気弱な犬がよくする仕草6つ

気弱な犬がよくする仕草6つ

お気に入りに追加

この記事では「気弱な犬がよくする仕草6つ」というテーマで、少し気が弱いワンちゃんがよくする仕草や行動は一体どんなものなのか調べてみました。6つの例を挙げながら、その時どんな気持ちなのかも考えてみたいと思います。是非、チェックしてみてくださいね!

10688view

気弱な犬がよくする仕草1:上目遣いをする

悲しい顔で見上げる黒いラブラドールレトリバー

犬が上目遣いをするときは、少し怯えながら様子を伺っている場合があります。
首を下げて、体に力が入っているときは「弱気」な気持ちと言えるでしょう。
あなたの行動に対して、このような反応をよくする場合は、あなたの行動を不審がっていたり、愛犬が怖がる要素が含まれていたりするかもしれません。

行動を起こす前に、「〇〇するね」と声をかけ、安心させてあげると良いでしょう。

気弱な犬がよくする仕草2:震える

ブランケットにくるまれて見上げる犬

プルプルと震えて、どこかに隠れてしまうといった行動を見せることがあります。
震えながらこちらの様子を伺っているときは、「怖いけど何が起こるんだろう」と不思議に思っているでしょう。
また、体調不良や病院で治療されるときなどにも、痛みや恐怖から震えてしまうこともありますね。

気弱な犬がよくする仕草3:吠える

相手の犬に吠えるコーギー

吠えるという攻撃的な行動は、一見「強気」に見えますが、実は「怖い」「避けたい」といった弱気な気持ちから来る場合もあるのです。

小さくて弱い犬ほどよく吠える…なんて言われることもよくありますが、自分の自信のなさから来る「弱気」を隠したり、誤魔化したりするための行動なのかもしれませんね。

気弱な犬がよくする仕草4:しっぽを下げて振る

頭としっぽを下げて怯える犬

尻尾を振るとき、その高さによって気持ちが異なります。
尻尾を低い位置(根元からだらりと下がっている)で振っている場合は、「不安」や「警戒」などの気持ちを表していると言われています。
そのため、気弱なワンちゃんは何か起きたときに、尻尾を低い位置で振っていることが見られます。

気弱な犬がよくする仕草5:譲る

エサをネコにとられるゴールデンレトリーバー

譲るという仕草は気弱な場合と優しさの場合がありますが、「ウロウロしながら」など困った様子で譲っている場合は気弱な要素が強いでしょう。
優しさの場合は、暖かい目で見守っていることが多いですね。

気弱な犬がよくする仕草6:噛む

人の手に噛みつこうとする黒いチワワ

この仕草も「吠える」同様、一見強気に思えますが、気弱なワンちゃんが相手の行動に対して恐怖を感じたり気に入らなかったりした場合に、「噛む」という手段に出ることがあります。

「愛犬がよく嚙みつこうとしてきて怖い」と感じている飼い主さんは、自分が愛犬に触るタイミングや触り方が、愛犬を怖がらせていないか一度考え直してみると良いかもしれません。

まとめ

木の陰からこちらを見つめる白いチワワ

いかがでしたでしょうか。
気弱な犬がよくする仕草の例として、

  • 上目遣いをする
  • 震える
  • 吠える
  • 尻尾を下げて振る
  • 譲る
  • 噛む

の6つを挙げてきました。
愛犬や周りのワンちゃんがこのような仕草をしているのを見たことはありましたでしょうか?

当てはまる例が多いワンちゃんほど、「気弱」な性質を持っているかもしれません。
もちろん、当てはまらない場合や体調不良からこのような仕草が見られる場合もありますので、その子の状態をよく鑑みてあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。