愛犬を甘やかしすぎると将来どんな迷惑犬になるか考えたことがありますか?

愛犬を甘やかしすぎると将来どんな迷惑犬になるか考えたことがありますか?

お気に入りに追加

子犬はとても小さくて、あどけなく、寝ていても起きていても天使のようで、なにをしても許してあげたくなるほど愛らしいですよね。けれど、どんなに幼い子犬でも、人と暮らしていく上で必要なルールを教えていくのも、飼い主としての責任です。もし、子犬の愛らしさに目が霞んで、愛犬を甘やかして好き放題にさせて育てると、どんな犬になってしまうのでしょうか?

4015view

なぜ、愛犬を甘やかして好き放題にさせてはいけないのか?

子犬のジャックラッセルテリア

なぜ、人間と犬が一緒に暮らす時、犬にいろいろなルールを教えなければならないのでしょうか?
まず、犬の生活の中に人間が入り込むのではなく、人間が暮らしている環境の中で犬と人間が一緒に暮らすのですから、犬がいることで人間の暮らしに悪影響が出るようなことがあってはいけません。
そのために「人と暮らすこと」になった犬に対して、その犬の「飼い主」となった人間は、飼い主の責任として、その家族の生活環境の中のルールを犬に学ばせなければなりません。
子犬であれ、成犬であれ、人間と一緒に暮らしたことのない犬を迎え入れたなら、その犬を「家畜」でも「番犬」でもなく、共に暮らしていく「家族」にするために、トレーニングを施す必要があります。

愛犬を甘やかして、トイレトレーニングをしなかったら…

子犬と濡れたカーペット

一緒に同室で泊まる旅行に連れて行けない

最近は、犬を一緒に連れて泊まれる宿が増えました。
しかし、そういった「犬連れ歓迎」の宿でも、ほとんどの場合、「トイレの躾がされていること」と言う注意書きがあります。
全くトイレトレーニングが出来ておらず、犬が「したい時にしたい場所で」排泄するのであれば、せっかく家族として一緒に暮らしているのに、旅行に行く際はいつもペットホテルに預けたり、ペットシッターさんにお願いするしかありません。

家の中に悪臭が沁みつく

旅行だけでなく、家の中でも場所を定めず好き勝手に排泄するようになれば、その後始末だけでも大変です。
しかも、排泄する場所が複数ある場合、手入れが行き届かず家中に犬の排泄物のニオイが染みついてしまうことになります。
持ち家ならまだしも、もし賃貸物件に住んでいるのであれば、近隣の人にもその悪臭の影響が出てくるかもしれません。
そうなると、ご近所トラブルにもなりかねません。

愛犬を甘やかして、「マテ」のコマンドを教えなかったら…

口を開けているジャックラッセルテリア

散歩の途中や、ドックランで他所のわんちゃんと喧嘩になりそうになった時、「マテ」のコマンドを知らないままだと、愛犬の衝動的な行動を止めることが出来ません。
犬同士の喧嘩だけでなく、リードが外れて暴走した時も、犬の動きを止めることが出来ず、道路に飛び出して車に轢かれてしまう…と言った事故にもなりかねません。

愛犬を甘やかして、「コイ」「オイデ」のコマンドを教えなかったら…

走っている柴犬の後ろ姿

「コイ」「オイデ」は、「呼び戻し」という行為です。
どんなに離れても、家の中のどこにいて何をしていても、飼い主さんが「オイデ!」と呼べば、戻ってくるようにトレーニングを施します。

ドックランで犬が疲れるまで帰れない

「絶対にリードを外したり、フリーにしないから、教える必要はない」と思って、「コイ」や「オイデ」を教えなかったとします。
まず、どんなに人間が本気で走っても、本気で走る犬を捕まえることは出来ません。
ドックランで楽しく遊んでいる犬に、「オイデ」「コイ」と教えていなかったら、犬が飽きるか、疲れるまでずっとドックランの中を追いかけまわすしかありません。

逸走した時、捕まえることが出来ない

囲いのあるドックランの中ですら、本気で走っている犬を捕まえるのは困難です。それが、全く囲いのない場所で、万が一リードやハーネスが外れて、犬が走って逃げてしまったら、迷子になってしまい、最悪の場合、車にはねられたり、迷子になって帰ってこられず、命を落としてしまうことも十分に考えられます。「人に迷惑をかける」ことよりも、大切な愛犬の命を失う事になりかねません。

愛犬を甘やかして、「ハウス」のコマンドを教えなかったら…

ケージの中で寝る犬

「ハウス」は、クレートやキャリー、ケージなどに犬を入れる時に出すコマンドです。ただ、「ハウス」のコマンドは、ただ狭い場所に閉じ込めるだけでなく、「絶対的に安心できる安全な場所に入る」ことも同時に理解させる必要があります。「狭いところに閉じ込めるなんて可哀そう」と、「ハウス」のコマンドを教えなかったら、人にどんな迷惑をかける犬になってしまうのでしょうか。

病院、ペットホテルで獣看護師さんなどに迷惑をかける

動物病院は、予防接種や避妊手術、健康診断などで利用する場合もありますが、具合の悪い動物を連れてきている方もいるので、待合室で愛犬を走り回らせたり、好き放題させたりするのは、非常識です。
飼い主さんの指示でじっと大人しくできないような愛犬の場合、特に声が甲高い小型犬の場合は、キャリーやクレートに入れて順番を待つべきです。
もし犬が「ハウス」のコマンドを知らなかったら、飼い主さんが他の人への気遣いが出来る人であっても、実行することが出来ません。
また、入院やペットホテルに預ける場合、「ハウス」のコマンドを知らないと、ケージに入れる時に大変な手間がかかり、スタッフの方に迷惑をかけることになります。

公共交通機関を利用できない

愛犬が10㎏以下であれば、電車に乗せることが出来ます。ただし、クレートやキャリーなどに入れることが条件のため、「ハウス」が出来なかったら電車などの公共交通機関を利用することは出来ません。
無理やりキャリーに入れてしまうと愛犬が驚いてしまい、移動中ずっと鳴き続ける可能性もあります。世の中の全ての人が犬を好きなワケではないので、犬の声が耳障りな人にとっては大迷惑です。

災害時、避難出来ない

現在、日本では災害時に「同行避難」を推奨しています。災害時、飼い主さんはペットと一緒に安全な場所へ避難し、無事に避難所に着いてからは、人とペットとそれぞれ決められた場所で避難生活を行うことです。もし、「ハウス」のコマンドを教えていなかったら、ペットの居住空間にいる間、ずっと鳴き続けたり、愛犬に大きなストレスを与えることになるでしょう。

愛犬を甘やかして、車に乗る時に車内を自由に動き回らせていたら…

車から乗り出すゴールデンレトリバー

交通事故の際、車外に投げ出される危険性がある

人間の場合でも、交通事故の際、シートベルトをしていなかった子供さんだけが車外に投げ出されて命を落とすといった事故が起こっています。

運転の邪魔になり、交通事故の原因になる可能性がある

小型犬でも、突然興奮して運転手さんにじゃれかったら、それが原因で事故を起こしてしまうかも知れません。また、小型犬ではなく、まだ落ち着きのない大型犬の子犬だったら、もっとそのリスクは高くなるでしょう。
愛犬を車に乗せる場合、クレートに入れるか、犬用のシートベルトで体を固定する必要があります。

愛犬を甘やかして、吠えるのをやめさせなかったら…

鳴く子犬

理由なく犬が吠えることはありません。「無駄吠え」と言う言葉がありますが、それは犬が吠える理由を人間が理解していないだけです。
犬が吠える理由や原因を理解し、吠える必要のない状況を作り出すことで、いわゆる「無駄吠え」を徐々に減らすことは出来ます。
とはいえ、やはり本能的に吠えたり、なにかに驚いて興奮し、鳴き続けてしまう…といったこともあります。
そんな時に、犬が人や物に吠えかかるのを止めることが出来なかったら、どうなるのでしょうか。

近所トラブルの原因になる

普通に暮らしている中で、ちょっとした物音に驚いて吠え続けたり、また、飼い主さんが不在で留守番をしている最中、ずっと吠えている、といったことがあれば、いわゆる「ご近所トラブル」を引き起こす原因になります。
世の中には、「犬がうるさい」と恨まれ、それが高じて、散歩のコースに毒物を置かれたり、家のまわりに嫌がらせをされたりと言った事件も実際に起こっています。

人に怪我を負わせる可能性がある

犬が怖い人は、小型犬に吠えかかられただけでも、緊張します。
それが、体の大きな犬であればなおさら恐怖を感じることでしょう。
吠えるだけでなく、もし、走っているバイクや自転車に吠えかかったら、運転している人が驚いて転倒し、怪我をしてしまうかもしれません。

愛犬を甘やかして、散歩の時、引っ張られるままにしていたら…

飼い主を引っ張る犬

特に、大型犬の場合、犬にぐいぐいと引っ張られて散歩をしている飼い主さんをよく見かけます。もし、本気で大型犬が走ったら、大人の男性でも制御出来ません。
飼い主さんと愛犬、両方の安全のためにも、愛犬が衝動的に走り出したりすることなく、落ち着いて歩けるようにトレーニングしておく必要があります。
もし、犬の行動を制御できず、常に犬の気ままにまかせて、飼い主さんが引っ張りまわされていると、どんな問題が起きるでしょうか。

散歩に連れていけなくなり、飼育放棄に繋がる

運動量が足りていないと、犬のストレスが溜まります。その結果、家の中で走り回ったり、家具や座布団、クッションなどを食い破ると言ったストレス発散のための行動をとるようになります。
また、大型犬は小型犬よりも排泄物の量が多く、家の中できちんとトイレトレーニングが出来なかったら、排泄をさせるために何度も外に連れて行かなくてはいけません。
結果、飼い主さんの手に余り、外での飼育になってしまいます。
そうなると、徐々に散歩の頻度も時間も減り、排泄物も一日中放置し、ただ、繋いで餌を与えるだけ…という飼育放棄に繋がります。
そんな状態になると、犬も、犬が暮らしている環境も悪臭が立ち込めて、近隣に住んでいる人たちに大きな迷惑をかけることになります。

飼い主さんが怪我をする

愛犬との散歩の最中、勢いよく引っ張られて飼い主さんが転倒し、怪我をしてしまうことが考えられます。もし、お仕事をされている飼い主さんが、腕を折ったり、足を挫いたりして日常生活に支障をきたすほどの怪我をしてしまったら、間接的ではありますが、結果として「犬を甘やかしていたこと」が原因で、一緒に働いている人にも迷惑をかけてしまうことになります。

運動不足になり、逸走する可能性が高くなる

犬のストレスが溜まって、何かの拍子に逃げ出してしまうこともあります。
安全に愛犬を保護し、連れ戻すためにはたくさんの人の手を借りなければならない場合もあります。

まとめ

キョトンとする犬

愛犬に惜しみなく愛情を注ぐのと、甘やかして好き放題させるのとは、全く違います。
一度、家族として迎え入れたからには、生涯、その犬が幸せで暮らし、飼い主さんもその犬を家族として愛し続けるためにも、また、周りの人に迷惑がられることなく暮らすためにも、愛犬には人間と一緒に暮らしていけるように、トレーニングをし、躾をするのが愛情の証なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。