犬が動揺しているときにする仕草5つ

犬が動揺しているときにする仕草5つ

お気に入りに追加

犬が動揺したとき、どんな表情や行動をしたりするか思い浮かびますか?この記事では「犬が動揺しているときにする仕草」というテーマで、ワンちゃんが動揺しているときにいったいどういう行動を見せるのかという例を5つご紹介します。是非、チェックしてみてくださいね!

9831view

動揺しているときにする仕草1:白目をむく

上目遣いをするバセットハウンド

いわゆるビックリした表情をすることです。

犬はふだん、黒目しか見えていませんが、驚いたり動揺したりしたときに、「白目をむく」表情をします。

「えっ・・・(どうしよう)」といった気持ちでしょうか。

例えば、つまみ食いをしたワンちゃんが、飼い主さんに見つかったとき、「えっ・・・」とバツが悪そうに白目を見せてキョロキョロします。可愛いので思わず許してしまいますね。笑

動揺しているときにする仕草2:身体を硬くする

身をすくめて怯える子犬

「どうしよう」と緊張する気持ちが強くて、身体を強張らせてしまうことがあります。

ビビりなワンちゃんが動揺したときに、多くみられる仕草と言われています。

緊張状態でストレスも感じていますので、どうして動揺しているのか原因を見つけてあげて、その原因をできるだけ早く取り除いてあげてくださいね。

動揺しているときにする仕草3:立ちすくむ

注射を見て立ちすくむチワワ

犬にとって理解できない出来事があったり、ショックすぎることが起こったりすると、ただ茫然と「立ちすくむ」ことがあります。心は動揺し、体が動かなくなってしまうようです。

例えば、お気に入りの場所や物が突然なくなってしまった、犬にとってショックな出来事を見てしまったなどの原因が考えられます。

動揺しているときにする仕草4:キョロキョロする

クレートに入った二匹のビーグル犬

「どうしよう」「嫌だけど解決できないなぁ」「困ったなぁ」という動揺した気持ちのときに、このような行動をするようです。

例として挙げられるのが、あるワンちゃんが空港で飛行機にのる場面で、ペットとして預けられるときに、クレートの中にいるワンちゃんがとった行動です。

「キョロキョロ」とクレートの外を落ち着きなく見て、とても不安そうでした。

動揺しているときにする仕草5:平然を装う

真面目な顔で見つめるパグ

いたずらをしたとき、見つかって動揺しているにも関わらず、「僕(私)はしてませんよ?」と平然を装うことがあります。

例えば私が見た例では、多頭飼いのワンちゃんの一人がいたずらをしました。

飼い主さんにイタズラが見つかったとき、やっていないワンちゃんは「どうしたの?」と本当に分からないといった顔をしています。

しかし、犯人のワンちゃんは「ぼぼぼぼくはやってませんけど?」と目を泳がせながら平然を装っています。あまりにもバレバレなので、飼い主さんも思わずわらってしまったようです。

まとめ

腰を落として挙動不審なチワワ

いかがでしたでしょうか。犬が動揺しているときに見せる仕草として、

  • 白目をむく
  • 身体を硬くする
  • 立ちすくむ
  • キョロキョロする
  • 平然を装う

の5つをご紹介しました。見たことがある仕草はありましたか?

他にも、個性的な表現方法で「動揺」を伝えてくる子もいるでしょう。

犬の仕草から読み取ることができる気持ちをたくさん学べば、ワンちゃんと会話できるようになる日も遠くないかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。