犬のワクチン接種後に注意したい2つのこと

【獣医師監修】犬のワクチン接種後に注意したい2つのこと

お気に入りに追加

犬のワクチンを接種した後は2つのアレルギーに注意しなければなりません。ワクチンの接種によるアレルギーは命にもかかわる重大なものです。どのようなアレルギーなのか、どのような対策が必要なのかご紹介します。

3111view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

ワクチンを接種した後の副作用に注意!

病院で注射を受ける子犬

ワクチンを接種することで、予防することができる病気があるということはご存じかと思います。そのワクチンの仕組みはご存じでしょうか。
犬のカラダの中に異物である病原体(病原性を弱くしなりしたもの)をワクチンという形で入れて、免疫力をつける(免疫力を高める)というものです。
異物を入れるわけですから、副作用が起きるのではないかということを想像することができると思います。
全く副作用が起きない犬もいますが、ワクチンに対して過剰反応が起き、副作用となってあらわれる犬もいます。
混合ワクチンの接種は任意ですから、副作用を心配するあまり、ワクチンの接種をさせないという飼い主さんもいらっしゃいます。
どのような副作用が起きる可能性があるのか、どのような対策が必要なのか、一緒に考えてみましょう。

ワクチンを接種した後に注意したいこと①「即時型アレルギー」

上目遣いのキャバリアの顔のアップ

即時型アレルギーは、ワクチンを接種してから20~30分ほどで起きる副作用です。
アナフィラキシーショックとも呼ばれています。
ワクチンを接種したことで即時型アレルギーを引き起こしてしまった場合、呼吸困難や痙攣などの症状がみられることがあります。場合によっては命にもかかわりますので、様子をみるのは止めましょう。
ほとんどの病院で、次のような対処が行われていると思います。

  • 午前中にワクチンを接種する(午後の診療も行われている日に限り)
  • ワクチンを接種してから15分~30分ほどの間は病院で過ごす

うちの愛犬たちも、午後の診療も行われている平日に病院へ行き、午前中にワクチンを接種してもらうようにしています。
ワクチンを接種した後は20分ほど待合室で過ごした後、獣医さんの診察を受け、体調に変化や問題がなければ帰ることができます。
「もし、体調に変化があったらすぐに電話をください。」と言われます。

どのような対策が必要なのか

  • 体調の良い日にワクチンを接種しに行く
  • 午後の診療も行われている日の午前中にワクチンを接種しに行く
  • ワクチンを接種した後は15分~30分ほど病院内で過ごす
  • 帰宅後、体調の変化があった場合はすぐに病院へ連絡し、必要であれば病院へ連れて行く

即時型アレルギーを引き起こしてしまわないよう、体調の良い日にワクチンの接種をしましょう。事前に獣医さんの診察があると思いますが、食欲はあるか、うんちの状態は良好だったか、元気はあるかなど、愛犬の様子をよくチェックしておきましょう。

ワクチンを接種した後に注意したいこと②「遅延型アレルギー」

診察台に横たわるラブラドールを診察する獣医師

夜になって急に副作用が起きることがあります。遅延型アレルギーです。
ワクチンを接種してから数時間~24時間以内に起きます。
病院の診療時間が終わっている時間帯に起きてしまう可能性もありますので、十分に注意したいものです。

  • 顔が腫れる
  • 嘔吐する
  • 下痢をする
  • 皮膚を痒がる
  • 注射を打った部分が熱をもつ

このような症状が起きることがあります。もちろんわんちゃんによって症状は様々です。

どのような対策が必要なのか

ワクチンを接種した日は、とにかく安静に過ごします。
お散歩も遊びもお休みしましょう。
トイレトレーニングができておらず、外に行かなければトイレをすることができない犬もいると思います。ササっとトイレだけ済ませて、帰宅しましょう。

軽度の副作用が起きたときの対処法

白い垂れ耳の犬の顔のアップ

  • 元気がなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 寝てばかりいる

などの軽度の副作用が起きることがあります。
カラダの中に異物である病原体をワクチンという形で接種したのですから、カラダがひどく反応しているのだと思います。無理に食事をさせる必要はありませんので、水分補給だけしっかりさせてあげて様子を見ましょう。

また、副作用ではなく、精神的なストレスによって元気や食欲をなくしてしまっている可能性もあります。
ストレスによって嘔吐や下痢の症状があらわれることもあります。
病院が苦手な犬や注射が苦手な犬にとって、ワクチンの接種はとても苦痛だと思います。
不安や恐怖や痛みなどからストレスを感じ、元気をなくしてしまうこともあると思います。

まとめ

犬と青い手袋をした注射を持つ手

  • 即時型アレルギー
  • 遅延型アレルギー

この2つのアレルギーには十分に注意し、副作用が起きてしまった場合はすぐに病院へ連絡しましょう。
ワクチンの接種によるアレルギーは命にもかかわるものです。
帰宅した後、ひどい症状があらわれることもあります。
すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。