犬も「爪とぎ」をすることがある?

犬も「爪とぎ」をすることがある?

お気に入りに追加

犬が猫のように爪とぎをする姿をみたことはありませんか?犬も爪とぎをするのでしょうか。実は爪とぎではな「穴掘り」をしているのです。

2243view

犬は爪とぎをするの?

犬のあし

犬は爪とぎはせず、爪とぎのように見えるのは「穴を掘る、巣穴を作る」という犬の先祖から引き継いだ習性である場合が多いです。
犬はもともと外で暮らす生き物で、昔は穴を掘ってそこを巣にして暮らしていました。そしてその穴に餌を保管したりしました。
現在は穴を掘る必要はありませんが、本能として残っているため穴を掘る動作をします。
人間は穴掘りを爪とぎと勘違いしてしまうことが多いのですが、穴掘りは爪をといでいるのではなく居場所を整えてそこで寝たりするのが目的なのです。
しかし中には遊びの延長としてやる犬や、ストレスが溜まりぶつける場所がなくしかたなく穴掘りで発散している犬もいます。
爪とぎだからしょうがないと終わらせるのではなく、どういった意味の穴掘りなのかを考えてみると犬の気持ちや状態がわかるでしょう。

犬にとっての穴掘りとは

穴を掘るドーベルマン

習性

犬にとっての穴掘りは先祖からの習性で、穴掘りの多くは寝る前に出ることが多いです。
安全に眠ったり、休むための穴を確保するために穴をほっていた名残なのです。また穴の中を整えて静かに休めるようにする行為でもあり、寝る前に穴を掘ることが多いのはそのためです。
ただ、習性とはいえ家の中の壁やソファーをボロボロにされてはたまりませんよね。穴掘りもしつけである程度やめることはできます。
しかし無理にやめさせると大きなストレスの原因となることもあるため、ダンボールや傷がついてもいいものでよく穴掘りをする場所をふさいだりすると良いでしょう。
可能であれば家具の配置を変えるのも良いですね。

遊び

穴掘りは巣穴を作るためだけではなく、遊びとして行う犬もいます。
穴掘りをボール遊びやかけっこなどの他の遊びと同じように思っている犬もいて、犬自身は楽しんでいるため注意をしてもいうことをききません。とくに若い犬はエネルギーも有り余っているので簡単にはやめないかもしれません。
もし寝る時間でなくても穴を掘る場合は遊びと捉えている可能性が高いでしょう。
しつけをしてやめさせる場合、タイミングをみてしっかりと注意しないと犬は「穴掘りをしたら飼い主さんがかまってくれる」と間違った認識をしてしまいます。
そう覚えてしまうと遊んでほしいときや、構ってほしいときに穴を掘るようになってしまうのできちんとしつけをするようにしましょう。

ストレス発散

習性や遊びとは別に、ストレスが溜まっていてそれを発散するために穴を掘る場合もあります。
運動不足やコミュニケーション不足などでストレスが溜まると何かで発散しなければ犬もイライラしてしまいます。
散歩や遊びのかわりに穴を掘って発散しようとします。
寝る前以外であったり、声をかけてもやめずに一心不乱に掘っている場合はストレスが原因であることが多いです。
ストレスを溜めすぎると噛み付いたり家具を壊したり、過剰に吠えるなどの問題行動につながりので、散歩や遊び、コミュニケーションでストレスを解消してあげましょう。

爪切りは必要?

爪切り

犬の場合は猫と違って爪とぎはしないので、人間に爪を切ってもらう必要があります。
犬の爪の中には血管が通っていて、それを切ってしまうと痛みを感じます。痛みを感じることが多いと、犬は爪切りを嫌なことだと覚えてしまい、抵抗するようになってしまいますので注意が必要です。
白い爪だと血管が見えやすいのですが、黒い爪だと血管が見えにくいので少しずつ切っていかなくてはなりません。
自分で切るのが不安という方はトリマーさんに頼んだり、病院で切ってもらうようにしましょう。
切らずに伸ばし続けると爪が内側に丸まって、肉球に刺さってしまい炎症を起こす可能性があります。またその場合、肉球ではなく爪で体を支えることになるので爪が割れたり、転んでしまったりする危険性があります。
散歩などで自然に爪が削れている場合は爪切りの必要がないこともあるので、どの程度伸びているのか記録をつけてみると良いですね。

まとめ

足を前に揃える犬

犬の爪とぎ見える行為の多くは穴を掘る行動です。
穴を掘って居場所を整えて、ゆっくりと休もうとしているので寝る前に行うことが多いようです。
また遊びとして行う犬やストレス発散のために行う犬もいます。
愛犬がどのタイプなのかを把握することで、愛犬の現在の状態や何を求めているのかなどを知ることができます。
穴掘りは習性であるため無理に直すとストレスを溜める原因にもなるので、穴を掘ることを前提にして家具の配置やダンボールを置くなどの対策が必要になる場合もあります。
犬の習性も尊重しつつ、家を傷つけない方法が見つかると良いですね。
また自分で爪とぎをしない犬は爪が伸びすぎると人間が切る必要があります。
うっかり血管を切ってしまうと痛みから怯えてしまい爪切りを嫌がるようになってしまいます。もし自分で切る自信がない場合はトリマーさんに頼んだり、病院でお願いしたりしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。