犬は体温調節をどうやってしているの?

【獣医師監修】犬は体温調節をどうやってしているの?

お気に入りに追加

急に暑くなったり、寒くなったり、体調を崩す人が多い季節となりました。暑さに弱く、寒さに強い犬は、どのようにして体温調節をしているのでしょうか?

3117view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の体温調節をどのように行っているの?

こちらを覗く犬の顔アップ

犬は人間と同じ、体温を一定に保つ恒温動物です。では人間と同じように、暑いときは汗をかき、寒いときは震えるのでしょうか?

犬はどうやって体温を下げるのか

扇風機の前で舌を出す犬

体温が下がる仕組み

人間は汗を流すことで体を冷やし、体温を下げることができます。しかし、犬は汗をかきません。正確にいうと、肉球以外の汗腺があまり発達しておらず、皮膚から汗をかくことができないのです。

体温が上がることで温められた血液が脳へ運ばれ、脳内の体温調節中枢が「暑い」と感じると、何とか血液の温度を平熱まで下げようとします。いわゆる「放熱」です。

犬の平熱は37.5~39℃ですが、1℃でも上がると放熱システムが発動されます。この放熱システムが、常に平熱に安定させようと調節する働きを持ちます。

しかし、犬は汗を全身から出すことができないので、急激に体温が上がると、その調節が追い付かず、40℃以上になると、「熱中症」に陥ってしまうのです。

体温を下げる方法

夏の散歩のあとや運動をしたあとなど、犬が「ハアハア」と呼吸を荒らげるのを見たことがあるでしょう。この行動は「パンティング」といい、口を開けて舌を垂らすことで、温まった血液を舌に集め放熱することで、体温調節をします。

また、口の中の唾液に息を当てることで気化熱を発生させ、熱を放出しています。人間でいう、扇風機やうちわなどで風をおこし、汗を蒸発させて気化熱を利用して涼しく感じることと似ています。

参考:犬が暑いと感じているときの仕草

  • パンティングをする
  • 水をいつも以上に飲む
  • 冷たい地面(フローリング)などに寝転がる

飼い主の暑さ対策

人間と比べ体温調節の効率が悪く、さらに全身を被毛で覆われている犬にとって、夏の暑さには天敵となるでしょう。エアコンを付け、扇風機を用意しましょう。扇風機は犬に直接当てるのではなく、空気の循環の役割を持ちます。

また、サマーカットにするのもオススメです。しかし、切りすぎると皮膚が見え、直射日光を浴びすぎる恐れがあるので、適度な長さにしましょう。

犬はどうやって体温を上げるのか

くっついて布団に入る2匹の犬

体温が上がる仕組み

体温が下がることで冷えた血液が脳へ運ばれ、脳内の体温調節中枢が「寒い」と感じると、何とか血液の温度を平熱まで上げようとします。いわゆる「保温」と、温度を上げる「産熱」です。

犬の平熱は37.5~39℃ですが、保温・産熱システムの調節が追い付かず、35℃以下になってしまうと「低体温症」などの病気を発症してしまいます。犬は寒さに強い動物といえど、冬の寒さを侮ってはいけません。

体温を上げる方法

犬も人間と同じように、寒いと体を震わせます。これは筋肉を緊張させて、少しでも体温をあげようとしています。これは走るなどの運動でも同じことで、筋肉が収縮することで産熱することができます。

また、口を閉じることも効果的です。口の中は常に湿っている状態ですので、気化による熱の放出を防ぐことができます。

参考:犬が寒いと感じているときの仕草

  • 震える
  • 体をまるめる
  • 水をあまり飲まない

飼い主の寒さ対策

寝床に毛布を用意してあげましょう。ケージに毛布をかけるのも良いですが、狭窄感によりストレスを感じる子もいるので、最初のうちは様子を見ます。湯たんぽや、人肌程度の温度のお湯をペットボトルに入れた簡易湯たんぽもオススメです。

まとめ

布団の上で昼寝するチワワ

犬が暑い、寒いと感じるときの仕草は、実は分かりにくいものです。犬は汗をかかないので、特に夏は注意しましょう。手遅れになると病気を引き起こし、最悪の場合死に至る恐れがあります。

犬が示す仕草に気付き、快適な空間を作ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。