犬が飼い主に怯えているときの仕草5つ

7970view

犬が飼い主に怯えているときの仕草5つ

犬って怯えた時にどんな行動をすると思いますか?この記事では「犬が飼い主に怯えているときの仕草」というテーマで、飼い主さんの存在や行動に怯えているときの仕草を5つご紹介します。このサインをマスターして、愛犬を怯えさせないように注意すれば、もっと仲良しになれるはず!是非、チェックしてみてくださいね。

飼い主に怯えているときの仕草1:飼い主が動くと驚く

柱の近くでこっちを見る茶色いチワワ

飼い主さんが動くと、避けるような行動に出たり、身をすくめたりしていると、飼い主さん自身に怯えている可能性があります。

犬をきつく叱ってしまったことがあったり、飼い主さんから嫌なこと・苦手なことをされた記憶が残っているときに、飼い主さんの動きに驚いたり怯えてしまうことがあります。

愛犬の性格をみて、きつく叱りすぎたと思ったらアフターケアを十分にして、苦手なお手入れ(シャンプーや爪切りなど)の後はご褒美で嫌な記憶を消すなどの工夫をしてみましょう。そうすれば、愛犬があなたに怯えることは少なくなるでしょう。

飼い主に怯えているときの仕草2:手を怖がる

人の手に怯える犬

人の手は犬にとって一番触れる部分です。犬を叱るときも、触れるときも手ですよね。ですので、飼い主さんの手に悪いイメージがついてしまっている場合、その手を怖がったり、怯えたりすることがあります。

怯えるのを改善したい場合は、手に対する悪いイメージを払拭する必要があります。まずは叱ることをやめ、手から大好きなおやつをあげたり、手で優しくマッサージをしてあげたりするなど、犬が「手は良いことをしてくれるんだ」というイメージを付けられるようにしてあげましょう。

飼い主に怯えているときの仕草3:震える

メトロノームと怯えるチワワ

怖いと思って怯えている場合、プルプルと震えることがあります。まだ人間に慣れていない怖がりの子や、体格の小さい子に見られるようです。

まれに賢いワンちゃんは演技の場合もあるので、本当に怖がっているかよく観察して見極められるようになりたいですね。

飼い主に怯えているときの仕草4:逃げる

ベットの下に隠れる犬

飼い主さんに怯えているとき、飼い主さんから距離を取ったり、自分のお気に入りの避難場所に逃げたりする場合があります。

飼い主さんが「怖いことをする」と感じ取った時や、回避したいことがあると、このような行動をします。避難場所に愛犬が逃げ込んだら、なるべく構わないようにしてあげましょう。

飼い主に怯えているときの仕草5:命令に従う

指をさされている白黒の犬

恐怖から命令に従うことがあります。厳しすぎるしつけや、力によって犬を従わせている場合、犬は苦痛をなるべく受けたくないので「渋々従う」のです。

怯えた様子で、仕方なく飼い主さんの命令に従っているような場合はストレスを感じている可能性が高いです。その指示は本当に必要なことなのか、他に改善方法はないかよく考えてあげましょう。

まとめ

獣医に怯える茶色い犬

いかがでしたでしょうか?飼い主さんは犬にとってかけがえのない存在です。

そんな飼い主さんが犬にとって怯えるような存在だったら悲しいですよね。

愛犬が信頼できて、安らげる存在になれるように日々接していきたいですね!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。