犬がおもちゃを噛む心理とは?安全な管理方法まで

犬がおもちゃを噛む心理とは?安全な管理方法まで

お気に入りに追加

犬がおもちゃを噛んでいるときの心理はどのようなものなのでしょうか。5つの心理について解説してみました。おもちゃの安全な管理法についても考えたいですよね。

3959view

犬がおもちゃを噛む心理①「歯がムズムズしている」

飼い主とおもちゃを引っ張り合う柴犬

子犬であれば、乳歯から永久歯へと生え変わる時期になると歯がムズムズし、解消するためにおもちゃを噛むとされていますよね。
これは、成犬にも同じことが言えるんです。

毎日の歯磨きをしていない犬の口の中は菌が繁殖し、歯垢や歯石がたまっているのではないでしょうか。歯肉炎や歯周病によって歯がムズムズし、それを解消したいという思いからおもちゃを噛んでしまうことがあります。ムズムズ感だけではなく、痛みがある可能性もあります。

噛んでいたおもちゃをチェックしてみてください。血がついているかもしれません。
おもちゃの破片で、口の中を傷つけてしまったことが原因でない場合は、歯肉炎や歯周病によって歯茎から出血してしまったのです。

犬がおもちゃを噛む心理②「ストレスを発散させている」

ぬいぐるみを噛んで遊んでいるパグ

どんなに温かい家庭で、快適な暮らしをしていたとしても、全くストレスのない犬はいないでしょう。少なからずストレスを感じていて、そのストレスを発散させるために、おもちゃを噛むことがあります。
例えば、お留守番のときにストレスを感じやすい犬が多いのではないでしょうか。
一人きりでお留守番する犬の場合、多少の不安や恐怖によって、ストレスを感じているかもしれません。
工事の音がしたり、知らない人の声がしたり、大きなトラックが通る音がしたりと、不安や恐怖やストレスの原因になることは、日常生活の中にたくさん存在しています。

お留守番の間に、おもちゃを噛んで壊してしまうことが多いのであれば、お留守番中のストレスを発散させるためや、不安な気持ちを解消させるためにおもちゃを噛んで、しのいでいるのかもしれません。

犬がおもちゃを噛む心理③「退屈だから」

赤いおもちゃをくわえているポメラニアン

お留守番の間や、飼い主さんに構ってもらえないとき、退屈をしのぐためにおもちゃを噛んで暇つぶしをすることがあります。
お留守番の間の退屈しのぎに、家具を噛んでボロボロにしてしまう犬がいますよね。
おもちゃを与えることで、家具を噛んでボロボロにしてしまうことを防ぐことができるのであれば、安全なおもちゃを与えて出かけるべきです。
退屈しないようなおもちゃ選びをすることも必要ですが、知育玩具が良いのではないでしょうか。

犬がおもちゃを噛む心理④「狩猟本能」

寝転がって青いおもちゃを噛んでいる犬

犬が野生で暮らしていた頃、群れで狩りをして獲物を捕らえていました。
野生の頃の狩猟本能の名残によって、おもちゃを噛むことがあります。
狩りをいていた頃のことが、自然と行動に出てしまうのではないでしょうか。
おもちゃを獲物に見立てて、狩りを楽しんでいるのです。

犬がおもちゃを噛む心理⑤「遊んでいるだけ」

サッカーボールを噛んでいるドーベルマン

飼い主さんが、愛犬におもちゃを与える理由は何でしょうか。「遊ぶため」ですよね。
なぜ犬はおもちゃを噛むのか、それは「おもちゃだから」です。
飼い主さんから遊ぶために与えられたおもちゃで、ただ遊んでいるだけなのです。

飼い主さんと一緒におもちゃを使って遊べば、コミュニケーションにもなりますし、犬にとってはストレスの発散や、暇つぶしにも良いアイテムなのです。

おもちゃとして遊ぶために、噛む分には全く問題ありませんよね。
間違った与え方をしなければ、思わぬケガや事故は起きないはずです。

おもちゃの安全な管理法

おもちゃを追いかけて走る子犬

愛犬のことを最もよく知っているのは、飼い主さんです。
愛犬に適したおもちゃは、どんなおもちゃなのか、よく考えて与えるようにしましょう。

最も安全な管理法は、引き出しの中や棚の中など、愛犬の届かない場所にしまっておくことです。そして、遊びの時間になったら、おもちゃを与えます。

カラダの大きな犬に、小さなおもちゃを与えると誤飲の原因になってしまいやすいです。
簡単に噛んで破壊してしまうこともできるでしょう。
新しく買ってきたおもちゃがあるのであれば、一度目の前でおもちゃを与えてみて、少しでも危険だなと感じたら捨ててしまいましょう。
それを繰り返しながら、愛犬に最適なおもちゃを見極めて、選んであげると良いのではないでしょうか。

まとめ

トゲトゲのあるおもちゃを噛むゴールデンレトリバー

うちの愛犬たちも、幼い頃はおもちゃを噛んでボロボロにし、破壊しては「破片を飲み込んでいないか!?」と心配したものです。
7歳を過ぎて、おもちゃ遊びはほとんどしなくなりましたが、おもちゃに限らず、どんなものでも愛犬に適した安全なものを与えてあげたいですよね。

今でも、たまにおもちゃを噛んで遊ぶことがあるのですが、雨の日にお散歩に行けない不満な気持ちを発散しているように感じています。
なぜこの子はおもちゃを噛むんだろうと疑問に思ったら、愛犬が今どんな気持ちでいるのかを知るために、じっくり向き合ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。