確認しよう!動物病院の待合室でのマナー

【獣医師監修】確認しよう!動物病院の待合室でのマナー

お気に入りに追加

動物病院の待合室は、診察までの時間を過ごす場所です。そこでは元気な動物も、病気でぐったりしている子も一緒に待っていることがあります。そんな待合室でのマナーを改めて確認してみませんか?

4251view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

動物病院の待合室ってどんなところ?

動物病院の待合室

動物病院の待合室には、様々な動物たちが集まります。健康でワクチン接種などの予防のためにやってきた動物、持病の経過観察のためにやってきた動物、お腹が痛くて鳴いている動物、動物病院が怖くて怯えている動物、など、動物の種類や年齢、動物病院にやってきた理由も多種多様です。

また、飼い主さんも様々な方がやってきます。子犬を迎えたばかりで明るい気持ちの方もいれば、愛猫の体調が回復せずに落ち込んでいる方もいるでしょう。飼い主さん自身が体調を崩されていたり、動物にアレルギーを持ったりしている方もいます。

このように、動物病院の待合室では、様々な動物と人が一緒に過ごします。そういった方々に配慮しようという気持ちが、待合室でのマナーの第一歩です。

待合室で心掛けたいこと

エリザベスカラーを付けた犬

動物たちへの配慮

待合室にいる動物たちは、診察前で怯えていたり、診察が済んで興奮していたり、とナイーブになっている場合があります。当然ですが、連れて来ている愛犬も緊張しているはずです。お互いに刺激しあわないような距離感を保つようにしましょう。

そのために大切なのが「首輪・リード」や「キャリーバッグ」です。キャリーバッグに入れるサイズの犬は、キャリーバッグの中で待った方が他の動物たちとの接触を防ぐことができます。キャリーバッグに入れないサイズの犬の場合は、リードを短く持ち目を離さないように気をつけましょう。

どうしても吠えてしまったり、怯えてしまったりする犬の場合は、受付に一声かけてから、病院の外で待ちましょう。車で待つ場合は、飼い主さんも一緒に乗って、温度管理を行ってください。

待合室にいると、他のお家の動物が気になることがあるかもしれません。ですが、動物病院に来ている動物たちは緊張しています。他のお家の動物を撫でたり、声をかけたりするのは控えましょう。大きな声での会話も、動物が驚いてしまうため注意してください。お子さんと一緒に来院する際は、お子さんの行動にも気をつけましょう。動物たちは気が立っていることがあるため、怒り出してしまうかもしれません。

他の飼い主さんへの配慮

動物病院を訪れる理由は、人によって様々です。愛犬の調子が悪くて落ち込んでいる方や、飼い主さん自身が体調を崩されている場合もあります。むやみに話しかけたり、犬が遊びに行ってしまったりしないようにしましょう。また、何かしらの動物を飼っている方でも、他の動物にアレルギーを持っている場合があります。そういった観点から、犬が歩きまわない方が良いでしょう。

診察室や受付では、ペットの今後の治療や経過について大切な話をしているかもしれません。
大きな声でのおしゃべりや、吠え声で妨げてしまわないようにしましょう。

動物病院への配慮

待合室には、他の動物・人など様々なにおいがあります。気を付けていても粗相をしてしまうことがあるでしょう。そんなときには、(可能なら拭き取りを行った後に)動物病院のスタッフに一声かけてください。消毒等を行ってもらえます。

また、愛犬を待合室の椅子の上に直接座らせたりはしていませんか?その椅子は、後からまた別の方が座ります。衛生面や他の動物のストレスなどの面からも止めましょう。

愛犬への配慮を忘れないこと

飼い主と額を合わせる犬

周りの方や動物たちへ配慮しつつ、愛犬に気を配ることも忘れてはいけません。
動物病院に着いたときに、愛犬をキャリーバッグから出したり、リードを外してから抱き上げたりしていませんか?リードを緩めていたり、伸びるリードを使っていたりする場合や、椅子の上に愛犬を待たせたままお会計をするなど、そういった愛犬がいざという時に自由に動ける状態は、事故の元です。実際に動物病院から逃げ出してしまったり、他の犬とのケンカや椅子からの落下で怪我をしてしまったりした例もあります。

これらの事故は、リードやキャリーバッグを上手に使うことで未然に防ぐことができます。キャリーバッグから出すのは、診察室に入ってからにしましょう。

愛犬は動物病院で緊張してはいませんか?愛犬は飼い主さんの様子をよく観察して、この場所はどういった場所なのかを判断します。飼い主さんが「怖いところじゃなよ」と平常心でいられることが、犬の安心にもつながるのです。

動物病院の待合室は、様々な動物・人が集まる場所だからこそ、みんなが快適に過ごせるような一人一人の心掛けが大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    愛犬達がお世話になってる動物病院は、小型犬(チワワ・プードル・ポメなどの犬種)にリードを付けずに抱いてる飼い主さんが多い!!
    大概が大人しい子達ばかりだけど飼い主さん、万が一を考えないのだろうか?と思ってしまいます。
    また、待合室に洗面台(手洗い用)があるのだけど、その側にリードを掛けられるフックがある。
    手を洗う飼い主の事を考えて付けられたフックだと思うのだけど‥‥
    コリー犬を連れた飼い主さん、ワンちゃんだけをフックに掛け、自分は椅子に座って順番を待ってました。
    そう言う使い方のフックじゃないんだけどな〜と思いつつ病院を後にしました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    命に関わる病気で通院していた時です。あきらかに付き添いと思われる人が自分の犬を連れて来ていました。知り合いわんこがいれば安心なのは分かりますが、大きな声で雑談したり診察を受けにきたワンコたちと戯れさせたりして大騒ぎで正直迷惑でした。こちらは、痛くて苦しい中待合で待っているのに、病院なのでやはり周りへの配慮は考えた方が良いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。