」ときに当てはまりますね。

好きとも嫌いとも思っていないときにする仕草3:目を見ない

目線を逸らす白い小型犬

犬にとって相手の目をジッと見ることは、「敵意がありますよ」という気持ちを伝えることになります。
これはカーミングシグナルと呼ばれる犬界のジェスチャーのようなもので、コミュニケーションを円滑に行うために用いられます。
このことから「目を見ない」という行動は、敵意がないことを表し、その場を円滑にやり過ごそうとする気持ちの表れだと言えますね。

好きとも嫌いとも思っていないときにする仕草4:名前を呼んでも反応しない

外でリードで繋がれた柴犬

例えば、飼い主さんのようにふだんから接する人に名前を呼ばれたら目を向けたり、尻尾を振ったり、喜んで近くに来てくれる子が多いと思います。
ところが散歩中にすれ違ったりと、ワンちゃんにとってたまにしか会わないけど、全く知らない人ではない場合、名前を呼ばれても反応しないときがあるかもしれません。
これはその人の声に特別良いイメージがない場合や、馴染みのある声ではないからなのでしょう。
ワンちゃんからしてみたら、そのような人は好きでも嫌いでもない人なのかもしれませんね。

好きとも嫌いとも思っていないときにする仕草5:素通りする

海岸を散歩する犬の後ろ姿

ワンちゃんにとって、好きでも嫌いでもない人は「ああ、居るな」くらいの感覚でしかないのでしょう。
ですので、その人の近くを通る場合でも、特に反応することもなく、サササッと素通りしてしまうのです。
好きな人であれば、挨拶をしたり、遊ぼうよと誘ったりします。
また嫌いな人であれば、避けたりジッと目を見つめながら通り過ぎたりしようとします。

おわりに

女性に撫でられているコッカースパニエル

いかがでしたでしょうか?犬が人を好きとも嫌いとも思っていないときにする仕草として、

  • 背を向ける
  • 無視する
  • 目を見ない
  • 名前を呼んでも反応しない
  • 素通りする

の5つの例を挙げてきました。
あなたが愛犬からされる仕草や、お知り合いのワンちゃんが見せる仕草と一致するものはありましたか?
「好き」と思われていないのは少し寂しいですが、「嫌い」とも思われていないので、挽回する余地はありそうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。