犬にも漢方は使えるのか?メリットとデメリット

【獣医師監修】犬にも漢方は使えるのか?メリットとデメリット

お気に入りに追加

体に負担をかけない治療法として近年、東洋医学や漢方薬といったものが注目されています。漢方薬は犬に使えると思いますか?また、犬に使うとメリットやデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

1354view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬にも漢方薬って使えるの?

医療系のイラストと犬

犬にも漢方薬は使える

人間が服用する薬の1つとして漢方薬があります。昔に比べると漢方薬を取り扱う薬局が増えてきたので、利用している人もいるのではないでしょうか?人間と同様に漢方薬を犬に飲ませても大丈夫なのかな?と疑問に思った事はありませんか?

結論を先に言いますと犬は漢方薬を服用しても大丈夫です。近年では漢方薬を扱う動物病院も増えてきているので、より愛犬に合った薬を見つけることができそうですね。

漢方薬とは?

そもそも漢方薬とはどういったものなのでしょうか。現在親しまれている医療は、主に西洋医学に基づいたものとなります。薬局店でよく見かける薬や処方されている薬も西洋医学によって作られた薬が多く扱われている事でしょう。そんな西洋医学の治療方法や薬はすぐ効果がでる反面、副作用が強く出てしまうといったデメリットがあります。

一方、漢方薬は東洋医学に基づいて作られる薬となります。簡単に言いますと、東洋医学は気や血の流れを良くしたり、漢方薬を使って五臓の働きを整える事で治療する医学です。
漢方薬は、自然に存在する植物や鉱物等、動物など生薬と呼ばれるものが主な原料となります。古くからそれらの素材を丁寧に加工する事で漢方薬は作られてきました。自然のものを使って作られていますので、体に負担をかけないで症状を和らげることができるようですね。

漢方薬を服用する時のメリット

薬を見つめる犬

自然の素材を使用

漢方は自然の素材を使用しているので、弱っている体でも馴染みやすく負担がかかりにくくなっています。例えば、身近な食材だと体を温めたいときにショウガを擦って飲み物に入れたり、ハチミツを食べて免疫力をあげたりした事はないですか?漢方薬はそういった素材の特性や効果を生かして作られている薬ですので、体に優しく負担がかかりにくいのです。

自然治癒力を使って症状を改善

自然の素材の効果を存分に発揮するように作られている漢方薬は治療するというよりも、漢方薬を飲むことで体の状態を整えたり、体が本来もっている自然治癒力の手助けをして病気や症状を改善します。

副作用が少ない

漢方薬の良いところは何といっても、体に負担がかかりにくいのと副作用が少ない事です。西洋医学に基づいて作られている薬は、即効性がありますが同時に少なからず副作用もあり、効き目が強い薬になるほど副作用の効果も強くなります。病気が治っても他の部分がしんどくなってしまっては辛いですよね。その点、漢方薬は副作用があまりないので安心して服用できそうですね。

飲みやすい

普段処方されている薬は苦いものが多いと思います。愛犬が全然薬を食べてくれない。そんな経験をした事があるのではないでしょうか?漢方薬は自然の素材で作られているので、普段の苦い薬と比べて食べやすいようですよ。また、薬の種類も粉末、液状、錠剤があるようなので、愛犬が服用しやすいものを選べるのも良いですね。

漢方薬を服用する時のデメリット

薬を見つめる犬2

効き目が出るのに時間がかかる

普段服用している西洋医学の薬と比べると、漢方薬は即効性に欠けてしまいます。そんな漢方薬は、基本的に長い期間服用し続けることで、ゆっくりと体に浸透していき自然治癒力と共に薬の効果が現れます。

薬によっては合わない

漢方薬は種類がたくさんあるので、その中から愛犬にあったものを見つけなければいけません。薬との相性が悪いとあまり効果がなかったりする場合がありますので、獣医の方と相談しながら愛犬に合った漢方薬を見つけましょう。

アレルギーがでる時がある

副作用ではないのですが、漢方薬で気を付けないといけないのがアレルギー。漢方薬に使われている生薬(素材そのもの)によっては、アレルギーの症状が出てしまうものがあります。漢方薬を飲んで愛犬の状態が悪化してしまった場合は、アレルギー反応がでている場合がありますので、病院に連れて行きましょう。

まとめ

薬を食べる犬

近年、東洋医学や漢方薬がとても注目されています。体本来の力を使って負担をかけずに病気を治せるのがとても魅力的だと思います。犬にも効果的な薬となりますので愛犬が病気をした時、なるべく体に負担をかけたくないと思った時に漢方薬を使うと役に立ちそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。