犬が頭痛を感じている時の症状5つ

犬が頭痛を感じている時の症状5つ

お気に入りに追加

この記事では「犬が頭痛を感じている時の症状5つ」というテーマで、犬が「頭が痛い…」と感じている時にはいったいどんな行動をするのか?という例を5つ挙げてみます。愛犬の健康管理にも役立ちますので、是非チェックしてみてくださいね!

10551view

頭痛を感じている時の症状1:頭を低くして吠える

頭を低くして悲しい表情をする犬

海外で「偏頭痛」と診断された犬が、発作の時によく見せていた行動として、「頭を低くして吠える」ということが挙げられています。

頭を上げると痛みが酷くなるため、頭を下げながら「痛い!」と吠えて伝えようとしているのでしょう。

通常は吠える時、頭を上げて力強く吠えますが、このようにいつもと様子が異なる吠え方をするようであれば、頭痛などの異常を疑ってみるといいかもしれません。

頭痛を感じている時の症状2:光や音に過敏になる

目を閉じる柴犬

私たち人間も共感できると思いますが、頭が痛いときはいつもなら特に気にならない光でも「眩しい」と感じたり、物音に「うるさい」と感じることがありますよね。

光や音の刺激が頭に響いて、余計に頭痛を増幅させます。犬も人間と同様に感じているので、いつもより音や光に敏感になってくるという症状がみられます。

頭痛を感じている時の症状3:嘔吐する

嘔吐している白黒の犬

頭痛が原因で嘔吐してしまうこともあります。頭がクラクラして、気持ち悪くなって吐いてしまう状況ですね。

いつもより元気がなく、空腹や誤飲をしたわけでもないのに嘔吐した場合は、頭痛を始めとする身体の不調があることを念頭に置いておくと、早期発見につながります。

頭痛を感じている時の症状4:ヨダレを垂らす

ヨダレを垂らす茶色い犬の口元

脳の神経に不調(頭痛などとして表れる)があると、唾液を分泌することが上手くできなくなったり、唾液を飲み込みにくくなったりすることがあります。このような症状が出た場合、

  • 脳腫瘍
  • 脳炎
  • 水頭症
  • てんかん

など脳の異常があるかもしれません。急にヨダレをダラダラと垂らすようになった場合は、脳の病気の可能性もあるので動物病院に早目に連れて行ってあげましょう。

頭痛を感じている時の症状5:隠れる、大人しくなる

ブランケットの下に隠れる黒パグ

頭痛を感じているときには、出来るだけ外部の刺激を受けずに静かなところで休みたいと犬も思います。

いつも元気なワンちゃんが急に大人しくなったり、家族から離れて休むようになったり、テレビなどの音のするものから離れるようになった場合は、頭が痛いのかもしれません。

おわりに

カーテンの陰に隠れるゴールデンレトリバー

いかがでしたでしょうか?
犬が頭痛を感じているときの症状として、

  • 頭を低くして吠える
  • 光や音に敏感になる
  • 嘔吐する
  • ヨダレを垂らす
  • 隠れる、大人しくなる

の5つの例を挙げてきました。もし、愛犬や身近なワンちゃんにこのような症状がいくつか当てはまるようなことがあれば、「頭痛」を疑ってみてください。

言葉が話せないワンちゃんは、飼い主さんも「頭痛を感じている」ということを発見しにくいです。

偏頭痛など日常的に感じる頭痛であれば、ワンちゃんにとって辛いので、適切な治療を受けさせてあげるためにも飼い主さんが「症状を把握して、よく観察する」ことを心がけておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。