犬が水を飲んで吐く原因と考えられる病気

【獣医師監修】犬が水を飲んで吐く原因と考えられる病気

犬が「水を飲むこと」は健康で元気な証拠ですが、「水を飲んで吐くこと」は、実は病気が隠されている恐れがあります。なぜ吐いてしまうのか、その原因と考えられる病気をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬が水を飲んで吐く原因は?

ステンレスのボウルで水を飲む犬

犬はもともと吐きやすい動物といわれています。空腹の時間が長いときや、食事を食べ過ぎたときに吐いたり、胃がムカムカしているときに草を食べて胃の不要物を出したりするために、自らの意思で吐くこともあります。

その後、何事もないように元気な様子であれば問題ありません。しかし、「水を飲んで吐くこと」は病気が関係している恐れがあります。

なぜ水を飲んで吐いてしまうのでしょうか?

泌尿器系の病気

泌尿器とは、腎臓、尿管や膀胱、尿道などを総称したものを指します。通常、体の中の老廃物は肝臓で無毒化され、それがさらに2つの腎臓によって濾過されます。尿管から膀胱に流れ、尿道を通って、尿となって排出されます。

これが健康な体の場合の排尿の仕組みですが、泌尿器のうち一つでも異常を発生すると、それぞれの機能が働かず、老廃物が無毒化されることなく全身を巡ってしまいます。そうなると吐いてしまったりなど体調が崩れてしまいます。また腎臓の機能が落ちてくると必要な水分などを体に戻し、不必要なものを尿として出すということがうまくできなくなっていきます。そうするとおしっこの量が増え、体の中の水分がへってしまい、お水をたくさん飲むようになってしまうのです。

ホルモンの病気

ホルモンは通常、分泌することで食べたものを消化吸収したり、体の調子を整えたりする働きをします。しかしホルモンが過剰に分泌、又は分泌されないなどの異常を発生すると、水を必要以上に飲むという症状があらわれる場合もあります。

考えられる病気①腎臓病

公園で水を飲む犬

腎臓病は名前の通り腎臓の働きが悪くなるもので、多くは高齢の犬にみられます。腎臓は腎臓の働きが約7~8割働かなくならないと症状があらわれず、さらに一度機能が壊れると再生することができない臓器で、症状が進行すると死に至る恐ろしい病気です。そのため、健康診断により腎臓の状態を定期的にチェックすることで、早期に発見することが重要となります。

腎臓病には、急激に機能が低下する「急性腎臓病」と、ゆっくりと症状が進行していく「慢性腎臓病」があります。

急性腎臓病の症状は、

  • 食欲がなくなる
  • よだれが出る
  • 排尿をしない
  • 脱水症状
  • ぐったりする
  • 嘔吐
  • 下痢

などが挙げられます。

慢性腎臓病の症状は、

  • 水を大量に飲む
  • 嘔吐
  • 色が薄い排尿をする
  • たくさんおしっこをする
  • 痩せていく
  • 食欲低下

などが挙げられます。

水を大量に飲んで吐く場合、慢性腎臓病の可能性も考えられます。

考えられる病気②糖尿病

プールの水を飲む犬

ホルモンの病気の一種で、特に肥満の犬は要注意です。糖尿病とはその名の通り、血糖値が異常に上昇することにより余分な糖が尿に出てしまった状態です。

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンは本来、食事などで体の中に入ってきた糖を吸収させる働きがあるのですが、様々な原因によりインスリン分泌が減少したり、インスリンがうまく働かなくなると、糖が体に吸収することができず、尿と一緒に排出されてしまいます。

糖尿病の症状として、

  • 水を大量に飲む
  • 嘔吐
  • オシッコの量が増える
  • 食欲はあるのに痩せていく

などが挙げられます。

まとめ

グラスに手をかける子犬

犬の健康において重要となる水。パッケージの後ろにきちんと記載されているドッグフードと比べ、水に関してはどのくらい与えていいのか分からないですよね。犬がいつでも飲めるように、容器に水を常時入れているご家庭も多いのではないでしょうか。

基本的に、犬が好きなときに好きなだけ飲むスタイルで良いのですが、人間と同じように、犬も水を好む子と好まない子がいます。しかし水を飲みすぎる、飲まなさすぎる、両者ともに考えられる病気があります。

運動したあとでもないのに、水のおかわりを要求してくる、水の容器が空の状態が多くみられる、など異常に水を欲する場合は、病気を疑った方がいいかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。