犬に「プロテイン」を与えるメリットとデメリット

犬に「プロテイン」を与えるメリットとデメリット

お気に入りに追加

プロテインは英語であり、日本語ではタンパク質です。タンパク質は犬が最も必要としている栄養素です。犬にプロテインを与えることで、どのようなメリットとデメリットがあるのかご紹介しています。

1855view

犬のプロテインの必要性について

生の鶏肉をくわえているボーダーコリー

栄養素の中で、犬が最も必要としているのがプロテイン(タンパク質)です。

ドッグフードのパッケージに表示されている栄養素や成分を見てほしいのですが、必ずタンパク質量が表示されていると思います。

なぜ犬がプロテインを必要とし、ドッグフードのパッケージにも表示されているのか。

それは、犬の基礎代謝や免疫力や筋力、被毛や皮膚の健康などを維持するために欠かすことのできない栄養素だからです。

犬の健康のために重要なプロテインですが、もちろんカラダの大きさや体重、犬種や年齢などによって1日に必要としている量には違いがあります。

愛犬に必要なプロテインはどれくらいの量なのかを把握し、与え方には十分に注意しましょう。

犬にプロテインを与えることのメリットとデメリット、注意点についてご紹介します。

犬にプロテインを与えることのメリット

ドッグフードと生肉

  • 基礎代謝を維持することができる
  • 免疫力を維持することができる
  • 筋力を維持することができる
  • 被毛の美しさを維持することができる
  • 皮膚の健康を維持し、皮膚病を予防することができる

犬にプロテインを与えることには、主にこのようなメリットがあり、犬の健康と美しさを維持することに必要な栄養素であるということがわかります。

では、このようなことを維持することで、得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

健康で活動的な老後を過ごすことができる

プロテインを与えることで筋肉を維持します。

筋肉を維持することができれば、基礎代謝が下がりません。基礎代謝を維持することができれば、体脂肪を適正に維持することができます。

つまり、太りにくい体質を維持することができ、肥満などの生活習慣病や生活習慣病が引き起こす病気を予防することができます。

そして、犬が老化するスピードを穏やかにすることや、将来的に寝たきりになってしまうことを予防することもできます。

犬も年齢を重ねるごとに筋肉が衰え、歩けなくなってしまったり、自力で立つことさえできなくなったりします。

しかし、筋肉をしっかり維持することができれば、寝たきりになることを予防することができるでしょう。

また、免疫力を維持することができれば、病気や感染症の予防にもなります。

犬にプロテインを与えることのデメリット

飼い主の持つごはんを見上げるシーズー

犬にプロテインを与えることがデメリットになってしまう理由は、与え過ぎること(過剰摂取)です。

基本的には、適切なドッグフードを与えることができていれば、犬が必要としているタンパク質量をしっかり摂取することができています。

ドッグフードだけでは不足してしまう場合には、サプリメントなどから摂取しても良いということです。どんなに犬が必要としている栄養素であっても、過剰に摂取してしまってはカラダに害を与えてしまうばかりです。

タンパク質の過剰な摂取で引き起こす病気①「尿路結石」

タンパク質(プロテイン)の過剰な摂取によって、尿路結石を引き起こしてしまう可能性があります。

犬の尿路結石はタンパク質の過剰な摂取や栄養バランスの偏った食事が主な原因です。

また、水分の摂取が少なすぎることも原因になります。尿路結石を食事療法で治療する場合、タンパク質の摂取を制限されることがあります。

タンパク質の過剰な摂取で引き起こす病気②「腎臓病」

犬の死亡原因の3位にも入っている腎不全。

腎臓の病気は、早期発見によって食事療法のみで治療することができるものです。

腎臓病の原因のひとつがタンパク質の過剰な摂取です。

腎臓は老廃物へと変化したタンパク質を排出するという働きをしていますが、タンパク質を過剰に摂取してしまった分、肝臓も過剰に働かなければなりません。過剰に働き続けた腎臓は病気を患ってしまいます。

腎臓に疾患を持つ犬は、獣医さんによってタンパク質の摂取を制限するよう指導されると思います。しかし、腎臓病を引き起こしてしまわないために、健康な犬もふだんからタンパク質の摂取量をしっかり考えていかなければなりません。

まとめ

テーブルの下からご飯を見つめるコリー

犬が最も必要としている栄養素であるタンパク質。ただしプロテインを過剰に摂取してしまうことで、尿路結石や腎臓病などを引き起こしてしまうリスクもあるとわかりました。

愛犬が1日に必要としている量を知り、適切な量を与えるようにしましょう。

ドッグフードや栄養バランスを見直す良い機会になるかもしれません。ご自身で見極めることができない場合には、獣医さんに相談しましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。