愛犬のしつけに叱ることは本当に不必要なのか?

愛犬のしつけに叱ることは本当に不必要なのか?

お気に入りに追加

愛犬と生活を共にしていくなかで、愛犬を叱るということが一瞬必要になることがきっとあります。しかしながら体罰というのは、叱ることとは全然ちがいます。つい怒りに任せて愛犬に手をあげたりしていませんか。今回は愛犬を叱ることは本当に不必要なのかを紹介します。

2941view

愛犬は飼い主さんに怒られると凹んでしまいます。怒ることと叱ることの意味のちがいを良く理解し、それを踏まえて上手に活用しましょう。さもないと、考えられないような失敗を招く可能性もあるので注意が必要です。

「怒る」と「叱る」のちがい

飼い主に怒られて目を瞑る犬

愛犬を叱ることが必要なときも、飼い主さんにはきっとあるでしょう。だからといって、厳重に言って聞かせる必要は全くありません。愛犬にガミガミとうるさく大声で言っても、その飼い主の真意は愛犬に全然伝わらないので気をつけましょう。

愛犬をほめて育てるということと叱ることは正反対なので、多くの飼い主さんが叱ることを嫌っているのも理解できます。まずは初めに、叱るという行為の本当の意味を、新たに基本から考えてみましょう。

間違いとしてよくあるパターンは、「叱ること」と「怒ること」が混同してしまうこと。中には一瞬でも、「何が違うの?同じじゃないの?」と思う人も少なくないかもしれませんが、実はこれが大きな間違いです。

怒るということは、いろいろと上手くいかないときのいら立ちから、感情に任せて怒鳴ったり、又は体罰を与えたりすることです。無駄吠えのときやトイレの失敗時に、愛犬の首元をつかんで強引に止めさせる行為も同類と考えていいでしょう。飼い主の怒る行為はほとんどの場合、愛犬の問題のある行動を悪化させるでしょう。

愛犬を叱るというアクションは、現在起こっている困った、

  • 問題のある行動を止めるために行うもの
  • 問題のある行動を変えるために行うもの

と考えてください。

飼い主さんは必要ない感情を入れないように、愛犬を静止させるために指示するだけでいいのです。これは愛犬の行動をよく観察していないとできないことです。これが、叱ることが難しいと言われる理由です。

愛犬に「いけない」の本当の意味を理解させよう

ダックスフンドにしつけをする飼い主の手

愛犬に、行動禁止の言葉「いけない!」を理解させることによって、いかなるときでも愛犬の行動を止めることをできるようになります。愛犬に、「いけない!」=「叱られた」=「今の行動を止めないといけないのだ」と学習させましょう。

1.愛犬の大好きなおやつ(念のために、とられてもすぐに食べられないようなガムなどが一押しです)を部屋の真ん中に置きます。

2.リードをおやつまで届きそうで届かない長さに持ち、愛犬がとろうとしたときに「いけない!」と5分から10分くらい言い続けます。

3.愛犬が諦めたら「おいで!」を指示してごほうびをあげます。これを繰り返すうちに、「いけない!」と言うと飼い主の元へ戻ってくるようになります。

4.次のステップは、部屋の真ん中においたおやつの周りを歩いてみましょう。愛犬におやつをとられないようにリードでコントロールします。愛犬がおやつをとろうとするたびに、「いけない!」とアクションを静止させます。

5. 「いけない!」と言った直後に、愛犬があきらめて飼い主の目を覗き込んできたら、「おいで!」と指示して呼びます。

6.そして、ごほうびをあげます。これを繰り返すうち徐々に、愛犬が「いけない!」でアクションを止めることができるようになります。

愛犬を叱ることは嫌悪刺激を与えてしまう

飼い主に怒られて嫌がるヨークシャテリア

前にも書きましたが、愛犬を叱るということは多少なりとも嫌悪刺激を与えます。裏を返せば、これを上手に使いさえすればうまくいくということです。

「こら!」「だめ!」「いけない!」「あっ!」などと行った言葉と一緒に、[ドスの効いた野太く低い声][強面の顔][愛犬の嫌いな匂い][金属音類]等といった、嫌悪刺激を上乗せします。[ドスの効いた野太く低い声]や[強面の顔]は、わりあい実施しやすいものでしょう。

そして、叱るということは愛犬を驚かせることだと考えてください。「いけない!」と低めの声で大きく言った瞬間に、驚いて愛犬がアクションを止めたら、おすわりをさせつつ落ち着かせて、ほめてあげましょう。

まとめ

犬と向き合ってしつけをする女性

いかがでしたでしょうか。
何よりもまず、飼い主さん自身に考え違いはないか、そしてこの「怒る」と「叱る」が違うということを考えてみることが大切です。

さらに、愛犬を叱るということは、多かれ少なかれ嫌悪刺激を与えることになりますので、愛犬がトラウマにならないように注意する必要があります。愛犬が叱るとどのような行動や表情を見せるか、またどのような反応を見せるか、十分に観察しつつ実施してみましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。