夏バテしやすい犬種4選

【獣医師監修】夏バテしやすい犬種4選

人間にとってもつらい夏ですが、暑さに弱い犬にとっては非常につらい夏となります。今回は特に夏バテしやすい犬種と夏バテ対策について触れていきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

夏バテしやすい犬種とは?

サモエドの赤ちゃん

犬は人間よりも暑さに弱いと言われています。そのため、今年のような酷暑は前年以上に注意が必要です。犬の中でも暑さに特に弱い犬種は警戒しなければいけません。基本的にはダブルコート犬種や短頭犬種などが挙げられますが、どのような犬種がこのカテゴリーに入るのでしょうか。

1.シベリアンハスキー

シベリアンハスキー

シベリア地方原産のシベリアンハスキーは、寒さには強いですが暑さには非常に弱い犬種です。そのため、日本はあまり飼うのに適した国ではないという声もあるほどです。

このシベリアンハスキーは、ダブルコート犬種に含まれます。ダブルコート犬種は、シングルコート犬種に比べて被毛が1枚多く重なっている点が特徴です。そのため、シングルコート犬種に比べると、やはり暑さには弱いと言えるでしょう。

知り合いのハスキー犬を飼っているお家では、夏場はクーラーの設定温度を低くしたり、扇風機を付けることで部屋全体に冷気が行き渡るよう、工夫が施されていました。

2.サモエド

海の前に座るサモエド

ダブルコート犬種の代表的な犬種として、豊かな表情を見せてくれる点が魅力的と人気のサモエド犬が挙げられます。真っ白のふさふさとした被毛は、見ているだけでも「夏はつらいだろうな」と想像に難くありません。

しかし、夏で暑いだろうからとサマーカットにしてしまうのは、夏バテを助長させる可能性があるため注意が必要です。

実はサモエドの被毛には断熱効果もあるため、被毛を薄くしてしまうとせっかく働いている断熱効果を薄めてしまう恐れがあり、夏バテに繋がります。安易なサマーカットには注意しましょう。

3.フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

夏バテになりやすい犬種として、ダブルコート犬種と短頭犬種を挙げました。この短頭犬種の代表的な犬種といえば、フレンチブルドッグを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。愛らしい表情と人懐っこい性格が魅力の犬です。

犬は呼吸をすることで体内の熱を下げようと体温調節しますが、短頭犬種であるフレンチブルドッグの場合、鼻が短く喉の構造も特徴があるため、他の犬種と比べて息がしづらく、それと同時に体内の熱を放出することが難しいとされています。

そのため、体外に溜まってしまった熱を放出することができずに夏バテしてしまう恐れが非常に高いです。

4.パグ

パグ

フレンチブルドッグでもお話ししたように、短頭犬種はノズル部分が非常に短くなっているため、息がしづらく、夏バテになりやすい犬種と言われています。そのため、フレンチブルドッグと同様に短頭犬種の代表格とも言われているパグも夏バテになりやすいです。

また肥満気味の犬も夏バテになりやすい傾向が強いとされており、パグは肥満になりやすい犬種としても有名です。したがって、パグは非常に夏に弱い犬種と言えるでしょう。

夏バテにならないためにするべき事

水を飲む犬

愛犬が怖い夏バテにならないようにするために、飼い主としては何ができるのか、気になるところですよね。まず最も重要な事が水分補給です。しっかり水分とミネラルを補給することで、夏バテを回避することができます。

また水分と同様に、ごはんをしっかり食べなければ体力が温存できず、夏バテになってしまいます。そのため、通常のドライタイプを食べなくなってしまった犬に対しては、ウェットタイプのドッグフードを与えてみてはいかがでしょう。ドライフードよりも食べやすく、暑い夏でも食いつきが良くなったというご家庭も非常に多いです。また水分もドライにくらべて多いので、水分補給の補助にもなるでしょう。

そして室内の温度を適温に保ってあげる事も重要です。暑い夏は人間が家に居ない、愛犬が1匹で留守番をしているときであってもエアコンを点けておくようにしましょう。

散歩の時間帯には要注意!

これは毎年言われていることですので、犬を飼っている方ならば既に注意しているよ、という方が多いと思いますが、散歩の時間帯には十分注意を払うようにしましょう。

まだ太陽が照りつけている日中は、気温の上昇はもちろん、地面の温度も非常に熱くなっています。この状態で外に出てしまうと、熱中症はもちろん、肉球が火傷してしまう恐れがありますので、早朝や太陽が沈んだ後などに散歩するようにしましょう。

まとめ

扇風機に当たる子犬

いかがでしたでしょうか。犬は基本的に暑さに弱い動物ですが、そんな犬の中でもダブルコート犬種と短頭犬種は特に暑さに弱いとされています。該当する犬種と暮らしている方は、愛犬の夏バテに注意が必要です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。